poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > レジャー・娯楽 > 乗り物の中で一番好きかも!

乗り物の中で一番好きかも!

普段、海や川に接するシーンが少ないからでしょうか?
数ある乗り物の中でも、船はpoohにとってちょっと特別感を感じる存在です。
船上から水面を眺めていると、ワクワク気分があふれてきます。

そんな船を、先日の九州旅行では2つ楽しみました。
その①:福岡・柳川での“どんこ舟”
2016101630.jpg
有明海に注ぐ筑後川河口にある旧城下町・柳川。
街中には立花氏ゆかりの史跡や武家屋敷などが残されており、網目状にお堀も流れています。
そんなゆったりとした風情を楽しむならば、どんこ舟でのお堀巡りが一番!

我が家は「柳川特盛きっぷ」を利用して、お堀巡りを楽しみました。
<柳川特盛きっぷとは?>
西鉄主要駅から西鉄柳川駅までの往復電車賃、お堀巡りの乗船券、食事券(柳川名物・うなぎせいろ蒸し)がセットになった切符(→西鉄のオフィシャルサイト)


この切符は大人1人¥5,150 ※西鉄福岡(天神)駅発着の場合
通常ならば西鉄運賃が¥850☓往復、お堀巡りは¥1,600、うなぎせいろ蒸し&うざくのランチで¥3,000前後と合計¥6,300ほどかかりますから、なかなかお得度の高い切符と言えましょう。
現地に数社あるどんこ舟運営会社の中にはもっと安価なプランもあるし、ランチ代も抑えることが可能ですが、利用する価値は高いと思います。
2016101631.jpg
青空の下で4kmほどのコースを1時間ほどかけてゆっくりと進むお堀巡り。
「柳川」の地名そのものでもある柳の木の下や、ところどころに設置されたトンネルをくぐりながら、のんびりとタイムトリップを楽しみました。

そして、今回楽しんだもう1つの船は・・・
その②:長崎・軍艦島へのクルーズ船
2016101634.jpg
<軍艦島とは?>
長崎県長崎市(旧高島町)にある島で、正式名称は端島(はしま)。
明治から昭和にかけて海底炭鉱によって栄え、最盛期の1959(昭和34)年には5,300人もの人々が住んでいたが、1974(昭和49)年の閉山以降は無人島となっている。


2015年にこの地を構成遺産に含む「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界文化遺産に登録されたことで、一躍人気観光スポットとなった軍艦島。
今回の九州旅行でも、pooh家が最も興味津々だった場所です。

軍艦島見学を企画する会社は現地に数社ある中、我が家は島にも上陸できるプランを選択しました(→軍艦島クルーズ株式会社のオフィシャルサイト)
所要時間3時間、乗船料は大人¥3,600+「端島見学施設使用料」¥300。
平日でしたが、定員200人の船はしっかり満員状態でした。

出発から約30分、長崎港の南西約19kmの洋上に浮かぶ島の形は確かに「軍艦」そのもの!
2016101635.jpg
ここまで来る途中で高島という有人島に立ち寄り、ツアーガイドさんの説明を受けていたこともあり、予備知識はほぼOK。
「あそこが学校かぁ」、「神社もあるよ」と、乗員皆、ちょっとした興奮状態(鼻息)

ちなみに当時の炭鉱マンは高給取りで、島内の各家庭には最新家電製品が揃っていたそう。
日本初の高層鉄筋アパートが建設されたのもこの地です。
それが今や、こんな廃墟に。
2016101639.jpg
潮風をダイレクトに受ける分、建物の傷みも早いのでしょうね。

こんな調子で船に乗ったままグルッと島を回遊した後、遂に上陸!
もちろん、現地フリー行動は禁じられています。
整備された通路を歩きながら、3ヶ所を50分間ほどかけて散策しました。
2016101638.jpg
さすが世界文化遺産、どこも見どころ満載ですが、当日は32℃もの高気温。
直射日光にやられて、途中からは「クーラーの効いた船内に戻りたい・・・」という気分に陥りながらも、頑張ってあちこちを撮影して回りました。
2016101637.jpg
島民が立ち去って、たった40年でちょっとした古代遺跡風・・・
最盛期の昭和30年台には、当時の東京都の9倍にもあたる人口密度を誇っていたというのも夢のような話ですねぇ。

さて、今回のpooh家の船旅はいかがだったでしょうか?
柳川のどんこ舟も、軍艦島のクルーズ船も、日常とは違う空気がみなぎっていました。
また船に乗りたいなぁ・・・と、帰宅したばかりだというのに、次のチャンスに向けて、今から思いを巡らせています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

Comments

post
2016-10-17 20:33  船が一番好きっていいなぁ〜
たにし No.5544
私も昨年ちょうどpooh家と同じ時期に長崎港からBLACK DIAMOND号で軍艦島上陸しました!
が 最初の数十分は 巨大な造船所や島をガイドさんの説明を聞きながら楽しんでいましたが 内海を出て外海に入ったあたりから自分だけでなく周りのお客さんも酔い始め、話し声も途絶えました。
(当日波は比較的穏やかだったらしいのですが)
pooh家は豪華客船世界一周の旅もイケるかもしれませんよ。
これからも色々な旅行話楽しみにしています(^O^)
2016-10-17 21:52  たにしさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5545
実は我が家も去年のフェリー(新潟→小樽)で、とんでもない船酔いにヤラれたクチです。

http://pooh2013.blog.fc2.com/blog-entry-779.html  (2015年10/7の記事)

なので、今回の軍艦島行きには酔い止め薬持参で臨みました(笑)
でも、周囲にも辛そうな方々はいなかったところを見ると、この日は波のコンディションに恵まれていたのかもしれませんね。

船酔いは怖いけれど、やっぱり船の雰囲気は好き♡
また各所で楽しみたいと思います(^^)
2016-10-19 22:30 
柳川の船は僕も乗りました。
船頭が有名な歌を歌ってくれましたよ。
うなぎも食べました。
2016-10-20 06:36  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5553
北原白秋の「まちぼうけ」等を私たちも聴かせてもらいました♪
橋の下を通る時は音がいい具合に響いて、歌う方も気持ちよさそうでしたねぇ。
冬はコタツ舟になるとのこと、そっちにも乗ってみたいです。
2016-10-21 10:25 
ふんわり No.5556
お久しぶりです。
poohさんが行ったところは○十年九州に住んでいるのでほとんど行ったことが
ありましたが軍艦島はまだです。
実際に写真を見るとちょっと行ってみたくなりました。
なんとなくロマンをかきたてるような佇まいですね。

主人が突然仕事を辞めたりみそを20kgも仕込んだりと疲れる毎日ですが
ぼちぼち頑張ります。
2016-10-21 12:19  ふんわりさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5557
いろいろと忙しくされていたのですね。
九州旅行中は、「ここがふんわりさんのホームグランドか」なんてことも感じていましたよ(^^)

軍艦島はなかなか興味深い観光地でした。
ここ数年で人気が出てきたようですね。
もしも機会があったらぜひ♪
2016-11-01 21:06  軍艦島行ってきました!
旅芸人 No.5608
poohさん、こんばんは!

こちらの記事を参考に軍艦島に上陸してまいりました。大感激です。写真もたくさん撮りました。(撮れたと思います。現像中です。)もしよろしければ、私のブログの関連記事(11月5日にアップ予定)からこちらの記事にリンクを貼らせていただきたく存じますがいかがでしょうか?
2016-11-01 21:46  旅芸人さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5609
おおっ! 行かれましたか、おかえりなさい!
リンクの件、もちろん大歓迎ですよ(^^)

旅芸人さんなら、現地の空気が感じられるステキな作品が生まれているのでは?
記事の公開、楽しみにしています♪
Comment form

Trackback

Trackback URL