poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > お菓子・パン > 自家製ヨーグルト酵母でパンを焼く

自家製ヨーグルト酵母でパンを焼く

自家製酵母を起こしてのパン焼き、今回は、ヨーグルトでチャレンジしてみました。
ヨーグルトは、毎朝食べている自家製です。
自家製ヨーグルトの自家製酵母の自家製パン
というわけです(笑)

リンゴ①リンゴ②ミカンレーズンバナナ・・・いろいろな素材で、酵母を起こしてパンを焼いているpoohにとって、酵母パンは、ほとんど理科の実験感覚(笑)
焼いたパンは、翌日のランチになるので実益も兼ねています。

ヨーグルト酵母、実は昨年もチャレンジしました。
でも全然プクプクしてこなくて、完全失敗という苦い思い出。
本やネットで調べると、「もっとも簡単に出来る酵母」と紹介されているんですよね。
確かに、ヨーグルト自体が発酵しているのだから、簡単なイメージ。

「リベンジしなくちゃ!」と、張り切りました。
ヨーグルトに強力粉と塩を混ぜて、1日2回かき混ぜながら5日間。

初めは、ヨーグルトそのものの香りだったのが、イースト生地と同じような発酵臭に変化。
そんなこんなで焼けたパン。
CIMG0933.jpg
なかなかいい具合に出来ました!
直径20㎝ほどのカンパーニュ風のパンです。
にほんブログ村 トラコミュ 手作りパン、手作りお菓子のある暮らしへ
手作りパン、手作りお菓子のある暮らし
自家製酵母って、きっちり5日間で起こせるわけではないのです。
プクプクしてくる度合を見計らい、出来上がった段階でのパン焼き。
パン生地にしてからも1次発酵、2次発酵に7時間くらいかかるので、時間に余裕がないとなかなか作れません。

会社員時代は、ワークスケジュールを見ながら、休日に合わせて酵母起こしをしていました。
タイミングが合わなくて、発酵足らずだったのが、これまでの敗因だったのかも。

残った酵母を使って、ロールパンも焼いてみました。
CIMG0964.jpg
本当は表面に卵黄を塗るんだけど、ケチっちゃった(笑)
素朴な感じの可愛いパン(ということにする)。
カンパーニュ風のハードパンと違って、砂糖とマーガリンも加えています。
もう少し砂糖を多くして、甘めにしても良かったかも。

時間はかかるけど、コストはかからないパン焼き。
まさに今のpoohには、もってこいの趣味です。
もっともっと上手になろうと思うpoohに、応援クリックをよろしくお願いします♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

Comments

post
2014-02-24 14:39 
とっても美味しそうです☆
自家製酵母って最初の最初はどうやって作ったんですか?
本とかに書いてあるものなのでしょうか~。
ドライイーストしか使ったこと無いです。
しかも1、2回・・・。
2014-02-24 14:50  Re: タイトルなし
pooh No.36
>パイナップルミントさん
自家製酵母は、本を見ながら作ってます。
クックパッドなどにも出ていますよ。

プレーンヨーグルト200g、強力粉150gに塩1つまみを入れて、25℃のヨーグルトメーカーに保温。
1日2回、消毒した菜箸でかき混ぜました。
2日目、3日目は、ヨーグルト、強力粉各50gも追加して様子を見つつ、5日間発酵させたんです。
だんだん発酵してプクプクしてきます。

とにかく手間がかかるんですよ。
改めて、ドライイーストの偉大さを肌身に感じます(笑)
Comment form

Trackback

Trackback URL