poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

夫婦2人でのアーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 読書・テレビ・映画 > 新曲です。聴いて下さい

新曲です。聴いて下さい

毎日、何かしらテレビ番組を観ていますが、録画の再生がメインのpooh。
オンタイムで観るのは、朝の情報番組の一部分くらいです。

毎朝9時半前後のブランチタイムに、20分間ほど“ながら見”しています。
その時々でチャンネルを変える中、最近のお気に入りは「スッキリ!!」です。

<スッキリ!!とは?>
2006年から日本テレビ系列で生放送されている朝のワイドショー・情報番組。
放送時間は平日 8:00~10:25(145分)、メイン司会は加藤浩次(極楽とんぼ)、近藤春菜(ハリセンボン)など。(→番組オフィシャルサイト)


この番組には、週イチペースで生ライブコーナーがあります。
最近では「水曜日のカンパネラ」やブルーノ・マーズのノリノリ具合が、記憶に新しいところです。
そして今日のゲストは、19年ぶりに新曲を発売した小沢健二!
まさか、あのオザケンが朝9時台に「おはようございます!」と生番組に登場するとは(感無量)

このコーナーを観ていると、「時代は変わったなぁ」としみじみ感じます。
登場するのは、やけに大物感漂うアーティストたちばかり、ちょっと昔ならば、夜のゴールデンタイムでしか観られなかったメンツなのです。

おそらく、歌番組自体が激減したからでしょう。
新曲を売るためにはプロモーションが重要なのに、今のテレビ界にはそのお披露目の場など、ほとんどありません。
その結果、朝の番組まで裾野が広がってきたのです。

そういえばpoohの子供時代(昭和50年代)には、随分と新曲発表の場がありました。
その最もたるものが、週末のテレビ番組です。
土曜夜の「8時だョ!全員集合」から始まり、日曜日はお昼前から夕方にかけて「スター誕生」、「クイズ・ドレミファドン」、「NHKのど自慢」、「レッツゴーヤング」、「ヤンヤン歌うスタジオ」・・・。
歌番組ではなくても、何かしら歌謡曲コーナーが設定されていましたっけ。

その中で「新曲です。聴いて下さい」と、ピンクレディや西城秀樹が挨拶し、歌う姿が記憶に焼き付いています。
見る番組すべてに、同じアーティストが出演していたこともしばしばでした。
その結果、月曜日に学校に行く頃には、poohはもちろん、クラスメイトの大半がその新曲を口ずさめるようになっていたくらいです。

昭和のプロモーション力、恐るべし!

週末の2日間で、新曲を完全刷り込みしていたあの時代。
おそらくレコード会社やアーティスト本人にとっても、輝かしい過去なのでは?

残念ながら、現代のアーティストたちは「新曲です。聴いて下さい」などといった挨拶はしませんが(笑)、poohの脳内には、あのフレーズが蘇っています。
来週の生ライブは誰が出演するのか・・・すっかり「スッキリ!!」(のワンコーナー)にハマっているpoohなのでした♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

Comments

post
2017-03-04 03:51 
さっとま No.6042
まさか☆まさか☆
poohさんに顔文字で、さっとまと推測してもらえたなんて、足が浮き立つくらいに物凄く嬉しかったですヾ(o´∀`o)ノ
スッキリの歌のコーナー、まさかこんなオオモノが?なんで?とビックリする方が出ますよね((((*゜▽゜*))))
2017-03-04 06:54  さっとまさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.6044
顔文字の使い方って意外と各自の特徴が出ますものね(^^)

さっとまさんも「スッキリ!!」をご覧になっているのですね。
大物クラスが出演するたびに、我が家も「おおっ!」とどよめいています(笑)
プロモーション事情を勝手に推測しながら、新曲を楽しむようになったのも大人になった証拠かも♪
2017-03-07 02:41  オザケン
Neo No.6060
こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいてます。
今日のpoohさんの記事で私が一番食いついたのが「オザケン」の文字です。
まさかあの元王子が朝の番組に出演していたとは!
私はドンピシャ世代なので見てみたかったですが、オザケンは長らく消息を絶っていたので今の人が見たら?なのではないでしょうか?
(朝の情報番組はそもそもドンピシャ世代以降が見てそうだから正解なのかな。。)
2017-03-07 07:10  Neoさん、はじめまして!
pooh No.6061
「スッキリ!!」でも、40代のコメンテーターたちがテンション上がりまくりでしたよ~。
やっぱり私たち世代にとっては「オザケン=王子」ですよね。
もちろん、彼のことを知らない視聴者層に向けて、「オザケンとは何か」というまとめコーナーもしっかりあって、なかなか見応えのあるコーナーでした♪

日本を離れて久しいオザケンご本人にとっては、「オレが朝の番組?」と不思議に感じていたかもしれませんね。
年月の重みは、こんなところにも表れるんだなぁと私もしみじみ感じています(^^)
Comment form

Trackback

Trackback URL