poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

夫婦2人でのアーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

「餅」だけど、「もち」ではないもの

pooh家の食費は年間15万円(夫婦2人分)。
平均すると1ヶ月あたり¥12,500という低予算・・・でも結構バランス良く、美味しい(と感じる)物をお腹いっぱい楽しんでいます。

その秘訣の1つがコレでしょう。
2017030101.jpg
特売ならば¥108/kgで買えちゃう小麦粉(薄力粉)です。
お米だと¥300/kgが目安ですから、小麦粉=格安主食であることは間違いありません。
パンやお菓子はもちろん、お好み焼きや手打ちうどん等、何かと重宝しています。

今回は、その一例メニューをご紹介しましょう。
その名も“餅(ビン)”です。

「餅」と書いて「ビン」と読む、そう、これは中華料理です。
酢醤油をつけても美味しいし、肉や野菜を巻いても良し。
「パンとお好み焼きの合いの子」的なイメージです。

その作り方は超簡単です。
①小麦粉に、その半量のぬるま湯を加え、5分間ほどこねる。
②ラップで包んで10分間以上寝かす。
③薄く伸ばして、フライパンで両面焼く。

そんな餅を、poohはネギやひき肉入りで楽しんでいます。
2017030102.jpg
↑画像左のボウルに入っているのが、今回こねた餅の生地です。
小麦粉350gに、ぬるま湯175ccを加えて作りました。

これに今回は、①長ネギ・ショウガ入り(塩味) ②玉ネギ・豚ひき肉入り(オイスターソース味)の具をそれぞれ包みます。

1/4に分割した生地を直径20センチの円形に伸ばします。
その上に、ゴマ油を薄く塗り、塩少々とみじん切りにした長ネギ・ショウガを散らしました。
具の量は控えめに、特に縁部分は余白を設けておくのがコツです。
2017030103.jpg

中央から外に向かって1本切れ込みを入れ、生地の一部を折りたたみます。
2017030104.jpg

折りたたんだ部分を持ち上げて、更に隣に重ねます。
2017030105.jpg

折り込むたびに縁部分の生地をくっつけて、具材がはみ出さないよう整えます。
最後に残った部分も重ねれば成形完成。
2017030106.jpg
残りの生地も同様に成形し、ゴマ油を引いたフライパンで、両面を焼き上げます。
時々フライ返しでギュッと押し付けて、弱火でじっくりと時間をかけて熱しましょう。
厚さがあるので、焼き時間は10分間ほどかかります。

<完成品>
2017030107.jpg
折り込んだ生地が層になって、ちょっぴりラザニア風。
さっぱり味のネギ塩焼きと、こってり味の豚ひき肉・玉ネギ・オイスター風味、その他にはチーズ等を入れても美味しいです。

発酵時間が必要なパンとは違い、工程時間は30分間ほど。
すぐ食べられるのが、この“餅”の魅力です。
具材も含めて2人前約¥100で済んじゃうところも見逃せません。

小麦粉メニューは、この世にまだまだわんさとあるはず。
レパートリーを広げるべく、研究を続けていこうと思います♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事