poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 日常つれづれ > 退職を機に忘れていた感覚がよみがえりました

退職を機に忘れていた感覚がよみがえりました

アーリーリタイアして、もうすぐ丸3年。
今や会社勤めをしていたことが自分でも信じられないくらい、現在の暮らしに馴染んで毎日を過ごしています。

毎朝6:00には起床し、家事をしながら自宅でヒッソリ・・・というのがpoohの日常です。
たまの外出も単独、もしくは夫・ケッチーくんのみを従えて、自分のペースで気の向くままに出かけるのが至極当然となっていました。
もちろん、このお盆休みも同じように過ごすつもりだったのです。

しかし今回に限っては、やけに売れっ子モードに。

両実家との予定は当初からそれぞれ判っていましたが、それ以外にも友人たちからのお誘いも複数件発生したのです。
これまでも彼らと遊ぶ機会はちょくちょくありましたが、約束を取り付ける時は、「poohはいつでもOK。皆の予定に合わせるよ」と答えるのが常でした。
なんせ、ヒマヒマオーラ全開の身(笑)ですもの、スケジュールのやりくりなど不要だったのです。

それが今回のお盆に限っては、珍しくスケジュール帳とニラメッコ。
「○日は先約があるから△日なら」などと、日程調整に勤しみました。
ダブルブッキングのないよう、1件決まるごとに意識して管理に努めたのです。

そんな中、アーリーリタイア以前の感覚がよみがえりました。
当時はスケジュール帳の余白を埋めるたびに、ちょっとした快感を感じたものです。
「多忙な自分に、独りウットリしていた」というのが、正しいところとも言えましょう。

退職を機に、そんな独りウットリからも卒業したつもりで、世間で言う所の“リア充”に対しても「ケッ」と斜に構えていたpooh。
でも実は、それは大いなる勘違いだったようです。

今回の件で判明しました。
poohはまだまだ“リア充願望”が強いみたい(照)

心の片隅では、売れっ子でありたいという小さな欲望をまだ隠し持っていたのですねぇ。
ホント、人間とは欲深い生き物です。

でも、だからと言って、「今後のスケジュール帳も予定で埋めねば」という焦燥感はありません。
この数日間の多忙は世間がお休みだったからこそ。
友人たちからの引く手あまたのお誘いも、年に1度のお祭りだと冷静に捉えていますもの。

通常モードに戻った現在、pooh自ら率先してお祭りイベントを設けるつもりもないし、何よりも、この平坦な日常も十分気に入っています。
今回、瞬間風速的にかつての快感を味わえただけで満足です。

そんな訳で、再びノンビリとした生活に戻りました。
この日々の中にも、何らかの新発見がいっぱい隠れているはずです。
それらをチマチマほじくりだしながら(笑)、自分のペースで過ごしていくつもりです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

コメント

post
2016-08-17 17:08 
さくらんぼ No.5392
こんにちは。

やっぱり、スケジュール帳が埋まるのは楽しいものですね。
ここにお邪魔すると、アーリーリタイアを目指したくなります。笑。
まだ働いてもないのに…。笑。
2016-08-17 21:21  さくらんぼさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5393
学校生活も会社員生活も、それぞれいろんなことがあって良い経験になりました。
中学生のさくらんぼさんの周囲にも、たくさんの出来事が転がっていると思いますよ。
私もまだまだ貪欲にアンテナを張り巡らせていくつもりです(^_-)-☆
Comment form

トラックバック

Trackback URL