poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > お菓子・パン > イチゴの自家製酵母でパンを焼く

イチゴの自家製酵母でパンを焼く

先日の記事で、「ドライイーストの大袋を購入」とお話ししたばかりですが、今回は自家製酵母を起こしてパンを焼きました~。
poohは、これまでにも、リンゴ①リンゴ②ミカンレーズンバナナヨーグルトと、いろいろな素材で、酵母を起こしてパンを焼いています。
「イチゴ酵母のパンが美味しいらしい。試してみたい!」と、かねてより思っていたところ、スーパーのオツトメ品で1パック¥200のイチゴを発見!
ケッチーくんがお小遣いで買ってくれました。
CIMG1185.jpg
愛用のタニカ製のヨーグルトメーカーを25℃に設定して、イチゴと水を入れて5日間。
CIMG1187.jpg 5日後→ CIMG1204.jpg
プクプクと泡が立っています。
なかなか元気な酵母です。
今度は、この酵母液に強力粉と塩を加えながら3日間。
CIMG1205.jpg 3日後→CIMG1227.jpg
イチゴを購入して1週間、やっとパンを膨らませるための「元だね」が出来上がりました~。
自家製酵母のパン焼きは、本当に時間がかかります。
それにしてもこの発酵力は、今までチャレンジした酵母の中で最も強い!
ふんわりとイチゴの香りもして、これはさぞや美味しいパンが出来るだろうと喜ぶpooh。
にほんブログ村 トラコミュ 手作りパン、手作りお菓子のある暮らしへ
手作りパン、手作りお菓子のある暮らし
自家製酵母のパンは、酵母の複雑な旨みを直接感じたいので、強力粉、薄力粉、元だね、水、塩のみのシンプルなレシピにしています。
イースト使用なら2時間ほどで出来る1次発酵も、5時間くらい見込まなければなりません。
この前まではコタツの中にボウルを入れて保温していましたが、日差しが強くなったので、サンルームで1次発酵させました。
パスタ鍋をサンルームで温めるケッチーくんを見習って、光熱費節約を意識するpoohです(笑)
CIMG1230.jpg
「日光で酵母菌が死んじゃうのでは?」とケッチーくんが心配するのを「酵母菌は日光には強いから大丈夫。」と説明しながら、1次発酵4時間。
日差しが強かったので、当初の予定より1時間早くできました。
その後は、またコタツにお世話になり、2次発酵2時間の後でオーブンへ。
CIMG1236.jpg
直径20㎝ほどのカンパーニュが焼き上がりました!
鼻を近づけると、「イチゴかな?」という香りがします。
イチゴ酵母パン、大成功!

自家製酵母のパンは、1日置いてからの方が味が馴染んで美味しいです。
スライスして、オーブントースターで焼いてランチに食べました。
クセもなく、さっぱりとした味わいで、2人で美味しくいただけました(^^)v

酵母を作った後のイチゴは砂糖で煮てジャムにしました。
発酵した後とは言え、さほど酸味もなく美味しく仕上がりました。
朝食のヨーグルトに添えて楽しみます。

今回作ったイチゴ酵母でパンが6回焼けます。
ジャムは1瓶出来たから、¥200のイチゴで十分すぎるほど楽しめました♪

ドライイーストなら、材料を用意してから3時間ほどでパンが出来てしまうけれど、自家製酵母は本当に壮大な時間がかかります。
でも発酵が進んでいく様子がおもしろくて、すっかりハマってしまいますね。
今度は何で酵母を起こそうかな~と、企み中!
「まだやるのかい。」と言うツッコミも聞こえてきますが、まだまだpoohは自家製酵母パンを焼き続けますよ~。

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ

関連記事

Comments

post
2014-04-29 22:23 
おかめ No.317
おー、これは美味しそうな。匂いが、漂ってきそう。カンパーニュいいですね。ハード系のパンが好きなのでいつか作ってみたいです。自家製酵母は…私には無理かも^^; 待ちきれないです。
2014-04-30 07:38  おかめさん、コメントありがとうございます。
pooh No.318
自家製酵母は、昔から興味があったんです。
退職して時間が出来たので、いろいろと取り組んでいます。
自分で作るようになって、お店の「自家製酵母パン」の値段がバカ高いことに納得しました。
手間がかかる分、美味しいです(^^)
Comment form

Trackback

Trackback URL