poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 生活いろいろ > 料理は誰に習いましたか?

料理は誰に習いましたか?

毎日している料理。
一人暮らしをスタートさせるために実家を出てから20年以上、今やすっかり日課です。
にほんブログ村 トラコミュ 手作りおうちごはんへ
手作りおうちごはん
実家にいた頃(高校卒業まで)、poohは料理というものを殆どしたことがありませんでした。
子供の頃は、母の作った生地でパンを成形したり、クッキーの型抜きをしたりしましたが、粘土遊びに近いお遊び感覚。
小学校の家庭科で習った親子丼を、復習も兼ねて家族にふるまった記憶はありますが、「ご飯」というものをきちんと作ったことはなかったのです。

実家にいる間に、母の手伝いがてら、ちょっとは習えばよかったのに、受験勉強を理由に何もしませんでした。
そんなpoohの一人暮らしに備えて、母がくれた料理本です↓
CIMG1508.jpg
この2冊の本は、子供の頃から実家にあったもの。
譲り受けた時点で、結構年季が入った状態でしたね。
今、確認してみたら「昭和50年発行」でした。
およそ40年前の本・・・(驚)

ワンルームマンションの小さな小さなキッチンで、料理1年生がスタート。
調理コンロは一口の電磁調理器でした。
調理家電は、オーブントースターと2合炊きの炊飯器。
鍋類は雪平鍋、両手鍋、フライパンだけでしたが、「自分だけのお城」がとても嬉しかったです。

当時は「節約のため」というよりは、始めたばかりの料理が面白くて、いろいろ作っていましたね。
もちろんさほど手の込んだものは技術的に無理だったので、簡単なものばかり。
でもそれなりに栄養を考えて、野菜中心でバランスの良い食事を心がけました。

母にもらった本は、素材別にたくさんのメニューが紹介されていたので、重宝しました。
料理レシピ本も今ほどなかった時代でしたし、お金がない学生にとってはなかなか買えないものだったので、この2冊を繰り返し繰り返し読みました。
いわば、poohの料理の先生はこの本なのです。

また、新聞の家庭欄の料理レシピや、ファッション誌の料理特集記事なども、こまめにスクラップしていました。
当時はインターネットなどなかったので、これらが重要な情報源でしたね。

その後、社会人になってから、いろいろレシピ本も買い揃えました。
最近はネットでレシピ検索することも多いです。
でも、今回改めて、poohの原点の古い料理本をめくってみると、全然色あせていない内容に感動しました。

「50g以下の肉で作るおかず」、「大根のしっぽの利用法」など、今のpoohにピッタリのレシピもいろいろ載っています。
料理って、変わらないものなのですね。
ところどころに、「食べ盛りのヤングに大もて」など、昭和ならではのキャッチコピーも(笑)

学生の頃は、技術がなくて作れなかったメニューにも、今ならチャレンジ可能です。
久々にページをめくりながら、料理を始めたばかりの思い出に浸っています。

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

Comments

post
2014-06-26 18:32 
mimi No.683
千里の道も一歩から、という事ですな。それにしても、その古いレシピ゚本が、ほとんど痛んでいないのはすごい。辞書とかのように使う本は、(読む本でなく)いつの間にか、折り癖ついたり、破れてたりするもんですが。ところで、毎日些細な出来事に自分なりの御意見をお持ちなのが、また、すごい。私、個人的には、どうも最近1日の流れ方が早いような気がして、ただ、流されるだけの毎日になっているような気がしてなりません。pooh様の場合,退職してから、時間に余裕ができて、それまでは見逃していた様々な事に、気が付くようになったのではないでしょうか。
2014-06-26 18:58  mimiさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.684
さほど丁寧に扱っていたわけでもないのですが、確かに結構キレイな本ですよね。
でも、譲り受けた時点で、適度に古ぼけていたような・・・。

退職してからブログをスタートさせたことによって、日々の出来事に敏感になったように感じます。
いつの間にか「なんかネタないかなぁ。」と、アンテナを張るようになりました(^^)
ブログを書くのが楽しい毎日です♪
2014-06-26 21:59 
私も一人暮らししてから始めました。必要にならないと人間は動かないですね。
それから数年してそこらへんの主婦よりもよっぽど出来るレベルにまでなりました。
やはりハマって好きで楽しんでやったことがよかったのでしょう。
2014-06-27 04:32 
おかめ No.686
私も一番最初に手にした料理本、久々に見てみました。ホント、ホント、時代は変わっても役立ちどころは満載です。私の場合、計画性が無く散財生活が長いのでパートのような仕事でも辞められませんが、一個の料理でも楽しくやってみたいなと。ライフスタイルは違いますが、poohさんの記事は励みになります!
2014-06-27 06:46  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.687
うちの夫も一人暮らしをしてから料理を始めて、かなり上手になったようです。
料理は男性の方が向いているのかな、と思うことがありますね。
男性の方が探究心があるし、料理って結構力仕事もありますし。
とは言え、私も負けないよう、今後も鍛錬していきますよ!
2014-06-27 06:52  おかめさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.688
昔、何度も作っていたのに、最近はご無沙汰していたな、というおかず(白菜の炒め煮など)も発見してしまいました(^^)
レパートリーって、ついつい偏りがちになるので、時々手元のレシピ本を見直してみるのもいいですよね♪
2014-06-27 07:20 
たんちん No.689 [Edit]
物を何時も大事されていますねえ、私とは大違いです。私の場合の整理方法は捨てることです。
2014-06-27 09:23  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.690
物を捨てることがマイブームだった時、この本は活躍中でしたから無事に生き残ったのでしょうね(^^)
今後も読み込んでいこうと思います。
2014-06-30 15:53 
No.718
私も、母の古い本がお菓子作りの教科書でした。
本というか、雑誌の特集号とかですね。気に入って母が取っておいたものが、今も残っていて、上京するときに何冊か強奪して来ました。どうせ母も最近読んでないんだし。

実家に居るころから、お菓子も料理も良く作っていたのですが、一緒に台所に立つと親子喧嘩になるので、母から教えてもらったことは殆どありません…。
2014-06-30 16:02  茜さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.720
昔のレシピ本を見るのも面白いですよね(^^)
ビミョーに流行があったりするし。

茜さんは、昔からお料理やっていたのですか。
私は家でも学校でも「食べる専門」でしたよ~。
2014-07-04 18:16 
わう No.758
私も、実家にいるときはな~んにもしていませんでした。
一人暮らしを始めるにあたって、
必要に迫られて・・・という感じです。
私の先生は
「主婦の友特別編集 365日のおかずの学校」です。
学校というだけあって、ゆで卵のゆで方からの、
本当に基礎の基礎の本です。
失敗例や、「なぜこの手順が必要なのか」が書いてあるので
今もたまにみていますよ。

今はネットでたくさんのレシピが出ているので
本当に便利ですよね。
母より前の世代の人は、
レシピを揃えるのも大変だったろうなあと思います。
よくテレビ番組のレシピを必死でメモってましたもん。。。
2014-07-04 18:45  わうさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.761
そうそう、うちの母も必死でメモを取っていましたっけ(^^)
今なら、テレビで見ても「後で番組HP見ればいいや~」ですものね。便利、便利。
でもレシピを検索すると、あまりに膨大な量に驚きますよね。
「どれを選べばいいのだ~?」って(笑)
Comment form

Trackback

Trackback URL