poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > マイホーム・家庭菜園 > 只今、我が家は「最狭モード」です

只今、我が家は「最狭モード」です

poohの家は4LDKの一戸建て。
夫婦2人暮らしなので、スペース的にはかなりゆったりしています。
かつての賃貸マンション時代と比べると、暮らしの快適度は格段に向上しました。
空間の余裕は、心の余裕にも繋がるのかもしれません

しかし、広い家には広い家なりのデメリットもあります。
家が広いと暖房費が余計にかかります。

ちなみに我が家の暖房器具は、1階リビングの灯油ストーブのみ。
CIMG1266.jpg
北国仕様のこのストーブは、かなり強力なタイプです。
しかし、「強力=灯油使用量も多い」ということ。
北海道の長い冬の間、毎日すべての部屋を暖めていたら、灯油代がとんでもないことになってしまいます(めまい)

締まり屋のpooh家ですから、当然その件にはシビアに向き合います。
そんな訳で、現在のリビングはこんな感じに。
2016111101.jpg

ちなみに気温が高かった頃↓
IMGP3945.jpg
2つの画像の最大の違いはコタツの有無ですが、今回のポイントはここではありません。
注目すべきは画像左奥の扉。
冬季はここを閉め切って、ストーブで暖めるエリアをリビング&キッチンに絞っているのです。

広いことが問題ならば、狭くすれば良いのです。

隣の部屋は、つい先月まで食事やブログ執筆時に使っていました。
でも冬の訪れと共に、生活活動の場はリビングに集約。
家全体を広々と使っていた生活から一変、今では1日の大半をこの部屋のみで過ごしています。

つまり、冬季の我が家のスペース稼働率は半分以下という訳。
空間を狭めて、ストーブによる室温上昇を早め、火力も「微少」で抑えています。
その結果、年間の灯油使用量は500L前後と、この辺りではかなり少なめ。
昨年に至っては422Lという本人たちですらビックリの記録を打ち立てたのですから、この室内縮小作戦、侮れません。

●参考過去記事:自宅滞在時間が増えたのに暖房費は大幅ダウン。我が家が編み出したその秘策(→2016年1/8の記事)

せっかく広い家なのに・・・という思いがよぎることもあるけれど、絶大な省エネ効果があるのですから、我が家はこれで満足。
また春を迎えたらスペース拡大すればいいのさ、とノンキにかまえて、今日もpoohは最狭モードの自宅で、チンマリ&ヌクヌクと過ごしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

Comments

post
2016-11-11 18:28  我が家の場合は・・・
少しでも断熱したいと思い、数年前から普通のカーテンを外側、レースのカーテンを内側にしています。
多少変わった気がしますよ。
poohさんのお宅はいつ見てもきれいで素敵ですね。
2016-11-11 20:39  瀬高きりんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5646
カーテンの効果はなかなか高いと聞きますものね。
レースをあえて内側にしてみるのも確かに良さそう(^^)

今年の北海道は冬の訪れが早いです。
今や他の部屋はちょっとした冷蔵庫状態です(笑)
2016-11-11 21:59 
さいもん No.5648
そうですね、暖房費を節約しようと思ったら生活スペースを狭く限定してしまえばいいんですよね。

私も今年は室内テントの中で生きていこうかと思ってます(極端)。
2016-11-12 07:03  さいもんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5650
そういえば、さいもんさんは室内テントでご自宅を最狭モードにしていましたね(笑)
広い部屋も快適だけど、チンマリ暮らしもまた気分が変わって良いものです。
これから半年間はコックピット的生活を送っていきますよ(^^)
2016-11-13 02:51 
mudman No.5652
私はずっと炬燵のない生活をしていましたがpoohさん家のリビングがあったかそう
だったので炬燵を買ったほどです^^;)
2016-11-13 07:28  mudmanさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5653
コタツは暖かいですよね~。
私も退職をきっかけに購入したクチですが、今やこれなしでは生活が成り立たないくらい愛用していますよ!
Comment form

Trackback

Trackback URL