poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 生活いろいろ > 13年間のクリーニング代を振り返って、痛恨の出来事を思い出す

13年間のクリーニング代を振り返って、痛恨の出来事を思い出す

クリーニング屋さんに冬物衣料を出して来ました。
ダウンコート1点、ダウンジャケット2点、セーター3点、カーディガン1点、カシミヤマフラー1点
合計8点で、税込み¥8,328でした。
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
冬物のクリーニング代は高いです・・・
でも、夫婦とも会社員だった頃は、もっと高額だったことを思い出し、過去の家計簿を遡って調べてみました。
クリーニング
※初年度の2001年は7月~翌3月までの9ヶ月分。

2001年に結婚した我が家、ずっと共働きで忙しかったので、ケッチーくんのYシャツもクリーニングに出していました。
家計節約には自宅洗いが良いのは当然なのですが、アイロンがけの手間を考えて、お金を払う方を選択したのです。
しかも当時は、poohもスーツ着用だったので、クリーニング代は結構かかりました。

2002年、2003年は5万円超え(驚)
2004年から別のお店に出すようになり、コストダウン。
2009年後半に、poohが人事異動となり、スーツの着用が不要になりました。
これは家計的には大助かりでしたね~。
クリーニング代が安くなったのに加え、お小遣いから捻出していた毎シーズンの服飾費も激減!

そして、2013年に夫婦それぞれが退職したので、クリーニング代は安くなりました。
しかしながら、ここには痛恨の事実が隠されているのです(笑)
買いだめしていたYシャツ回数券を使い切れなかった、というpooh家にあるまじき失態!(涙)
このYシャツ回数券、年に2回だけ期間限定で発売になるものでした。
Yシャツクリーニングは1枚¥140なのですが、回数券は11枚綴りで¥1,400。
お得なので、販売期間を狙って、6、7冊ずつまとめ買いしていました。

財布のヒモは固いpoohなので、毎回必要な分をしっかり計算して購入していました。
既に「いつかはアーリーリタイア」と決めていたので、ケッチーくんに「あと半年は退職しないよね?」と、毎回確認もしていたのです。
なのに・・・なのに・・・ケッチーくんが「会社を辞めることにした。」と宣言してきたのが、いきなりだったから、余らしてしまうという結末に。
未使用の回数券14枚、現在も手元に残っています(-.-)

ケッチーくん曰く、「仕事を辞めるのに良いタイミングだったんだ。」とのこと。
回数券が発売された半年前には、予想だにしていなかったのだそうです。
こればかりは仕方ないな、と思いつつも、「買ったものはムダにはしない!」がモットーのpooh家にとっては、¥1,800程度とは言え、かなり悔しいYシャツ回数券なのでした(涙)

誰かに差し上げようにも、近所はお年寄りばかりなので、使ってくれそうな方がいないのです。
こうなったら、普段着のカジュアルシャツをクリーニングに出してみようかな。
やけにパリッと仕上がったシャツも悪くないかな~と思いながら、手元の14枚の回数券を持て余しているpoohなのでした。

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ

関連記事

コメント

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL