poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

歌舞伎揚 VS ぼんち揚。東西の味を食べ比べてみました

アーリーリタイアして以来、夫婦2人でひっそりと平坦に暮らしています。
そんな我が家に、いつも小さな刺激を与えてくれるのが、よそ様のブログ記事です。

今回は 「40代貯金2000万でセミリタイア」のretire2kさんによる、この記事でした。
●揚げ煎餅と言えば、ぼんち揚? 歌舞伎揚? 全国的にはぼんち揚がやや優勢(→retire2kさんの記事)

その日、たまたま訪れたスーパーで“ぼんち揚”が特売になっていたのは偶然でしょうか?
retire2kさんのブログを見ていなかったら素通りしてたかもしれません。
懐かしさもあって、「これ買おう」と手に取ったpoohと同様、夫・ケッチーくんも何やらノリノリ。
「これって“歌舞伎揚”に似ているってヤツだよね!」

「東日本では“歌舞伎揚”、西日本では“ぼんち揚”」と紹介したテレビ番組を、彼も見たそう。
生粋の道産子であるケッチーくんにとっては、“ぼんち揚”の名称自体が新鮮なようです。
転勤族の家庭に生まれ、全国各地で暮らしたpoohには、“ぼんち揚”を知らない方が驚きですが、そうか、北海道では“歌舞伎揚”の方がメジャーなのですね、知らなかった~。

せっかくなので、この機会に両者を食べ比べしようということに。
2017031301.jpg
(A)歌舞伎揚 (B)ぼんち揚

お皿に取り出してみました。
2017031302.jpg
どちらも個包装ですが、直径6センチほどの(A)に対し、(B)は一口サイズ☓8枚入り。
記憶の中では(B)も昔は大きめサイズだったのに、お菓子業界のトレンドなのか、仕様変更したと思われます。
ムシャムシャと頬張って食べたいpoohには、(A)の方が好みです。

そして肝心のお味は・・・
どちらかというと(A)は甘味が強く、(B)がややアッサリめ。
東日本・西日本の好みがそれぞれ顕著に表れている・・・ともいえそうです。
まぁ、これは両者を同時に食べたからこその感想で、別々に口にしたら、「どちらも一般的な揚げ煎餅」で終わる可能性大(笑)

一応、両製品の表示等も表にまとめてみました。
歌舞伎揚 ぼんち揚 改
なるほど~、原材料に違いが見られます。
(A)は醤油よりも砂糖の方が多いし、(B)には鰹だし・昆布だしが含まれているのですね。
poohとしては、コッテリ味の(A)の方が好みです。

・・・でも、やっぱり普段のおやつとしてはコスパが重要。
その点でいくと、今回特売対象となっていた(B)の方が割安です。

今回の結論:揚げ煎餅対決は引き分け!

結局、どうでもいい結論になってしまいました(苦笑)
でも、poohとしてはこれで十分満足なのです。
いつもの単調なおやつタイムを、ちょっとした実験感覚で楽しめたのですから♪

こんな調子で、poohは日々小さな発見を楽しんでいます。
当ブログも、読者の皆さんの暮らしのヒントになっていればいいなぁ・・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事