poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

夫婦2人で月々千円ちょっと。我が家の野菜代が格安である理由

「野菜の価格高騰」のニュースを、あちこちで目にする今日このごろ。
でも、「野菜摂取量の目安は1日350g」(by厚生労働省)ともいわれるし、もともと野菜好きの我が家としては食べずに済ませる訳にはいきません。
毎日たっぷりと楽しんでいます。

そんなpooh家ですが、家計簿に記載された「野菜代」は微々たるもの。
◆10月¥1,333   ◆11月¥1,399
夫婦2人で月々千円ちょっとで賄えています。
家庭菜園の収穫も、9月でほぼ終了していたというのになぜでしょうか?

poohの居住地(札幌)は比較的物価が安い地域だし、たまたまキャベツ・カボチャ等の戴き物があったことも大きいのですが、この数字の低さには自分でもビックリ。
でも、「高いから野菜購入を控えなきゃ」と意識したことは1度たりともありません。
それどころか、上記の野菜代には、越冬用に10kgずつまとめ買いした玉ネギ(¥500)、ジャガイモ(¥780)も含まれていることも付け加えておきましょう。

一体どうやって野菜代を格安で抑えているのか?
我が家の秘策をここに並べてみました。

①特売品を見逃さない
物を安く買うためには特売情報の入手が欠かせません。
我が家では、チラシを無料閲覧できるWEBサービス「Shufoo!」(→こちら)を毎朝欠かさずチェックしています。
その結果「白菜1玉¥195」、「ニンジン1袋¥128」等の目玉品情報に、アンテナがビビッと反応するようになりました。
反対に高値の物は店頭にあっても、まったく目に入りません(笑)

②“旬”感覚を大事にする
通年でたいていの野菜を楽しめる現代においても、葉物やトマト等は秋以降になるとグーンと値上がりします。
こうなると我が家は潔く購入を諦めるのが常。(そもそも眼中に入らない)
今の季節だからこそ楽しめる野菜(根菜類、カボチャ、水菜等)なら比較的安価だし、何と言っても美味しいので、季節外れの物は買う必要ありません。

ちなみに格安野菜の代表選手・モヤシは、我が家では「秋冬野菜」とみなしています。
他の野菜が手に入りやすい春夏の間は出番を抑え、その分これからジャンジャン登場させます。
こんなメリハリのつけ方も楽しいものです。

③すべてを無駄なく使い回す
キャベツや白菜は切り口から傷んでいくので、カットしたものではなく、1玉単位で購入し、外側から剥がしながら使います。
芯部分もお味噌汁やスープの具にして捨てることなどありません。
同様に、大根&ニンジンの皮や生椎茸の軸も甘辛く煮付けてキンピラに加工します。

インゲン、大根の葉っぱ等はすぐに茹でてラップ包装してホームフリージング。
加熱処理によってかさが減るので、保存スペースも圧迫しません。
冷蔵庫に貼ったホワイトボードに在庫状況を記入して、管理も徹底しています。

・・・いざ書き連ねてみると、どれも基本中の基本かも(照)。
でも、この3本柱を完璧に実行しているからこそ、野菜代も最低限に抑えられています。
これから年末まで、まだまだ野菜類は高いままでしょうが、キッチリ買って、キッチリお腹におさめていかねば!

「春になればニラがワサワサ庭に生えてくる♪」と、数ヶ月先を思い描いたり、
「長ネギは高いから、肉まんの具は玉ネギで」と、オリジナル料理を考案したり。
こんな遊び心を味わえるのも、今の時期ならでは。
食いしん坊のpooh家は、今日もお腹いっぱい野菜を食べて幸福感に浸っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

ペラペラの布切れ2枚が、夫の身体を守っています 

この2つのアイテム、一体何だと思いますか?
どちらも筒状のこの布切れ、①はフリース、②は綿素材です。 
2016112701IMGP7888.jpg
実は①については、昨冬の記事にてご紹介済み。
●参考過去記事
「そんな人いるの?」と不思議だった男性像。今シーズンから身近な存在に(→1/23の記事)


そう、①は夫・ケッチーくんが就寝時に頭にかぶるナイトキャップ。
本来はネックウォーマーだけど、必要としていたのは「後頭部の保温グッズ」だったこともあり、帽子として使っています。
頭頂部丸出しのマヌケ感を振りまきつつも、その効果はバッチリらしく、今シーズンのケッチーくんは日中も絶賛愛用中!(もちろん自宅内限定です)

そんな①に対して、②は外出用、こちらも彼の愛用品です。
素材は違えど、同じく筒状のこの布切れは、ケッチーくんのお腹を包んでいます。
そう、②は腹巻きなのです。

「オレ、お腹を冷やすと下痢しちゃうんだよ」
・・・彼に限らず、お腹の冷えは万人共通のウィークポイント。
しかし、腹部を守ることに関しては、彼のこだわりはハンパなものではありません。
なんせpoohがちょっと目を離すと、彼はシャツの裾をキッチリとズボンにINしてしまうのです。
144333435022601.jpg
いや、“シャツイン”でも、↑こんな風にオシャレならば問題ありません。
しかしケッチーくんの場合は、どう見ても「その裾は出すべき」と言うしかない状態です。
「全部入れないとお腹が冷える」と、彼は複数枚重ね着したトップスすべてを、ズボンにギューギュー押し込んでいるのですから(赤面)

「せめて一番上に着ているシャツだけは出したら?」
専属スタイリスト・poohの精一杯の妥協案も、ケッチーくんは受け入れません。
それどころか、「オレ、敏感ハラ(腹)だから」 などと言い出す始末。

「敏感肌」ならぬ「敏感ハラ」・・・ギリギリラインを突いてくるその造語センス。
思わずプッと噴き出してしまいつつも、やはり、はち切れんばかりのモコモコシルエットだけは何とかせねばなりません。
その結果、この腹巻きが彼の外出着(の内側)に加わったのです。

若い頃は冷え症状を訴えることなど、まったくなかったケッチーくん。
しかし年齢を重ねるにつれ、めっきり寒さに弱くなりました。
そんな彼の身体を守るのは、2枚の筒っぽ。
今や手放せない必需品のようです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

バランス良く・・・って意外と難しい

↓このヨガポーズ、以前のpoohは全然できませんでした。
201204-3-200x150.jpg
※画像は「サンデー新聞ウェブサイト」内の「キレイになれるヨガ」(→こちら)より拝借しました。

四つん這いになって、片脚・片腕を上げるだけです。
それなのに、あっという間にゴロンとひっくり返ってしまう自分に驚くやら、情けないやら。
以来、毎日せっせと習得に励んできました。
●参考過去記事:40年来の日課に新たなものが加わりました(→11/1の記事)

ちなみに夫・ケッチーくんは楽々とこなしています。
「こんなのチョロいよ」とポーズを決める彼に闘争心をかきたてられ、頑張り続けました。
その甲斐あって、なんとか姿勢を保ったまま深呼吸を繰り返せるように。
フフン、poohだって“やればできる子”なのです。

しかし、まだ完璧とは言えません。
左足&右手を上げるのは問題ないけれど、逆のパターンの右足&左手上げは、かなり不安定。
ユラユラ揺れてしまうので、相変わらずケッチーくんのツッコミが入ります。
「pooh、バランス悪いねぇ!」

どうやらpoohの身体は、いつのまにか随分と左右不均衡になっていた模様。
これも40数年生きてきた証でしょうか?
そういえば首をグルっと回してみても、右回りと左回り、それぞれの感触が違います。

利き手や習慣・クセで乱れた左右のバランスは整えた方が良いと聞いたことがあります。
poohもちょっと意識して修正していく必要がありそう。

そんな訳でpooh、いろいろな動作を左右それぞれで行なっています。
先述の四つん這いのポーズはもちろん、普段使わない左手で物を持ってみたりも。
左手での歯磨きなどは、もどかしいくらい違和感アリアリで大変ですが、コレも何らかのトレーニングになっているに違いありません。(たぶん)

長い年月の間にすっかり固まってしまった自分のスタイルを崩すのは結構大変。
でも、これはこれで新鮮味も感じます。
「モタモタだねぇ」というケッチーくんのツッコミをよそに、poohは今日も絶賛トレーニング中です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

当初の予想を上回る盛況ぶりです

毎朝起床すると、まず庭に出ていく夫・ケッチーくん。
彼には「スズメのエサやり」という重要任務があるのです。

ことの始まりは今年の2月。
スズメたちに向けて、彼は鳥エサでの“おもてなし”を開始しました。
最初は虚しいくらいの無視っぷりだったけれど、2ヶ月もするうちに固定客もつき、賑わいも加速化しています。
まさかこんなにも繁盛するとは!

<参考過去記事>
●私は影から見守るだけ。夫の“片思い”は実るのか?(→2/29の記事)
●夫の財布をアテにしているのは、私だけではありません(→6/1の記事)


警戒心の強いスズメゆえ、手から直接という訳にはいきませんが、餌場からケッチーくんが離れた瞬間を見計らってワラワラとやって来るようになりました。
繁殖期を終えた秋以降は集団行動がメインになることもあり、その数もハンパではありません。
地面上にも小さな茶色い物体がうごめいていて、ビックリすることもしばしば。

室内からその様子を眺めるpoohは、「19羽」、「24羽」とその数を言い当てるのがお約束。
いや実はコレ、決してきちんと数えているのではありません。
不世出の将棋棋士・升田幸三を気取ってみたいという只のミーハー心です(笑)

<升田幸三(1918-1991)とは?>
プロ将棋棋士。実力制第4代名人。
三冠独占などの輝かしい戦績は勿論のこと、その独創的な指し手、キャラクター、数々の逸話は、将棋界の歴史を語る上で欠かすことができない。


偉大なるこのお方は、電線に止まった大群のスズメの数を瞬時に言い当てたそう。
映像を記憶する「残像能力」が人並み優れて発達していたことを示すエピソードの1つですが、そもそも正解は誰にもわからない・・・
もしかしたら、“言ったもん勝ち”だったのかも(笑)
でも将棋界のレジェンドがやっていたと聞けば、マネしたくなりますよね。

そんなマヌケな1人遊びに興ずるpoohの目の前で、黙々とエサやりに勤しむケッチーくん。
そう、彼は今やスズメ村の村長さんなのです。
「数が増えたからエサも倍量にするよ」
「今後はお皿が凍っちゃうから、もう1枚用意して交互に使わないと」
どこの世界もリーダーは忙しいらしい(笑)

たかがスズメに、大の大人が2人揃ってハマっています。(各自方向性は異なりますが)
pooh家の庭の小さな村は、今日もチーチーと賑やかです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

吉野家の新企画にツッコミ魂をくすぐられました

吉野家の「牛すき鍋膳」の季節です。

固形燃料を使ったアツアツの鍋メニューは、冬季限定の人気商品。
poohもスタート時(2013年)以来のファンですが、実はこの鍋膳は、毎年何らかのマイナーチェンジがあることも忘れてはなりません。
まずは吉野家オフィシャルサイト(→こちら)で下調べをしてみました。

<2016年の「牛すき鍋膳」の特徴>
●野菜を増量
●“お持ち帰り”も可能に
●価格は¥650(並) ※昨年は¥630

更に、今年の鍋膳シリーズには新企画も登場。
その名も、「地域限定 ご当地鍋」!
吉野家 ご当地鍋
ベーシックなすき鍋と共に、昨年までの鍋膳にあったのは、「牛チゲ鍋」や「トマト牛鍋」。
しかし今年の吉野家は、5種類の「ご当地鍋」(各¥680)で勝負をかけて(?)きたのです。

①北海道豚味噌・・・北海道・東北・北関東・新潟
②横浜デミ牛・・・東京・神奈川・千葉・埼玉・山梨
③なごや鶏味噌・・・東海・富山・石川・福井
④なにわ牛カレー・・・関西
⑤博多とんこつ・・・中国・四国・九州・沖縄


札幌在住のpoohの周辺店舗では、①の豚味噌鍋が楽しめるという訳です。
これは美味しそうだと浮かれつつも、ある点に気づきました。
東北・北関東・新潟まで「北海道」とは・・・

いやはや、斬新なエリア分けです。
これでは「北海道」というよりは「北日本」でしょう。
⑤の「博多」も、「南日本」と称した方が適切なような・・・
そしてどちらも、首都圏エリア②との面積差がスゴすぎます。

しかもスポット的な地名使用の②~⑤に対し、①だけ都道府県名の「北海道」。
重箱の角をつつくかの如く、吉野家にツッコミを入れたくなりました(笑)

でも、このアンバランスなエリア分け&ネーミングにも、それなりの理由があるはずです。
例えば・・・
●「ご当地」を謳いたいが、効率性を考えると、エリア数は5つが限界。
●人口バランスを踏まえると、地方は大きめに括らざるを得ない。
●「食」のイメージを強くアピールするとなると、「札幌」よりも「北海道」がベスト。
・・・どれもpoohの憶測にすぎませんが、吉野家のメニュー開発担当者は相当頭を悩ませたに違いありません。

そんな「ご当地鍋」には、気になる点がもう1つあります。
「なにわ」の味が、カレーとは・・・

確固たるイメージを持つ他エリアと比べると、「大阪=カレー」は若干ビミョー。
まぁ、鍋料理にソース味という訳にもいかないだろうし、ここでも担当者の苦労が忍ばれます。

でも実はコレ、「大阪 カレー」で調べてみると、それなりの根拠はあるよう。
●大阪にはカレー店が多い
●カレー粉の国産第1号を作ったのはハチ食品(大阪)
●固形のカレールウを全国展開したのはハウス食品(大阪)
●世界初のレトルトカレーを作ったのは大塚食品(大阪)
・・・これだけ理由があれば、関西圏をカレー味にするのもアリでしょう。

さて、そんな訳で、夫・ケッチーくんと連れ立って、「北海道豚味噌鍋膳」を食してきました。
ネギがたっぷり乗った味噌仕立ての鍋は、確かに美味しかったです。
東北・北関東・新潟の方々も、ぜひお試し下さい♡

吉野家が総力あげて(←たぶん)企画したご当地鍋企画。
好評ならばそれぞれ全国展開の可能性もあるはず・・・などとpooh家は勝手に目論んでいます。

「オレは博多とんこつが食べたい」
「poohは名古屋。これはきっと八丁味噌仕立てだよね?」
せっかちな我が家は既に狙いも定めました。
来年あたり、登場するといいなぁ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

夫婦別々の時間は必要?

アーリーリタイアして以来、日常生活の大部分を夫・ケッチーくんと2人で過ごしています。
食事も一緒、テレビ鑑賞も一緒、買い物も一緒・・・共働き時代と比べると、2人一緒の時間は飛躍的に増えました。

「旦那さんとずっと一緒でケンカにならないの?」とよく聞かれますが、我が家は至って平和です。
四六時中一緒とは言え、各自のプライベートタイムもきっちり確保しているからでしょう。
相手の個人作業中は、まず声を掛けないのが我が家のルールです。

poohが当記事を作成している今この瞬間も、彼は彼で読書に没頭しています。
同じコタツに足をツッコんでいながら、まったく会話を交わさない我々の様子は、他人には「冷戦中」にしか見えないかも(笑)

そんなpooh家ですが、ごくたま~に別行動を取る機会も。
友人と遊びに出かけたり、自分の実家(市内)を訪問したり・・・主にpoohの単独外出が多いです。

ケッチーくんに見送られての外出はちょっと新鮮です。
普段は彼に合わせて早足モードですが、pooh1人ならばノンビリペース。
いつもなら目もくれない軒先のポスターや、店頭ディスプレイもじっくり眺めることが可能です。

当初の目的とは別に街中をぶらつく・・・これはpoohにとってちょっとした息抜き。
いくら気が合うとは言え、やはり1人の時間もどこかで欲しているのでしょう。
そんなこともあって外出の際は、本来の目的時間よりも早めに家を出ることが多いです。
「せっかくだから、どこかで一人ランチしてくるね~」というパターンです。

留守番のケッチーくんも、彼なりに一人時間を満喫しているよう。
poohの帰宅後、それぞれ単独行動で得た情報を報告しあうのも、これまたフレッシュです。

離れている時間が2人の絆を強くする
・・・というほどではないけれど(照)、やっぱり夫婦別々の時間は必要ですね。

来週火曜日11月22日は「いい夫婦の日」。
こういう日こそ夫婦一緒に・・・が一般的だけど、あえて別々の時間を過ごすのも悪くありません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

私の弱点はココだったのか! 

3年もブログを続けていると、どうしてもマンネリになりがちです。
ここ最近のpoohの小さな悩みでもありました。

日常生活を取り上げているので、ネタにはさほど困りません。
でも、それらを文章にまとめるにあたり、毎回似たものになってしまうのが問題です。
ここいらでちょっとテコ入れする必要があるのでは・・・とウッスラながらも感じていました。

そんな矢先、夫・ケッチーくんからアドバイスが。
「その場の状況描写も、時には必要だよ」

当ブログの更新タイム(隔日16:00)になると、毎回いち早く記事をチェックするケッチーくん。
しかし、その感想をpoohに伝えてくることは滅多にありません。
時折誤字脱字にツッコミを入れるくらいで、たいていの場合は無言です。
「poohのブログには口を出さない」というスタンスなのでしょう。

そんな彼が珍しく、ブログについて触れてきました。
「自分が感じたことばかりではなく、そこに至るまでの流れをシンプルに表現することも大事じゃないかな?」

なるほど~! 一読者からの指摘に、poohもヒザをバシバシ打って納得。
確かに、そこがpoohの文章に足りない部分です。
「何かオカシイ・・・」と常日頃からモヤモヤしていたのが、スッキリしました。

自分が感じたことを全面に出し続けることも大事だけれど、シーンによっては淡々と状況説明をする必要もあるはず。
毎回同じ調子では、作者poohはもちろん、読者の皆さんだって飽きてしまいます。
自分らしさという基盤は保ちつつ、時折スパイス的な変化もつけていかないと、このマンネリ感は打破できません。

「ケッチーくんも、たまにはいいこと言うね!」
せっかくのアドバイスなのに、“上から目線”で応じてしまうのはpoohの照れ隠し。
でも、このタイミングで指摘してもらえて良かったです。

そんな訳でpooh、今後もまた新たな道を模索していきます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

カレンダーでは把握できない情報に要注意!

世間の繁忙期を避けて外出を楽しめる・・・アーリーリタイア生活のメリットの1つです。
我が家のレジャーも平日施行がすっかり定番化しています。

外出の際にはカレンダーの事前チェックを怠りません。
「平日だと思っていたら祝日だった」という、“リタイア人間あるある現象”とも無縁です。(←あくまでも現時点では)
年々曜日感覚は鈍くなっているけれど、これさえ心がけておけば、まず問題ないでしょう。

そんな訳で、昨日の映画鑑賞も、ちゃ~んとカレンダーを見て日程を決めました。
月曜日の朝イチなら、すいているハズ!

ちなみに、お目当ての作品は「君の名は。」。
今更感アリアリですが(笑)、だからこそゆったりした快適空間を堪能できると目論みました。
なんせ、8/26から公開されている作品です。
今年度最大のヒット作とは言え、3ヶ月近く経った今なら集客も沈静化したに違いありません。
君の名は
月曜日の映画館状況も、これまでの経験でおおかた予測がつきます。
しかも我が家が狙うのは朝イチの回、混雑回避にはベストな選択でしょう。
メンズデーの月曜なら夫・ケッチーくんは¥1,100、女性のpoohもモーニング割引で¥1,300と、チケット代が合計¥2,400で済むのも魅力!

そんな訳で、夫婦連れ立って出かけてきました。
昨日の札幌はちょっと寒かったけれどお天気に恵まれ、なかなかのサイクリング日和。
しかし、いざ映画館に到着してみると
どう見ても休日としか思えない混雑ぶり(仰天)

チケット売場はもちろん、飲食コーナーやグッズ売場にもワラワラと人が並んでいました。
ホール内も、中央の良い席は既に埋まっているのです。

上映時間までまだ30分以上もあるのになぜ?
訝しみながら周囲を見渡すと、客層が小学生中心であることに気づきました。
保護者連れはもちろん、子供同士のグループも目立ちます。
そこでpooh、やっと気づきました。
どうやら今日は小学校の振替休日らしい・・・

この時期の市内小学校は「学習発表会」の季節です。
生徒たちが合唱・演劇等を保護者にお披露目するこの学校行事は、土曜or日曜開催がお約束。
その振替休日の存在を、子供がいない我が家はすっかり失念していました。

う~む、これはカレンダーでは把握できない情報です。
在職時は事前情報の入手も容易かったけれど、混雑を避けたいならば、今後は自らアンテナを張る必要もありますね。

そんな訳で、小学生軍団に囲まれて鑑賞してきた「君の名は。」
普段子供と接する機会がないゆえ、最初は違和感もあったけれど、評判通りの良作にすっかり惹き込まれて楽しめました。
高校生らしいフレッシュな恋愛観が、オジサン&オバサンの心にも染み入るものがあったのです。

でも、同じ映画を観た小学生たちの感想は、pooh家のものとはきっと違うはず。
「キミたちは、あの映画から何を感じたの?」と、聞いてみたかったけれど、さすがに遠慮しておきました。
月曜日の朝から映画館にいる中年夫婦こそが、彼らにとっては異質な存在ですものね(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

ちょっとした思いつきが、「コレ、商売になるかも」と思えるくらいの好結果を生み出しました

いただき物の柿&梨を前に、夫・ケッチーくんから提案がありました。
「これでマフィンを作ったらどうだろう?」

マンガ「きのう何食べた?」を参考にして、先日作った「りんごのマフィン」。
表面にドーンと乗ったリンゴが特徴のお菓子は、なかなかの出来でした。
市販型を買うことなく、牛乳パックで賄えた点も、彼のツボにハマったようです。
2016110724.jpg
●参考記事:百均グッズには頼りません。愛読マンガの1シーン再現に挑戦!(→11/7の記事)

マフィンに柿・梨とは斬新ですが、確かに面白そう。
両方とも加熱して食べたことはないけれど、試す価値はあるでしょう。
そんな訳で、またしてもマフィン型の工作作業に着手しました。

柿用&梨用にそれぞれ4個ずつ、計8個の型を作るには牛乳パックは2本分必要です。
でも、あいにく1本分しかなかったので、半分はA4サイズのコピー用紙を使うことに。
直径6.5㎝☓高さ6㎝の筒にし、ホチキスで留めました。

この中に、カップ状に成形したアルミホイルを入れればマフィン型の完成。
2016111301.jpg
あとは、マンガのレシピ通り。
薄力粉、バター、砂糖、卵、ベーキングパウダー、バニラエッセンスを混ぜ合わせ、くし切りにした果物をギュギュッと押し込むように乗せてオーブンで焼くだけ。
仕込み作業は15分ほどで済んでしまうのも、このマフィンの魅力です。

さぁ、焼けました!
2016111303.jpg
手前左が柿、右が梨です。

冷めるのを待ってワクワクしながら味見してみたところ、その美味しさにビックリ!
リンゴ使用時にも感じましたが、果物の水分を含んだマフィンがカスタードクリームっぽく、独特の味わいがあるのです。

「焼いた柿って、マンゴーっぽいね」
「梨は2㎝角のサイコロ状にカットした方がより良いかも」
「イチゴやメロンで作っても美味しいんじゃないかな?」
ケッチーくんと共に、大喜びで食しました。

こうなると、ついつい妄想が膨らむのがpoohのクセ。
「これは商売になるかも」などと、よこしまなことを考え始めました。
もちろん起業するつもりなどサラサラありませんが、店舗名まで決める暴走ぶり(笑)
その名も、「マダムpoohのフルーツマフィン工房」

商品をマフィンのみに絞れば、製作の手間&ロスは最低限で済みます。(ズボラ度高し)
また、トッピング素材を変えるだけで商品バリエーションは簡単に拡大可能。(ハリボテ度高し)
そして何よりも重視すべきは、1個あたり¥30+果物代で済むコストの低さです。
見栄えを整えてオシャレ感を演出すれば¥200以上で売れるかも。(ボッタクリ度高し)

「店舗は木目調をベースに、赤☓白ギンガムチェックをポイントにしたアーリーアメリカン風に」
「カフェコーナーも併設して、更に売上単価のアップを図ろう」
野望は無限大に広がるばかり。
どうせ妄想の世界ですもの、好きなだけ大風呂敷を広げましょう。

「ケッチーくんは経理担当、及び型の製作ね」と、地味な裏方作業は人に押し付けることも忘れません。
「フルーツマフィン考案者はオレなのに」という彼の抗議はスルーし、自分だけ広告塔としてマダム感たっぷりに微笑むシーンを思い描くpooh。
このマフィン工房、もしも本当に起業したとしても、あっという間にお家騒動まっしぐらでしょう(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

只今、我が家は「最狭モード」です

poohの家は4LDKの一戸建て。
夫婦2人暮らしなので、スペース的にはかなりゆったりしています。
かつての賃貸マンション時代と比べると、暮らしの快適度は格段に向上しました。
空間の余裕は、心の余裕にも繋がるのかもしれません

しかし、広い家には広い家なりのデメリットもあります。
家が広いと暖房費が余計にかかります。

ちなみに我が家の暖房器具は、1階リビングの灯油ストーブのみ。
CIMG1266.jpg
北国仕様のこのストーブは、かなり強力なタイプです。
しかし、「強力=灯油使用量も多い」ということ。
北海道の長い冬の間、毎日すべての部屋を暖めていたら、灯油代がとんでもないことになってしまいます(めまい)

締まり屋のpooh家ですから、当然その件にはシビアに向き合います。
そんな訳で、現在のリビングはこんな感じに。
2016111101.jpg

ちなみに気温が高かった頃↓
IMGP3945.jpg
2つの画像の最大の違いはコタツの有無ですが、今回のポイントはここではありません。
注目すべきは画像左奥の扉。
冬季はここを閉め切って、ストーブで暖めるエリアをリビング&キッチンに絞っているのです。

広いことが問題ならば、狭くすれば良いのです。

隣の部屋は、つい先月まで食事やブログ執筆時に使っていました。
でも冬の訪れと共に、生活活動の場はリビングに集約。
家全体を広々と使っていた生活から一変、今では1日の大半をこの部屋のみで過ごしています。

つまり、冬季の我が家のスペース稼働率は半分以下という訳。
空間を狭めて、ストーブによる室温上昇を早め、火力も「微少」で抑えています。
その結果、年間の灯油使用量は500L前後と、この辺りではかなり少なめ。
昨年に至っては422Lという本人たちですらビックリの記録を打ち立てたのですから、この室内縮小作戦、侮れません。

●参考過去記事:自宅滞在時間が増えたのに暖房費は大幅ダウン。我が家が編み出したその秘策(→2016年1/8の記事)

せっかく広い家なのに・・・という思いがよぎることもあるけれど、絶大な省エネ効果があるのですから、我が家はこれで満足。
また春を迎えたらスペース拡大すればいいのさ、とノンキにかまえて、今日もpoohは最狭モードの自宅で、チンマリ&ヌクヌクと過ごしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事