poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

夫婦2人でのアーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

「お前は既に死んでいる」と、つぶやく日々を送っています

♪Youはshock! 愛で空が落ちてくる~  Youはshock! 俺の胸に落ちてくる~♪
ここ最近、poohはこの歌謡曲を延々と脳内リフレインしています。
無意識のうちにリアルにシャウトしちゃっていることも(笑)

この曲は1984年(昭和59年)にリリースされた、クリスタルキングの「愛をとりもどせ!!」。
「ハハ~ン、さてはあれだな」と、ここでピンときた読者の方も多いはずです。

そう、只今pooh、「北斗の拳」に絶賛ハマリ中なのです。
「愛をとりもどせ!!」は、当時テレビ放映されたアニメ版の主題歌でした。
2017040604.jpg
しかし、クリキンを一人熱唱しておきながら、実はpooh、「北斗の拳」には疎いのです。
アニメは未鑑賞だし、この文庫版コミックス(全15巻)も、10年以上前に1度目を通しただけ。
連載当時からのファンである夫・ケッチーくんに言わせると、「そんなの同世代としてあり得ない」そうですが、ハードボイルドアクションは苦手なのです・・・

そんなpoohが、人様より30年遅れで「北斗の拳」に関心を寄せたのは、これがきっかけ。
AMGP0232 - コピー
先日の函館旅行で訪れた、JR新函館北斗駅にある「ケンシロウ像」です。
その名も「明日への秘孔」!

2016年3月の北海道新幹線の開業と共に、営業をスタートさせた当駅。
“北斗”繋がりということで、北斗市の市民有志によって、この銅像が設置されました。
なかなかシャレのきいた粋な計らいです。

それにしても、ケンシロウかっこいい!
2017040602.jpg
ケッチーくんによると、このポーズはケンシロウというよりは、「我が生涯に一片の悔いなし!」のラオウを連想させるとのこと。
でも、「明日への道を切り開くイメージ」と、漫画家・原哲夫氏が銅像除幕式で説明したそうですから、これはこれでアリでしょう。
だいたい、あの時のラオウの拳はグー状態だったし、もっと上に突き上げていましたもの。

しかし、このケンシロウ、pooh家のツッコミ魂をくすぐるものだったことも事実です。
2017040601.jpg
思い描いていたよりも、随分とちっちゃい(驚)

勝手にそれなりのサイズをイメージしていたのに、実は銅像本体の高さは90センチほど。
ケンシロウの身長は185センチですから(→Wikipedia)、これは1/2サイズということになります。
でも、愛嬌たっぷりで、いい味が出ていますね。

さて、1つの銅像との出会いをきっかけに、今更ながら「北斗の拳」の世界に魅了されたpooh。
その流れで、同じくJR北海道の駅内で、以前見かけたある像の存在を思い出しました。
黒王号
昨夏の鈍行列車旅行・富良野行き(→2016年7/5の記事)の途中で、岩見沢駅ホームで見かけた馬の木彫り像です。
こちらはミニチュアサイズではなく、ほぼ原寸大と迫力満点。(重量は1トン以上あるらしい)
明治22年に造られた岩見澤村の競馬場に由来したモニュメントですが、今のpoohとっては、これすらも「北斗の拳」なのです。
2017040603.jpg
そう、ラオウの愛馬、「黒王号」です。
次回、岩見沢を訪れるチャンスがあったら、「おれが体をあずけるのは黒王号のみ」と、ラオウを演じてこようと思います。

こんな調子で、何かにつけて「北斗の拳」と結びつけて遊んでいます。
もしかすると、今回の函館旅行の最大の収穫はこれだったのかもしれません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事