poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 節約・家計管理 > 私、かわいくない子供だったかも(笑)

私、かわいくない子供だったかも(笑)

昨日の記事の続きです>
さてさて、齢7歳にして家計管理に目覚めたpoohです(笑)
年に¥100ずつ昇給していく小学校時代のお小遣いは、貯金が主ではありましたが、自分の世界が広がるのと同時に、使い道も少しずつ出てきました。
お小遣い帳は、小1から高校卒業までずっと継続し、その後は一人暮らしの家計簿へとつながったわけです。
今回は、小学校時代のpoohが誰に教わるまでもなく、身につけていた節約スタイルについてお話しします。
にほんブログ村 トラコミュ 節約にチャレンジ!へ
節約にチャレンジ!
<コストパフォーマンスにこだわる>
子供時代のpoohの趣味は、友人との文通。
父の転勤で転校するたび、文通友達が出来て、手紙のやり取りをしたものです。
そのため、お小遣いでレターセットをコレクションしていましたが、購入時はデザインはもちろん、便箋や封筒の枚数を確認し、価格と見合っているか、じっくり検討していました。
「オシャレなもの=高価で枚数も少ない」、そして値段が安いものはデザインが今イチなのです。
自分のセンスを相手に伝えるレターセットなので、妥協することなく、時間をかけて買い物をしていました。

<スタンプ(ポイント)サービスに敏感>
小学生の頃は、サンリオショップによく行っていました。
近所のお店は、スタンプを集めると割引券をもらえるシステムだったので、いつもそこでお買い物。
母とデパートに行った時に「サンリオ買ってあげるよ。」と言われても、「近所のお店で買って。」とお願いしていました。
大人になった現在も、決まったお店のポイントを集めて節約につなげています。

<シンプル・実用品が好き>
当時の女の子のコレクションものとして、「香りの良い紙石鹸」や「キャラクターが印刷された絆創膏」などがありましたが、あまり興味がありませんでした。
サンリオショップで購入するのは、レターセットや文房具が多かったです。
キャラクターも「パティ&ジミー」や、「タキシードサム」などのシンプルなものが好み。
消しゴムも、見た目がキレイなものよりも、よく消えるコクヨの消しゴムを愛用。
自宅に友人を招いて開催する「お誕生会」のプレゼントとして、机に飾る小物入れや電気スタンド(照明が暗めで実用性が低い)などを友人から頂きましたが、一応飾ってはみるものの、妹に譲ることも多かったです。

<物を欲しがらない>
誕生日やクリスマス前などに「何か欲しいものは?」と親に聞かれても「ない」と答えることが多かったそうです。
子供らしさがないと言うか、可愛くないと言うか・・・(苦笑)
即答で「ない」と言うため、「もっとちゃんと考えなさい」と怒られましたが、「考えたって同じ答えなのに、なぜ怒られる?」と感じたものです。

<無駄遣いをしない>
「買い食い」は小学校で禁止されていたし、駄菓子屋もなかったので、お小遣いでお菓子を買った記憶はありません。
おやつは自宅や友人宅で出てくるもの、という認識でしたね。
また、近所のバザーに子供同士で出かけた時も、妹が不思議なデザインの置物を買ったのに対し、poohは、「学校用の、白の絵の具が切れていたっけ」と、日用品を購入。
近所のおばさんに「しっかりした子ねぇ」と笑われたっけなぁ。
「非日常の場所に行っても、余計なものは買わない」というスタンスは現在も同様で、旅行先などで買い物はあまりしないタイプです。

以上、poohの子供時代の思い出でした。
おそらく、poohの両親は、「なぜ、この子はこんなにケチなんだろう?」と感じたこともしばしばあったのではないでしょうか?
友達も多かったし、学校の成績も良い方で、さほど心配をかけることはなかったのですが、なぜかお金に細かい小学生・・・。
いや、両親には、これが心配の種だったのかもしれません。
pooh自身にも、自分のケチ根性の理由は不明なのですが、わかっているのは、
昔も今も、さほど変わらないということですね。
「三つ子の魂、百までも」とは、よくいったものです。

まっ、無事に大人になれたことだし、このスタイルのまま、poohはこれからの人生もやっていこうと思っている次第であります。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ

関連記事

Comments

post
2014-05-15 23:28  人の歴史っておもしろい
お小遣い帳 小1から高校卒業までずっと継続

これまた凄い伝説ですね

これくらい身についてしまっていると
節約できない人の気持ちが理解できないように思ってしまいました

そんな pooh さんがケッチーくんと名付けている
ケッチーくんの歴史も聞きたくなってしまいました
2014-05-16 06:59  消費しないピノキオさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.386
私の中では、お小遣い帳は「あって当然」というものだったのでしょうね。
あまり支出がなかったのが、継続の要因だったのかも(笑)
高校卒業後の家計簿は、30年近く続いています。

夫の歴史もいずれ・・・とは考えていますが、公開日は未定ということでご了承下さいね♪
2014-05-16 17:26 
わう No.387
二日間にわたっての記事、ありがとうございました。
節約って物を大切にすることなんですね。
今日の食費についての記事を読んで
さらにそう思いました。
これからもpoohさんのブログで
勉強させていただきます♪

2014-05-16 17:48  わうさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.388
いえいえ、こちらこそ自分を振り返る良いきっかけを頂けて嬉しいです(^_-)-☆
私も日々勉強の毎日ですよ~。
歳を重ねるに従って、ついつい守りに入りがちですが、まだまだアグレッシブに物事に取り組んでいこうと思います!
Comment form

Trackback

Trackback URL