poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆アーリーリタイア > アーリーリタイアを発表した時の周囲の反応

アーリーリタイアを発表した時の周囲の反応

いろいろなブログを見ていると、アーリーリタイア、セミリタイアをされている方たちが結構いて、親近感を感じます。
しかしながら、poohのリアル周囲には、こういうライフスタイルを選択している人は、現在のところいません。
やっぱりちょっと特殊な選択肢なのだろうな、とも思います。
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
2001年に結婚した時から、「いつか、お金より時間を大切にした生活をしていけたら」という共通のビジョンを持っていたpooh家。
「45歳ぐらいまでには、仕事を辞めても生活していけるだけの資産を作ってリタイアしよう」という目標を定め、それに向かって一生懸命働き、節約に励んでいました。
このことは、常に夫婦2人だけで話し合い、他の人たちには一切口外していませんでした。

アーリーリタイアしたのは昨年のこと。
それぞれの両親には、退職を決めた時点で初めて、「2人とも会社勤めを辞めることにした」と、話をしました。
両家とも、さほど驚くことなく、結構アッサリ「そうか。」と、話を聞いてくれました。
四十路半ばの2人が決めたことなので、親が心配する・・・ということもなかったのでしょう。
結婚してから12年間、穏やかに生活している様子を見せていたので、「この2人が決めたことなのだから大丈夫」と思ってくれたようです。

あっ、poohの母だけは、「pooh1人だけでも会社勤め続けたら?」と、軽い調子で言ってました。
確かにどちらか1人だけでも「会社員」という肩書きが残っていた方が、物事がスムーズに回ることも多いのでしょうが、今後のpooh家、ローンを組む予定もないので、「無職」でも問題ありません。
やっぱり親は、心の奥では今でも心配しているのかもしれません。

お互いの会社で退職の意志を伝えた時は、かなり驚かれました。
20年以上勤務して、居心地良くやっていたので、「会社を辞めてどうするんだ?」と、あちこちから尋ねられたものです。
会社の人たちには、「アーリーリタイアする」という言葉は使わず、「少し休んで、今後をゆっくり考えるつもりだ。」と説明しました。
周囲の方たちにも、いろいろな思いがあったでしょうが、poohもケッチーくんも「しっかり者」で通っていた(←たぶん)こともあり、つつがなく退職の手続きを取れました。

「会社を辞めたい」と、人から相談されると、「社会保険料もバカにならないよ。」「良い方向に動くとは限らないよ。」という回答が多いものです。
pooh自身も人にアドバイスした経験があります。
でも、「軽い気持ちで退職を決めた訳ではない。きちんと自分で考えた結論だろうから。」と周囲からも理解してもらえたのでしょう。
ありがたいことでした。

スムーズにスタートしたpooh家のリタイア生活、今後も穏やかに過ごせるといいな、と思います。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ

関連記事

Comments

post
2014-04-19 21:45 
prire No.261
こんばんは。
会社では直属の上司含む数人には退職の意向がある旨は伝えています。
でも両親、特に妻の両親にはどう説明すべきか難しいですね。
とりあえずその時が近づくまで棚上げにしています。

きっとpoohさんとこのようにアッサリとはならないような気がしますw
2014-04-19 22:04  prireさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.262
そうですね。
結局のところ、会社はなんとでもなるものですが、意外と両親が大きな関門となるのが現実だと思います。
私たちの親世代には、アーリーリタイアなどという人生はあり得ないものなんでしょうね(苦笑)
ギリギリまで伏せておくのが賢明だと思います。

prireさんもスムーズに事が運ぶと良いですね(^^)
2014-04-23 01:04 
早期リタイアという概念が確立されていない日本では夢泥棒(不安を指摘、煽る人々)が多いですね。私はまだまだ先になりそうですが穏便に進んだらなあと思っています。
2014-04-23 08:28  クロスパールさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.282
ブログの「セミリタイア」カテゴリーには、さまざまな人たちがいて勉強になりますよね。
私もいろいろなことを発信していこうと思います(^^)
Comment form

Trackback

Trackback URL