poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

インスタントラーメンよりも安いラーメン、一丁上がり~!

我が家のインスタントラーメンの購入目安は、「5Pセットで¥200前後」です。
つまり1食あたり¥40・・・十分リーズナブルですが、世の中にはもっと安いラーメンがあります。

それは生ラーメンです。
特売で購入した今回は3食入りで¥63・・・1食あたりなんと¥21です。
2017042040.jpg
ただし、この品にも大きな欠点があります。
実はスープが別売なのです。

市販のラーメンスープは、安いものでも1杯分¥50と、麺よりも高価。
よし、それなら自分でスープを作ってみようではありませんか!

しかし、寸胴鍋で鶏ガラや豚骨を長時間煮込むなどというのは、さすがに御免被りたい。
そもそも材料費だってバカになりません。
自宅にある食材でお手軽にできる方法はないものかと頭をひねりました。

その結果、用意したものがコレです。

<材料 (丼2杯分)>
水700cc、昆布5センチ、煮干し6匹、カツオ節1つかみ、
(A):味噌大さじ3、醤油大さじ1、コチュジャン・豆板醤・鶏ガラスープ・砂糖・みりん各小さじ1、塩少々
(B):ゴマ油大さじ2、ニンニク・ショウガ各1片、長ネギ5センチ
(C):豚肉50g、モヤシ1.5袋、キクラゲ少々

2017050650.jpg
まずは前夜から昆布&煮干しを水に漬け込んでおきました。

翌朝、これを火にかけて沸騰前に昆布、沸騰後に煮干しと順々に取り出します。
その後、火を止めたらザルを入れ、カツオ節を投入。
2017050651.jpg
そう、poohはいつものお味噌汁を作る要領でダシを取ったのです。
普段は「昆布&カツオ節」、もしくは「煮干しのみ」と、料理の内容や、その時の気分で2パターンのダシを使い分けていますが、今回は合わせ技にしてみました。

さて、カツオ節を取り出したら、(A)の調味料をすべて溶きます。
2017050653.jpg
油っけがないので、見かけはラーメンスープというよりは、まさにお味噌汁(笑)
もちろん、このままではミョーにあっさりした物足りないラーメンになることがミエミエ。

でも、大丈夫! コクと風味はこれから加えます。
みじん切りにした(B)を中華鍋で熱し、(C)と共に炒め合わせました。
この工程と並行して、麺を茹でるお湯も沸かします。
2017050652.jpg
麺の茹で上げ時間を計算しながら、画像左の中華鍋に先程の「味噌汁風スープ」を投入して軽く煮込みました。

湯切りした麺を丼に盛り付け、スープ&具材をザザ~ッとのせて完成!
2017050654.jpg
pooh飯店の特製味噌ラーメン、一丁上がり~!

全体的にアッサリながらも、煮干し・昆布・カツオ節・鶏ガラスープのダシが効いていて、意外なくらいの美味しさです。
昨今のラーメン界のトレンドが「ダブルスープ」ならば、4種類のダシをブレンドしたこの品は「クワトロスープ」と自称しても良いでしょう。

ちなみに普通盛り(麺1食分)で作った場合の材料費は
麺¥21+スープ¥15=¥36・・・と、インスタントラーメンよりも安上がりです。

具材をトッピングし、麺は1.5食分使用した今回の大盛り版でも、1杯あたり¥85ほど。
夫婦2人でお腹いっぱいラーメンを食べても¥170で済んでしまいました。

「今度は醤油味・塩味にもチャレンジしてみよう」
「以前パスタマシンで作った自家製中華麺(→2014年8/16の記事)なら、更にオリジナル度がアップするよ」
pooh家のおうちラーメンは、すっかり独自路線を猛進中です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事