poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

タブーと言われようとも挑戦しました。ホームベーカリーで餅は作れるのか? 

パンはもちろん、中華まん・ピザ生地作りにと、日々重宝しているホームベーカリー(以下HB)。
その使用歴は10年以上になりますが、最近ふと思い立ちました。

HBなら、お餅だって作れちゃうかも!
小麦粉をこねる時の羽の回転が、餅つき機を連想させるのです。

pooh愛用のHB(エムケー精工製・HBD816)には、「パン作り以外には使わないで下さい」と取扱説明書に記載されています。
でも、他社製品には餅つき機能付きも見かけるし、何とかなるのではないでしょうか?
よし、ここは自己責任で試してみましょう。

蒸したもち米を臼に入れ、手水を加えながら杵でつく・・・子供時代の餅つき大会をイメージして実験に取り掛かりました。

<材料>
もち米3合、水適量、片栗粉少々


①もち米を前夜からたっぷりの水に漬け、吸水させる。
②蒸し器をセットした圧力鍋に水300ccを入れ、濡れ布巾で包んだ①を乗せる。
2017022330.jpg2017022331.jpg
③加熱→圧がかかったら10分間→その後、火を止め、ピンが下がるまで自然放置。
④HBの内釜にお湯を入れて温めておく。(その後、お湯は捨てる)
⑤蒸しあがったもち米をHBに入れて、12分間こねる。
2017022332.jpg
※湯気が出るので、HBの蓋は開けっ放しにする。
※時々、様子を見てぬるま湯を少量ずつ加える。(餅つきにおける手水のイメージ)

そして完成したものは・・・
2017022333.jpg
おおっ、見事なお餅です(歓喜)

片栗粉をまぶした手でお餅をちぎり、温かいうちに食べてみました。
ひきわり納豆&大根おろし、そして砂糖醤油との相性は抜群です。
2017022334.jpg

更にはあんこも包んで、手作り大福!
2017022335.jpg
ちなみに、今回の材料費は¥180ほど。
もち米は¥400/kg以下と、切り餅よりもリーズナブルなのも嬉しいところです。
欲を言えば、もっと伸びるお餅にしたいので、次回は手水の量を増やしてみようかとも思います。

実験成功にすっかり気を良くし、「来年のお正月はこれで雑煮を・・・」などと、早くも10ヶ月以上も先のことまで考え始めました。
poohにとって、HBはますます手放せない存在になりつつあります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事