poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 生活いろいろ > 「老親にデジタル娯楽を」と思い立ち、出張サポートに出かけました

「老親にデジタル娯楽を」と思い立ち、出張サポートに出かけました

「物事は親から教えてもらう」が子供時代の基本だったのに、今やその立場もすっかり逆転。
一般常識・流行りモノ等、何かにつけてpoohが両親をナビゲートするようになりました。
そんな中、今回も新たな課題、それは「dマガジン」です。

<dマガジンとは?>
スマホ、タブレット、PCで利用できる雑誌読み放題サービス。
月額料金¥400(税抜き)で160誌以上の最新号、バックナンバーを含めると1,000冊以上の雑誌が購読できる。(→オフィシャルサイト)


事の発端は父による近況報告。
聞けば彼は、「Newsweek」を毎週¥450で購入して読んでいるそう。
「でも、雑誌は活字が小さくて読みづらいんだよ・・・」

それならばと提案したのが、現在pooh家も絶賛愛用中のdマガジンです。
これなら文字も拡大できるので、紙媒体より読みやすいはず。

アカウント1つに、最大5台の端末を登録できるのも、dマガジンの魅力です。
実家にはPC&2台のスマホがあるので、月額たったの¥400で、父のNewsweekのみならず、母も存分に好みの雑誌を楽しめます(※複数端末の同時利用は不可)
時間の余裕ありまくりの老夫婦に、dマガジンはまさにもってこいのツールと言えましょう。

彼らにもわかりやすい言葉を選びながら、「dマガジンとは何ぞや」という段階から説明しました。
「それはいいね! 是非とも加入したい」と、当人たちもノリノリです。

そんな訳でpoohがさっそく実家に向かい、加入手続きに着手しました。
アカウントを作成し、パスワードを設定し、PCにはGoogle Chromeをダウンロードし・・・
お気に入り登録したdマガジンのアイコンを、各端末のトップ画面にそれぞれ貼り付けて作業終了・・・と思いきや、実はここからが大変だったのです。

70代相手の操作法レクチャーは苦難の連続(汗)

本来ならば講釈は1回で終わらせたいところをグッと堪え、まずは父、その後改めて母にと、2回に分けてのマンツーマン方式で手取り足取り教えこみました。
その後は各自所有のノートに、「dマガジンマニュアル」なるものをpoohが手書きで記入。
マニュアル完成後は、再び画面の立ち上げ→ログアウトまでの手順を1人ずつ実行させて、その理解度を計ったのです。

何度も何度も繰り返した甲斐あって、たどたどしい手つきながらも何とか2人とも読みたい雑誌を閲覧できるようになりました。
彼らの単調な日常生活に一石を投じられたことにpoohも満足しています。

今回の件が、実家のPC&スマホの活用に繋がるのも嬉しいところです。
なんせ彼ら所有のデジタル機器の数々は、pooh家の物よりも格段にハイスペックでありながら、「宝の持ち腐れ」感に満ち溢れていたんですもの(笑)

しかし、今回のサポート業務はこれで完了ではありません。
たとえ月額¥400と言えど、「使わない固定費は即解約」が節約の基本です。
両親の利用具合をコマメにチェックしていくのが、加入に携わった者の任務だとpoohは覚悟を決めました。
「dマガジン使ってる?」が、今後の実家訪問時の定番セリフです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

コメント

post
2016-08-15 00:58 
先日実家に帰ったときに、僕が使っていたノートパソコンを与え、OSも再インストールして母の名前でIDを作り、
余計なものを排除し、デスクトップにはgooglechromeのブラウザのショートカットくらいしかないようにしてgoogleのアカウントも作って、準備万端で教えました。
パソコンの立ち上げからメールの送受信まで2-3回やれば覚えるだろうと思ったら、それが全然で、こちらに戻ってからも電話で問い合わせがくるんです、でも画面を見られないから僕も相手が何を言ってるのか分からない。
とにかく大変でした。
最近はようやくメールができるようになってきたようですが。
2016-08-15 06:14  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5387
そのお気持ち、わかります!
両親がデジタル機器にさほど詳しくないのは私もわかっていたつもりでしたが、「えっ? そこで手が止まる?」と言いたくなるくらいのレベルでした。
途中からは、「幼稚園児に平仮名を教えていると思おう」と自分に言い聞かせながら乗り越えた次第です(笑)

私自身が年を取った時は、教えてくれる人もいないので、今のうちから時代に取り残されないよう意識しておかねば・・・
2016-08-15 23:52 
ふんわり No.5390
ちょっと意味不明のメッセージが入ったりしたら
すぐ息子を頼ってしまいます。
寝ているのを起こしたのも一度や二度でなく
完全に依存しています(泣)
独立したらどうしようとひそかに心配しています。

2016-08-16 06:59  ふんわりさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5391
大丈夫、お子さんが巣立ったら巣立ったで、なんとかなるものです。
お子さんの手が借りられるうちは、適度に甘えていても良いと思いますよ~(^^)
Comment form

トラックバック

Trackback URL