poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 生活いろいろ > 【考察】 市販の合わせ調味料、その人気の理由は?

【考察】 市販の合わせ調味料、その人気の理由は?

毎朝、新聞の折り込みチラシチェックを楽しみにしているpooh家。
その日、目についたのは、とあるスーパーのものでした。
いろいろな夏野菜を使ったおすすめメニューが紹介されています。
CIMG1580.jpg
美味しそうな炒め物の数々・・・ワインの写真が大きいけれど、お店がプッシュしているものはどうやら¥139(税込み¥150)の「合わせ調味料」数種だとわかります。
でも、pooh家がこの「合わせ調味料」を買わないことは、すでに何度かこのブログの記事にしている通り。
でも、スーパーの店頭や広告での扱いを見ると、広く認知され人気があり、家庭になくてはならない商品になってきているのでしょうね。
にほんブログ村 トラコミュ 手作りおうちごはんへ
手作りおうちごはん
そこで今回は、この合わせ調味料がどうして人気があるのかについて考察し、さらにそれに対するpoohの考えを記してみたいと思います。

【人気の理由その1】 「これを使えばおいしく出来る」という安心感
確かに大手食品メーカーが研究を重ねて開発した商品ですから、その味に間違いはないでしょう。
多少の好みはあるでしょうが、万全のマーケティングにより、大多数に支持される味に仕上げてきているはずです。
<これに対するpoohの考え>
いろいろバリエーションはあるにしろ、毎日出来合いの味では飽きてしまわないかな?
市販のものに調味料を加えてアレンジするぐらいなら、最初から基本調味料を組み合わせて作ってしまえばいいし・・・。

【人気の理由その2】 何も考えずにつくることができる手軽さ
料理が苦手と考えている方は、おそらくどのように味付けしたらいいか、その加減がわからない・・・という点に尽きるのではないかと思います。
その点、合わせ調味料は限られたわずか数点の食材と混ぜ合わせるだけ、という簡単さ。
あれこれ頭を悩ませる必要はまったくありません。
<これに対するpoohの考え>
しょせん料理は慣れだと思います。
失敗を含め経験を重ねることで、腕が上がってきます。
合わせ調味料を使っているうちは、おそらく調理の勘はつかめないのではないでしょうか。
味は足し算で決まるものだし、今はネットで検索すれば、ありとあらゆる料理の作り方がいとも簡単にわかります。

【人気の理由その3】 調理に時間がかからない
仕事と家事を両立させている方にとっては、時間はいくらあっても足りないくらいでしょう。
もちろん専業主婦だって、短時間でパパッと調理を終わらせたいはずです。
その点、合わせ調味料であれば、フライパンを熱して炒め合わせるだけ、といった具合で、ものの数分で料理が完成してしまいます。
<これに対するpoohの考え>
基本調味料(醤油、酒、みりん、酢など)があれば、自分で合わせ調味料を作るのにほとんど時間はかかりません。
ボウルに計量スプーンで入れていくだけです。
炒め物であれば、食材を炒めてボウルの調味料をまぜ合わせるだけですから、ほとんど市販の合わせ調味料と変わらない時間で出来あがります。
これ以外に、レシピを調べてメモする時間がかかりますが、それとて5分程度。
作ったことがあるものなら、もちろん調べる必要もありません。

このようにpoohからすると、市販の合わせ調味料の「魅力」というべきものの全ては「幻想」なのではないか、と思えてなりません。
合わせ調味料に頼ることによって、ますます「合わせ調味料がなければ料理ができない」という考えになってしまうのではないでしょうか?
そして結局いくら料理をしても、料理の勘は養われない。
・・・ちょっとした悪循環のような気がします。
料理の魅力は、自分好みの味に仕上げることだと思うのですが・・・。

長くなりましたので、次回に、合わせ調味料のコスト面での考察を行います。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

Comments

post
2014-07-20 21:59 
たんちん No.872 [Edit]
鮮度を考えても作った方がイイと思います、
2014-07-20 22:13  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.873
そうですね、自分で作ると鮮度もいいですよね~。
旬のものを自分で味付けすると、満足度100%です♪
2014-07-21 07:40 
prire No.874
料理を日々の義務と考えているか、趣味のように考えているかの差なんでしょうね。
両者を対象に調査すると、合わせ調味料の使用率は明らかに違うと思います。
2014-07-21 07:49  prireさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.875
なるほど!趣味として考えると、自分でいろいろ研究したくなりますよね。
その結果、変なものが出来たりもしますが、これはこれで楽しいんですよね(笑)
2014-07-21 09:38 
ダイポン No.876 [Edit]
外食産業、冷凍食品、レトルト食品、お惣菜という流れからくると、合わせ調味料は必然なのかもしれませんね。一応料理をしているという気にはなりますものね。料理が好きではない人や食に拘りのない人は意外と多いのかなと思います。一番の理由は考えなくてもいいことかもしれません。料理って家事の中でも、かなり脳を使う作業ですから。家事についても2極化が進んでいるのかなと思います。自分で考え、工夫するか、出来合いのものを使用するか。私は食べることが大好きなのでpoohさん派ですが、ボケ防止のためにも料理は色々と自分で工夫したいですね^^
2014-07-21 11:39  ダイポンさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.877
おっしゃる通り、料理って脳みそ使いますよね~。
手元にある材料から、あれこれ発想するのはパズルみたいにも感じます。

今日の記事で、外食、お惣菜購入、自炊のコスト比較をしようと思っているところです。
ぜひお目通し下さいね♪
2014-07-21 16:41 
僕は絶対自作派ですね。サラダのドレッシングもオリーブオイルにワインや塩コショウ、醤油とかレモン絞ったりでちょちょっとすぐ出来てしまいます。
加工調味料はいろんな添加物もあるので、コストだけでなく何もいいことはないと思います。
基本調味料だけで大抵のものは作れるので。
みんなそういうのが面倒くさいんでしょうね。僕は体が覚えてしまったので全く苦ではありませんけど。
2014-07-21 17:31  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.879
我が家もドレッシングは手作りです。
その日の気分でいろいろな味を楽しめるし、冷蔵庫の中も混雑しないし、自分で作るといいことずくめですよね。
スーパーのドレッシングコーナーで、「おおっ!こんな味もあるのか」とインスピレーション受けたりしています(^^)
Comment form

Trackback

Trackback URL