poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

夫婦共に退職して4年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

まずは1回試してみよう・・・そんな前向きな気持ちが失せる商品

消耗品に関しては、好奇心にまかせて、いろいろな品を使ってみることも多いpooh。
もちろん、すべてをやみくもに・・・という訳ではありませんが、まずは1回試してみたいタイプです。
自分のお気に入りを見つけるには、そんな積極性も必要です。

しかし、1度も試さないうちから「これは買わないな~」と感じる品もあります。
例えば、スーパーの調理油コーナーに置かれた「ごま香油」なる製品です。
ゴマ油にナタネ油を40%加えたもので、250g入り200円台と純正品よりも3割ほど安値。
要は“なんちゃってゴマ油”的なアイテムです。

但し、poohがこの品を避ける理由は、「安物のマガイ物だから」ではありません。
もちろん純正ゴマ油の方が美味しいとは思うけれど、もしかしたら、この「ごま香油」だって案外イケるかもしれません。
実際poohも、純正ゴマ油にサラダ油を混ぜて、炒め物を作ることがあります。

安物だろうが、マガイ物だろうが、まずは自分の舌で実際に味わってみるのが本来のpoohです。
しかし、この品に関しては、そんな気持ちになれないのです。

実はpoohが「ごま香油」を気に入らないのは、そのパッケージを彩る“コレステロールゼロ”や“ヘルシー”の謳い文句。
ちなみに純正ゴマ油には、そういった記載を見かけません。
これではまるで、一般的な純正ゴマ油よりも、「ごま香油」の方が健康的なイメージです。
「純正ゴマ油は高コレステロールなんだな」と感じた消費者も多いのでは?

それは違います。
純正ゴマ油も「コレステロール0㎎」です。
つまり、「ごま香油」の“コレステロールゼロ”は、取り立てて強調するほどのものではありません。

「ごま香油」で、気に入らないことはもう1つあります。
それはそのビジュアル。
同じメーカーの純正品と見比べると、かな~り似ているのです。

消費者のことを考えるならば、純正品と「ごま香油」は、まったく異なる見栄えにするべき。
「ごま香油」は、“ナタネ油入り”とデカデカと明記する必要もあるのでは?

“香”の1文字を加えただけの商品名も、不親切でしょう。
特に子供や高齢者には、同じものにしか見えません。
バターに対する「マーガリン」くらいの別物感を演出して欲しいところです。

「なんだか健康に良さそうだから」
「いつもと同じ商品に見えたから」
・・・こんな勘違いによって「ごま香油」を手にしてしまった人、絶対いるとpoohは思います。

商品開発によって、新商品が登場するのは当然のこと。
メーカーの利幅が大きいであろうナタネ油入りの「ごま香油」が流通するのも、それはそれでアリだとpoohは思います。
しかし、従来品との判別をあやふやにして消費者を惑わすとなると・・・いや、それは考え過ぎ?

どちらにせよ、つい良からぬ方向に想像を膨らませてしまうpoohには、「ごま香油」は不向き。
値段の安さには本能的に反応してしまうタチだけど、この商品に関しては、「おっと、釣られてなるものか」と冷静に陳列棚に戻しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事