poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 読書・テレビ・映画 > テレビドラマや小説の些細なシーンがきっかけです

テレビドラマや小説の些細なシーンがきっかけです

poohの生活術の情報源はテレビや雑誌、ネット記事etc・・・
「生活の知恵」を特集したハウツーものから学ぶことが多いですが、それだけではありません。
ストーリーに重きを置いた作品の中にも、意外とネタはあるものです。

例えば、ドラマ「北の国から」。
主人公の娘・蛍の凍てつく川での食器洗いシーンからヒントを得て、我が家でも冬季はゴム手袋着用でお皿を洗うようになりました。
冬は給湯器稼働が絶対だったのに、ゴム手袋のおかげでそれまでの常識が一変したのです。

「北の国から」の名シーンといえば、「子供がまだ食ってる途中でしょうが!」や、「泥のついた一万円札」等が代表的。
でも、我が家に最も影響を及ぼしたのは、「蛍の食器洗いシーン」です(笑)
ほんのオマケ的シーンでありながら、未だに鮮烈な印象を残しています。

そんな我が家、このたびもヒョンなところから新ネタをGETしました。
今回の情報源は、児童文学「インガルス一家の物語」シリーズ。

「大草原の小さな家」を代表とする、開拓時代のアメリカを舞台とするこの物語。
ここ最近、また読みたくなって本棚の奥から引っ張りだしてきたり、図書館から借りて楽しんでいました(→4/14の記事)
その中で描写されているパンケーキに、poohは釘付けになってしまったのです。

もともと普段からよく作っているパンケーキ。
市販のホットケーキミックスではなく、薄力粉や砂糖、ベーキングパウダー等を自分でブレンドするのがpoohのこだわりです。
フンワリ感を増すために、マヨネーズも混ぜるのがここ最近のマイブーム(→3/16の記事)

しかし作るたびに気になっていたのは、その砂糖量の多さ。
なんせ薄力粉3に対し、砂糖の割合は1、つまり粉の25%は砂糖が占めるのです。
それでも市販品と比べると甘さは控えめ、いやはやパンケーキ恐るべし・・・。

しかし、開拓時代のアメリカ人が、こんなに砂糖を使っていたとは思えません。
当時は砂糖が貴重品だったことが、本の中でもたびたび記載されています。
そこから思いつきました。
「砂糖を思い切り控えてみよう」

そんな訳でさっそくチャレンジ。
2016060510.jpg
<材料(5~6枚分)>
薄力粉300g、砂糖大さじ2、ベーキングパウダー大さじ1+小さじ1/2、卵3個、プレーンヨーグルト約150g、マヨネーズ大さじ2、バニラエッセンス少々、水150ccくらい


いつも通りフライパンで焼き上げました。
そのお味は・・・ウム、甘さはほぼないけれど、それが逆に食欲をそそります。
ベーコンやハム、野菜類との相性もいいので食事感が増すし、甘く食べたいのならトッピングのジャムや蜂蜜で調節可能ですから、絶対こちらの方がオススメ!

結論:パンケーキの砂糖は少量で十分。
「パンケーキは甘いもの」というこれまでの概念から脱却です。

今回使用した大さじ2の砂糖は約18g。
「思い切り控えめ」と宣言した割には、それなりの量でもあります。
でも、今までなら100g(!)使っていたので削減率は8割以上、次回は更に減らしてもいいかも。
これまで食べるたびに感じていた、パンケーキに対するちょっとした抵抗感もクリアになりました。

役立つ情報は、意外な所にも転がっているもの。
それをうまく見つけられ、今回も大満足です。
2016060512.jpg
このスマイリーなパンケーキ同様に、すっかりニコニコ顔のpoohなのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

コメント

post
2016-06-06 06:23 
ふんわり No.5192
わかります。
いい考えですね。
紅茶が大好きだけど砂糖を3杯以上入れないと
甘さを感じないバカな味覚でしたが
紅茶とさとうを別々にして飲むようにして
最近では砂糖なしでも飲めるようになりましたよ。
2016-06-06 07:16  ふんわりさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5193
私も大の甘党で、どんなに甘みコッテリでもOKなんです。
コレはマズいと、日頃から砂糖少なめを意識していますが、実際、その方が素材本来の味がわかって良いものですね。
ひょんなことから「パンケーキは甘いもの」という自分の中の常識を打ち破れました(^^)
2016-06-12 21:34 
ブログ再開してたんですね。
シフォンケーキだけではなく、バナナが結構つかえるようです。
特に見切り品で黒ずんだバナナは糖分もましているので、崩して混ぜればかなり甘くなります。
2016-06-12 21:44  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5209
はい、1ヶ月近くお休みしていましたが、すっかり復帰しました(更新頻度は以前より落としていますが)
またよろしくお願いします。

そうそう、バナナもいいですよね。
招き猫の右手さんに教わったバナナシフォンは、今やすっかり定番おやつになっています。
先日は思い切ってバナナを倍量にしてみたら、なかなか食べ応えのある一品になりました(^^)
Comment form

トラックバック

Trackback URL