poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 手作りご飯 > 地元でも支持率低めの食材ですが、あえてこの場で紹介します

地元でも支持率低めの食材ですが、あえてこの場で紹介します

読者の皆さん、「ヌカニシン」なるものはご存知ですか?
北海道以外の地域では、あまりメジャーな物ではないかもしれません。
↓こういう代物です。
糠ニシン20160701
内臓を取り除いたニシンに、米ヌカと塩を振りかけて漬け込んだ保存食です。
poohの周辺では、いろいろなお店で1尾¥100前後で売られています。

そう、ヌカニシンは比較的安価な品なのです。
しかし、我が家でのヌカニシンの相場は・・・1尾¥42(キッパリ)
この価格以下でないと買わないと決めています。

いくら地元といえど、そんな激安品がそうそう見つかるはずがない・・・と思いきや、これが意外と高確率で店頭に出現するのが嬉しいところ。
しかも「ヌカニシン¥42」の値札に敏感に反応するのはpooh家の2人と、60~70代とおぼしき男性客たちくらいと、やけに競争率が低いのもその特徴です。
同じ値引品でも、お刺身パックや鮭の切り身等は瞬時に売り切れるのに対し、地味な印象のせいか、周囲の女性客はヌカニシンにはほぼ無関心なのです。

実際、どうやって食べたらいいのかわからない方も多いのかもしれません。
ヌカニシンの最もポピュラーな調理法は「三平汁」ですが、これは冬のイメージが強く、今の季節は食指が動かないこともあるでしょう。

<三平汁(さんぺいじる)とは?>
北海道の郷土料理。
糠漬け、または塩漬けの魚を大根、ニンジン、ジャガイモと一緒に昆布出汁で煮たもの。
漁師の“斉藤三平”の家で出された汁物料理を、松前藩の殿様が賞賛したことが、その名前の由来とされる。(※諸説あり)


でも、夏にピッタリのメニューもあるのです。
その名も「酢漬けヌカニシン」、調理法も簡単です。

<作り方>
①ヌカニシンの糠を流水で洗い流す。
②頭と尻尾を切り落とし、身は骨ごとブツ切りに。
③タッパーに②を並べ、ヒタヒタに酢を加える。
糠ニシン20160703
④冷蔵庫で半日置き、濁った酢を一旦捨てて、再度新しい酢を加える。
⑤更に半日冷蔵庫で寝かせて完成。

酢を入れ替えることで余分な塩分も抜けます。
加熱なしで大丈夫だろうか・・・と我が家も最初は恐る恐る口にしましたが、その美味しさは感動モノでした。
シメサバ風の味わいで、ブツ切りした骨まで食べられるのも魅力的な一品です。

今回は1尾を酢漬けにし(画像右端)、1尾はそのまま塩焼きにしてみました。
糠ニシン201607完成
もう、ご飯が進むのなんの(笑)
2人で2尾、たったの¥84とは思えないほどの満足感あふれる夕飯となりました。

地域によっては取扱いがないことも多いでしょうが、もしかするとアナタの近くの魚売場でも、ヌカニシンがヒッソリと隠れているかもしれません。
発見した暁には、酢漬けも一度試してみて下さいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

Comments

post
2016-08-06 20:18 
たま No.5364
ヒョエ~~~、安い。ニシンは北海道がメインですか?さんまより安いですね~~~、しかもデカい。これならば焼き魚でいくらでも食べられますよ。いいな~~、魚が安い場所に住んでいるのは・・・
2016-08-06 21:07 
ふんわり No.5365
酢につけるなんてよく思いつきますね。
そのチャレンジ精神でおいしいものが
食べれるのですね。
私の地方ではぬかみそ炊きというのがあります。

2016-08-06 21:27  たまさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5366
ヌカサンマも時々見かけますが、小ぶりの物だと¥50程度のことも。(しかも夕方には更に半額に!)
でもニシンの方が大きいので、こちらを選ぶことが多いです。
魚が安いという点では、本当に恵まれた環境にありますね(^^)
2016-08-06 21:32  ふんわりさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5367
「ぬかみそ炊き」、どんな物なのだろう?と調べてみたら、味付けに糠味噌を使うんですね。
これまた興味が惹かれる調理法です。
いいサバが手に入った時にでも実験してみたいと思います(^^)
2016-08-07 00:18  http://hudousannokamisama.blog61.fc2.com/
たんちん No.5368 [Edit]
塩焼きが美味そうですね、北海道ならではのおかずですねえ。まさか鮒鮨とかくさやみたいなことはないでしょうか。
2016-08-07 06:27  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5369
鮒鮨やくさやと違って、匂いはほぼありません。
おそらく発酵はさせないものだと思います。
クセもなくて食べやすいんですよ(^^)
2016-08-08 11:48 
おお、純米酢だあ、これを漬けて捨てるとはまた豪勢ですね。
僕も純米酢好きです。

美味そうだなあ。
2016-08-08 13:49  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5371
純米酢に目がいくとは、さすが招き猫の右手さん!
この酢は決して安価ではないので、私としても「捨てるのはもったいない・・・」と気になっていたところです。
今度安い穀物酢をヌカニシン用に購入して試してみるつもり。
酢の物等で食べる時は純米酢の方が断然美味しいのですが、漬けて捨てるならば、安物でも十分・・・のような気がするんですよね~。
2016-08-14 13:47  ヌカニシンとズッキニー
シェリー No.5384
2度目の投稿です。 札幌のスーパーでこの物体(?)糠ニシンを時々みかけるのですが、どう食してよいものやら、想像を絶していたので、今回は情報ありがたく早速試したいと思います。 
というのも、私は北海道にきたばかりで、新しいモノや考え方に出会えて新鮮な日々を過ごしています。Poohさんのおかげで北海道ライフが広がっています。 感謝
ズッキニーについても。 ラタトゥユ以外は考えられなかったので、目からウロコ。 そんな時生協から配られたブックレットがズッキニー特集で、ズッキニーのスパゲティが紹介されていました。 ピーラーでなが~く削って軽く油で炒めて、ソースをかけるだけ。 食してみました。 一人で大きなズッキニーの半分を消化できます。 とても感嘆で美味しい!お試しあれ! 
2016-08-14 14:56  シェリーさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5385
やっぱりヌカニシンは北海道独自の食材なんですね。
お役に立てて光栄です。
寒くなったら、ぜひ「三平汁」もお試し下さい。
私もズッキーニレシピ、さっそく実践してみます(^^)

私自身も生粋の道産子ではないので、来たばかりの頃はそのローカルルールに随分と驚いたものでした。
面白い土地ですよね~。
夏もそろそろ終盤ですが、これからもまた良い季節ですよ♪
Comment form

Trackback

Trackback URL