poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 日常つれづれ > 単なる焼き鳥ですら懐かしい・・・これもライフスタイルの変化でしょうか?

単なる焼き鳥ですら懐かしい・・・これもライフスタイルの変化でしょうか?

アーリーリタイアをきっかけに縁遠くなった物・・・といえば、いろいろ思い浮かびます。
スーツやパンプスもそうだし、腕時計を身につける機会も激減しました。
通勤で使っていた地下鉄にも、最近はほとんど乗っていません。

かつては月イチ、多い時なら週イチペースだった飲み会にも、すっかりご無沙汰状態です。
最後に居酒屋を訪れたのは一体いつだったっけ・・・(遠い目)
当時はしょっちゅう口にしていた焼き鳥も、最近はまったく食べなくなりました。

そんなこともあり、「全品¥88!」というお店の呼び込みに引かれて購入しちゃいました。
2017051201.jpg
美唄焼き鳥・タレ&塩 各2本ずつ

<美唄焼き鳥 (びばいやきとり)とは?>
北海道中央部にある美唄市で供される焼き鳥。
鶏肉と内臓(レバー、心臓等)を、タマネギで挟み、1本の串に刺してあるのが特徴。


ちなみに美唄焼き鳥は「七大ご当地やきとり」の1つだそうです。
それはスゴイ! あとの6つはどこだろう? と調べてみたところ、
室蘭(北海道)、福島(福島県)、東松山(埼玉県)、今治(愛媛県)、長門(山口県)、久留米(福岡県)とのこと。
う~ん、首都圏からのエントリーはゼロという、なんともビミョーなラインナップです(笑)

せっかくなので、今回は更に美唄色を強めて食べてみましょう。
これが、美唄風の焼き鳥の食べ方です!
2017051202.jpg
そばを茹で、ネギと一緒に丼に盛り付けました。
美唄の焼き鳥店ではオーソドックスな食べ方です。
・・・と言っても、実はpoohも初めてで、見よう見まねでテキトーに作ってみました。
でも、焼き鳥の香ばしさとそばのコンビネーションが確かに絶妙で美味しいです。

ほんの数年前までは、飲み会時の定番品だった焼き鳥だけど、今後のpooh家では「そばのトッピング」として定着しそう。
自分のスタイルがどんどん変化しているなぁ・・・と、改めて感じた出来事でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

Comments

post
2017-05-24 19:07  無縁のモノ
しばご No.6378 [Edit]
サラリーマンを引退すると、いろいろなものが縁遠くなりました。

特に感じるのが、スーツ、革靴、シャツとかですかね。
カバンもそうかな。身に着けるものは、がらりと変わりました。

焼き鳥、食べたくなりました。たれのやつね。
ねぎまとつくねが好きです。
2017-05-24 20:57  しばごさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.6379
衣類関係は私も本当に変わりました。
そういえばパンストも、もう3年以上履いていないかも。

私は焼き鳥は塩が好きです。
ちなみに「七大ご当地やきとり」の1つ、室蘭やきとりは鶏肉ではなく豚なんですよ~。
2017-05-24 21:02 
retire2k No.6380
キンカン(ちょうちん)入ってますか?
子どもの頃からキンカンの甘辛煮が大好きでした
知らない人も多くて結構マニアックな部位なんですよねぇ
2017-05-25 06:19  retire2k さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.6381
キンカンも付いていました。
そうそう、これがまた美味しいんですよね~。
私が買った美唄焼き鳥はどちらかと言うと簡易版、本家のものはもっとボリューミーらしいです。
美唄はもともと炭鉱で栄えた街なので、こういった精のつく焼き鳥が好まれたそうですよ(^^)
2017-05-25 06:26 
旅芸人 No.6382
おはようございます!

ぼくもきんかんに目がいきましたヽ(´▽`)/
焼き鳥でというよりも、レバーやハツと一緒の甘辛煮でいただきましたね。最近食べないなぁ、きんかん。

おそばのトッピングというのもびっくりです。ぼくも今度やってみようっと!
2017-05-25 06:34  旅芸人さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.6383
私も、肉本体よりもモツ系が好きです。
キンカンは彩りも良くて、焼き鳥にもピッタリですね。

私は塩・タレをそれぞれ一串ずつトッピングしましたが、美唄では塩がメインらしいです。
もちろん美唄焼き鳥じゃなくても大丈夫、ぜひ一度おそばと一緒に食べてみて下さい(^^)
Comment form

Trackback

Trackback URL