poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

「ヘンな顔」を存分に堪能しました

夫・ケッチーくんが、映画「ドクター・ストレンジ」を観に行きたいと言い出しました。
「だって、ベネディクト・カンバーバッチの主演作だよ!」
ドクター・ストレンジ
<ベネディクト・カンバーバッチとは?>
1976年生まれのイギリス人俳優。舞台・テレビドラマ・映画で幅広く活躍中。


ベネカン? あぁ、あのヘンな顔の人かぁ。
人様の顔をとやかく言えるような分際ではないクセに(笑)、poohも大概失礼な人間です。
でも、この人には常人離れした雰囲気があることは確かでしょう。
ベネカン
骨ばった輪郭と奥まった小さな目が、冷酷&偏屈さを醸し出しています。
いや、poohがそう感じるのは、以前観た「SHERLOCK(シャーロック)」や、「スター・トレック イントゥ・ダークネス」での役柄のイメージが強いから。
でも、最新作の「ドクター・ストレンジ」でも、彼は鼻持ちならない高慢ちきな男を演じるようです。

ざっくりとそのあらすじをご紹介すると・・・
「天才的な脳外科医→自動車事故で両腕に大ケガ→失業&貧困→チベットで魔術修行→ヒーロー活動開始」
いかにもアメコミ原作らしい、コテコテの展開です。
そんな中poohが釘付けになったのは、「上から目線の天才外科医」というキャッチコピーの冒頭部分だったことは言うまでもありません。

いやぁ、やっぱり「ベネカン=上から目線」なんですねぇ(笑)
あの爬虫類っぽいヘンな顔(←相変わらず失礼)が、そういう役柄にピッタリハマるのだなぁと今更ながらに納得しました。

さて、その後、映画館に出かけ、お目当ての「ドクター・ストレンジ」を鑑賞してきました。
poohの感想としては、彼が“上から目線”を発していたのは序盤だけで、魔術修行を始めてからはさほどのものではなかったような・・・
彼を2時間観続けたことにより、目が慣れちゃったのかもしれません。

結論:「ヘンな顔」も慣れれば普通に見えてくる。

ちなみに、母国イギリスのファンの間では「彼はカワウソに似ている」と言われているそう。
・・・って言うか、カワウソって一体どんな顔? という疑問アリアリのエピソードです(笑)
そんなpoohの脳裏に浮かぶのは、マンガ「伝染るんです。」(作:吉田戦車)の“かわうそ君”。
カワウソ
↑確かにこれを細面にしたら、ベネカンっぽいかも・・・?

天下の名優ベネディクト・カンバーバッチ様に、最後の最後まで失礼なことを言いつつも、やっぱりまた彼の“上から目線”を拝みたくて、早くも次回作を楽しみにしているpoohなのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事