poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

夫婦2人でのアーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

周囲から失笑されようが、30年間実行し続けている“おまじない”

「手のひらに“人”という文字を書いて飲み込むと、緊張が解ける」
「満月に向かって財布を振ると、金運がUPする」
・・・“おまじない”なるものは、世の中に多々存在しています。

基本的にpoohは、こういった類のものを信じません。
リラックスを狙った気休め的行為はギリギリセーフとしても、お月様効果でお金を貯めようだなんてナンセンスの極みでしょう。
「トイレ・玄関をキレイにすれば幸せになれる」と言われても、「そりゃあ、キレイな方が快適じゃん」と、ツッコミたくなるタイプです。

しかし、そんなpoohにも、ずっと実行し続けているおまじないが1つだけあります。
それは、しゃっくりの1発目直後に、「イチ」と、つぶやくというもの。

高校時代に友人から教えてもらった、「しゃっくりをピタッと止めるおまじない」です。

本件のポイントは、あくまでも1発目のしゃっくりの後であること。
2発目では手遅れです。
もちろん2発目の後に「ニ」、3発目に「サン」とつぶやくのも無効です。

「poohさん一体何言ってんだか」という読者の皆さんの声が聞こえてきます(赤面)
実際、この話を聞いた時の女子高生poohも、「マヌケ過ぎ~」と鼻でせせら笑っていました。
でも一応言われるがままに、「イチ」と口に出してみたのです。
なんと、その後は2発目3発目が出ることなく、しゃっくりが収まったではありませんか!

以来30年間(!)、poohはしゃっくりが出た瞬間に、「イチ」とつぶやいています。
記憶の中では、これが効かなかったことはありません。
つまりpoohは、しゃっくりの悩みから完全に解放されたのです。

しかし、せっかくのおまじないも、周囲の人々は誰も信じてくれません。
「普段はそんなものを率先して小バカにするpoohが・・・」と、呆れられる始末です。
まぁ、その気持ちも理解できるし、所詮しゃっくりですからスルーも致し方ないでしょう。
しかし、こんなにも効果抜群なのに、もったいない話です。

・・・それでも世界のどこかには、同じおまじないを唱えている人が必ずや存在するはず。
実際poohだって、もともとは人から教えてもらったものなのです。
更なる仲間を探そうと、このたびネット検索をかけてみました。

「しゃっくり イチ」、「しゃっくり 初回 イチ」、「しゃっくり 止める イチ」・・・
あれれ? どう検索ワードを組み合わせても、何もヒットしません。
ちなみに「ダイズ(大豆)」、「ムラサキ(紫)」といった単語ならば、しゃっくり関連の呪文として紹介されていましたが、「1回目にイチ」は発見できずじまい。
えぇっ、poohが30年間信じていたものは、一体何だったのでしょうか?

小さなショックを受けつつも、このおまじないについてpoohなりに考えてみました。
そもそも、しゃっくりの原因は横隔膜のけいれんです。
「イチ」という発声は、お腹にピシッと力が入り、そのけいれんを正すのに適しているような・・・
そういえば「ダイズ」「ムラサキ」といった単語にも、同様の効果がみられそう。

「1発目のしゃっくりで」という部分には、しゃっくりの連続でけいれんがクセになってしまった状態よりも矯正しやすいからという推理が成り立ちそうです。
もしや、これらは単なる“おまじない”ではなく、もっと理にかなったものなのかも。
やっぱりpoohは、今後もしゃっくりと共に「イチ」とつぶやいていくつもりです。

まずは皆さまも、しゃっくりが出たら一度お試し下さい。
1発目のしゃっくりの後に「イチ」 ですよ~♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事