poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

「PENTAX Q7」、そろそろ欠点も目につきます・・・そんな訳で購入しました

先日購入したミラーレス一眼カメラ「PENTAX Q7」。
とても気に入っていますが、使っているうちに欠点も目についてきました。
にほんブログ村 トラコミュ ペンタックス(PENTAX)カメラへ
ペンタックス(PENTAX)カメラ

欠点:バッテリーの持ちが非常に悪い

ユーザーの誰もが口にする、Q7バッテリー問題。
「ここ、どうするんだっけ?」とムダにスイッチを押すことが多いこともあって、ハッと気づくとバッテリー警告状態に陥ることもしばしば。
シャッターを切りたい瞬間なのに、肝心の電池は充電中・・・業を煮やして予備分を購入することにしました。

こういった品の知識は皆無に等しいpoohなので、例によってネット検索を重ねました。
ペンタックスの純正電池だと¥2,000以上が相場です。
それしかないのならば仕方ないけれど、何か変わるものがあるかもしれません。

ROWAというメーカーの電池が一般的に人気らしい。

Q7に限らず、デジカメユーザーにはROWAの互換製品の愛用者も多いそう。
もちろん純正の方が安心感がありますが、ここはコスト優先でいこうと判断し、Amazonで購入。
20151102.jpg
互換 充電式 リチウムイオン バッテリー2個セット¥748

送料込みで2個¥748・・・こんなに安くて大丈夫なのかと不安もよぎりますが、何かが起きたらそれはそれ。
発送元の指示どおり、到着後すぐにフル充電しました。

充電電池の使用は最初が肝心らしい。

少し使って充電、また少し使って充電という扱いは、電池の寿命を短くするそう。
完全に使い切らないうちに新たに充電すると、「短時間しか働かなくてもよい」と電池が記憶してしまい、稼働時間が本来より短くなってしまうのです。
電気を使い切ってから次の充電、特に最初の数回が肝心らしい。
「三つ子の魂百まで」の言い伝え、人間だけではなく電池にも当てはまるのですね。

気温が低いと消耗も早いので、充電した電池はニット製の袋の中へ。
レンズ用に100均で購入したイス用ソックス(→10/17の記事)の余りをここで登場させました。
2015110202.jpg
どこまで効果があるのかはナゾですが、ニットの中でヌクヌクしている電池が、なんだかカワイク見えてきます(笑)

最近寒い日が続いていますが、明日からはまた少し暖かくなるそうです。
バッテリー問題もクリアできたことだし、またキューちゃんを携えて被写体探しに出かけようと考えているところです。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

「ガッテン」×「ノンストップ!」、二大巨頭の合わせ技でサンマを焼いてみました

録画したまま放ってあった「ためしてガッテン」』(毎水曜20:00~ NHK)をやっと見ました。
10/7の放送で、大好物のサンマが取り上げられていたのです。

● 「食秋だ!サンマが激うま 本当の食べ方発見SP」(→番組オフィシャルHP)
にほんブログ村 トラコミュ 自分らしく気まま生活!へ
自分らしく気まま生活!

今回の着眼点は「いかにジューシーにサンマを焼くか」。
火を通し過ぎないことが脂の流出を防ぐコツですが、美味しそうな焼き目をつけることを優先して、つい焼き過ぎてしまっているのが一般的だそうです。
その対応策として、「10倍希釈したみりんをサンマ表面に塗る」ことが推奨されていました。
スタジオで試食した山瀬まみちゃんも、石ちゃん(石塚英彦)も、「超美味しい!」と大絶賛していたみりん塗りサンマ。
これはもう試してみるしかないでしょう。

そこで、ふと思い出しました。
先月見た「ノンストップ!」(月~金曜9:50~ フジテレビ)で紹介されていたサンマ調理法も、なかなか効果があったのです。
それは「サンマに酢を塗る」というものでした。

<参考記事>
「『ノンストップ!』で紹介していたサンマの焼き方を試してみました」(→9/13の記事)


酢の働きは「サンマの皮を破れにくくする」。
対して、みりんは「焦げ目をつける」のが目的です。
両方一度に実行すれば、皮が破れず、キレイな焦げ目がついた最高の焼きサンマになるハズ。
酢×みりんによる化学反応はよくわからないけれど、やってみる価値はありそうです。
2015サンマ1
折しもスーパーで¥48(税抜き)の品を見つけたので、2尾GET。
少々小ぶりですが、なかなか美味しそうなサンマです。

<作り方>
①サンマの両面に酢を塗る。
②10分ほど置いた後、10倍希釈したみりんを①に塗り、塩を振る。
③30分ほど置いた後、余熱したコンロに②を入れ、4分焼く。
④サンマをひっくり返して2分焼き、火を止めてからコンロ内で2分放置。


まずは酢で皮を締めた方が良いだろうと考え、みりんの前に10分かけて馴染ませました。
化粧水の後、やや時間をおいてから次のステップ(乳液、クリーム等)に進むのが良いとされるお肌のお手入れと同様のイメージです。
指の腹を使って、優しく撫でるようにサンマに酢、みりんを塗りつけました。

「ガッテン」の焼き方は「表5分→裏4分→お皿の上で2分放置」ですが、こちらもpooh流アレンジに。
お皿の上ではせっかくの焼きたてが冷めてしまうので、コンロ内で放置することにしました。
余熱が残っているので全体の焼き時間も短めです。

大根おろしを添えて完成。
2015サンマ2
おおっ! なかなかいい具合の焼き上がりです。

さっそく箸を入れてみると、確かに皮はパリッ(酢の効果)とし、焦げ目もキレイ(みりん効果)です。
心配された味は「美味しい焼きサンマ」そのもの、酢やみりんの味はまったくしません。
「ガッテン」×「ノンストップ!」の合わせ技、大成功!

シンプルだからこそ意外と難しい焼きサンマ、我が家では酢&みりんが定番になりそう。
でも、また新ネタを得たら、試してみようとも思います。
キッチンはpoohにとっての実験室なのかもしれません(笑)

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

牛乳パックの型で作る「むき栗のカップケーキ」

むき栗を頂きました。
IMGP4105.jpg
にほんブログ村 トラコミュ 手作りパン、手作りお菓子のある暮らしへ
手作りパン、手作りお菓子のある暮らし

我が家ではまず買わない品なので、ここは有効活用せねばなりません。
いろいろ考えた結果、カップケーキの具にすることにしました。
IMGP4106.jpg
<材料(9個分)>
薄力粉、むき栗各100g、バター、砂糖各70g、卵2個、プレーンヨーグルト大さじ3、ベーキングパウダー小さじ2


カップケーキ型は紙製です。
70枚入りの100均製品を使っていますが、実はこれ、耐久性が非常に悪い。
なんせ初めて作った時は、容器が決壊して鉄板全体に生地が広がってしまうという大惨事に(汗)
CIMG2286.jpg
失敗から編み出したのが牛乳パック活用術。
牛乳パックを3㎝幅に切り、ホチキスで止めて輪っかを作成しました。
紙パックを入れればカップケーキ型の完成です。
IMGP4102.jpg
<牛乳パック活用術についての参考記事>
●「牛乳パックで100均のカップ容器を強化。ミニケーキ成功です!」(→2/17の記事)


<カップケーキの作り方>
①常温で柔らかくしたバターに砂糖を加えて練り、卵も混ぜる。
②薄力粉とベーキングパウダーをふるいながら①に加える。
③型に②を9等分し、荒く刻んだむき栗を乗せる。(栗は重いので自然に生地の中に沈む)
④オーブン170℃で20分。


泡立ての必要もなく、ただただ順番に材料を練り込んでいくだけなので超簡単。
あっという間に出来上がりました。
IMGP4109.jpg
栗をのぞいた9個分の材料費はおよそ¥185、1個あたり¥21(紙型代含む)。
バターを使うのでややお高めだけど、市販品と比べれば激安!

頂き物の栗×不用品の牛乳パックのコラボで、今日も美味しいおやつが楽しめます。
残った栗でまた作るつもりです。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

他人事だった老人問題が間近になりつつあります

母が入院することになりました。
病院に提出する書類の保証人になって欲しいと依頼され、実家に行ってきました。
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

実家は同じ市内なので、普段からちょこちょこ顔を出しています。
しかし基本的には両親の暮らしぶりはあまり把握していません。
高校卒業後に一人暮らしをスタートさせてから20余年、すっかり「よその家」になっています。

入院申込書の他に貸与物に関するものや問診票等、記入する書類はいろいろ。
両親&poohの3人でテーブルの上に広げ、あれやこれやと記入をしました。
そんな作業の中、彼らが書く文字の線が細く弱々しくなっていることに軽くショック・・・。
元気だとは思っていたけれど、両親ももう70代、すっかり「老人」なのです。

「消えるボールペンは、こういう書類には使わない方がいいんだよ」
「その欄には○○と記入すれば大丈夫」
子供時代に教えを請うていた親に対して、今やpoohが手取り足取り指示をしています。
素直に従う両親の姿が小さく見えて、胸の奥がツーンと痛くなりました。

書類記入後は、家に残る父の生活について打合せ。
定年退職してからボチボチ関わっていたとは言え、昭和世代の父はほとんど家事が出来ません。
ここ数年で洗濯・ゴミ出し・簡単な料理等を練習していたようですが、何とも不安なところです。

幸い周辺にはさまざまなお店があるので、まぁ何とかなるでしょう。
poohもおかず持参で顔を見せるつもりだし、妹宅も徒歩圏内。
「まずは火の元だけには気を付けてね」と念押ししながら、3人での打合せを終えました。

母の入院はもしかすると長期になるかもしれません。
今は元気な父も、これから少しずつ衰えていくでしょう。
夫・ケッチーくん側の両親にも、いつ何が起きるかわかりません。
両家とも同じ市内とは言え、まったくの逆方向、両方回るとなるとてんやわんや必至です。

今後を考えると不安でいっぱいですが、考えても仕方がないこと。
まずは心構えだけしておいて、そのつどベストな選択をしていこうと思います。
今出来るのは、多くの情報を収集して知識を蓄えておくことくらいでしょうか?

親のためはもちろん、これはpoohたち自身の備えでもあります。
20年、30年後にはpoohたちも「老人」。
子供がいない我が家には書類の書き方を教えてくれる人は誰もいません。
「自分たちで何とかする」と、今から覚悟しておかねばならないのです。

他人事だった老人問題が、いきなり現実的になってきました。
我が家のライフスタイルも、また変わっていくでしょう。
毎日更新していた当ブログにも変化があるかもしれませんが、「あぁ、poohさんはちょっと忙しいのだな」ということで、どうぞよろしくお願いします。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

ドラマ「下町ロケット」を見ていると、男性が羨ましくなっちゃいます

今クールのテレビドラマは「下町ロケット」がダントツで評判いいみたいですね。
poohも楽しく2週分を見ました。
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ
日常の小さなできごとを愛する生活

<ドラマ「下町ロケット」とは?>
TBS日曜劇場で10/18よりスタートしたテレビドラマ(毎週日曜21:00~)。
研究者の道をあきらめ、家業の町工場を継いだ佃航平(阿部寛)は、製品開発で業績を伸ばしていたが、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。
圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する中、国産ロケットを開発する巨大企業・帝国重工が、佃製作所が有するある部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。
特許を売れば窮地を脱することができる。
だが、その技術には佃の夢が詰まっていた・・・さて、どうなる?

※参考:TBSのオフィシャルHP(→こちら)

原作は2010年に発行された池井戸潤の小説(第145回直木賞受賞作)です。
poohも昨年読みましたが、池井戸作品らしいスピード感にすっかり夢中になりました。
現在、朝日新聞で続編が連載されており、11月には単行本が出版される予定とのこと。
こちらもぜひ読みたいなぁと、今から楽しみにしています。

さてそんな「下町ロケット」、ドラマの方も作り手側の意気込みをダイレクトに感じる作品です。
主役の阿部寛はもちろん、個性派ぞろいの脇役陣の熱演ぶりが見ものでしょう。
吉川晃司、安田顕、立川談春、池畑慎之助・・・各自それぞれ眼光鋭くドアップでテレビ画面に登場するさまは、まさに「顔芸」、「歌舞伎芸」(笑)
「日曜劇場、ここにあり!」と、つい叫んでしまいそうです。
※参考:10/21のYahoo!ニュース 「下町ロケット『顔芸対決』」が話題」(→こちら)

そんなこんなですっかり日曜日が楽しみになったpoohですが、このドラマを見ていると40代、50代の男性に羨ましさを感じます。

男性はシワも白髪も武器になるんですもの!

「ノンノボーイフレンド」としてモデルデビューした頃(1983年)から目にしている阿部寛、もちろん当時からバリバリのイケメンでしたが、今の方が断然魅力的。
バタ臭いハンサム(失礼)でしかなかった「アベちゃん」が、目尻のシワが加わったことによって、「こなれ感」漂う大人の男性になったのは、ここ最近の活躍ぶりにも顕著に表れています。

吉川晃司も然りです。
彼が「モニカ」でデビューしたのは1984年。
今回久々に目にした彼の髪が真っ白になっていることにビックリしました。
しかしドラマを見ているうちに、彼が「衰え」を全く感じさせないことに再び驚愕したのです。
白髪というより「シルバーアッシュ」というくらいの洗練感に満ち溢れていて、超ステキ♡

40代を迎えてからどんどん進行している白髪・たるみに悩んでいるpooh。
(丸顔のせいか、シワよりたるみの方が気になるタイプです)
シワも白髪もカッコよさに繋がる男性陣に憧れすら感じました。

よくよく考えてみると、女優さんにはこういうタイプは見かけません。
同じく「下町ロケット」に出演している倍賞美津子あたりがその線なのでしょうが、彼女は68歳。
pooh世代とはちょっと離れすぎているのです。
40~50代で「年齢相応」を感じさせる女優というと・・・思いつかないものですね。

薬師丸ひろ子(51歳)、天海祐希(48歳)、永作博美(45歳)、檀れい(44歳)、常盤貴子(43歳)、鈴木砂羽(43歳)・・・キレイな女優さんは沢山います。
「下町ロケット」なら真矢ミキ(51歳)・・・って言うか、ほとんど男性ばかりのドラマなので、あとは先述の賠償美津子と土屋太鳳ちゃんしかいないのですが(笑)

それにしても、どの女優さんも年齢相応というよりは、「年齢よりも若く見える」という表現が的確。
ツルツルお肌、白髪など1本もないロングヘアを保つことが「美しさ」の必須条件とも言えましょう。
なんだかんだ言っても「女性の美しさ=若さ」が現実なのです・・・。

こんなところにも男女間の違いがあるのかと、しみじみ感じています。
もちろん阿部寛も吉川晃司も恵俊彰も杉良太郎も、皆、昔と変わらない体型をキープしているからこそということも忘れてはなりません。
芸能人を目標にするのはおこがましいと思いつつも、poohも迫りくる老化と戦わねば!

大人の男の魅力でいっぱいの「下町ロケット」、今後も目が離せません。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

ハロウィンって、いつからこんなにメジャーになったの?

来たる10/31はハロウィンです。
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ
日常の小さなできごとを愛する生活

街のあちこちにオレンジ×紫のカボチャのキャラクターが飾られています。
スーパーのチラシも、ハロウィンパーティー用の惣菜やお菓子でいっぱい。
それを見ると何だか不思議な気持ちになります。

ハロウィン、いつからこんなにメジャーになったの?

poohが小学生だった頃は、こんなイベントはありませんでした。
通っていた子供英語教室で、たまたまその存在を知ったチビpooh、「海外では面白いことをするんだな」と驚いた記憶があります。
もちろんハロウィンコスプレをした経験もありません。
カボチャを食べる日と言えば12月の冬至を連想してしまう昭和世代です(笑)

調べてみると、ハロウィンが日本で認知されるようになったのは1990年代後半。
東京ディズニーランドでのイベント開催をきっかけに全国各地で広がったそうです。
2000年代になってからお菓子メーカーが相次いでハロウィン商戦に参入したことも市場の拡大に繋がっています。

こういったイベントは商売にはとても便利。
似たようなものとしては、節分の恵方巻が挙げられます。
もともとは関西地方限定だった「節分の丸かぶり」、1998年にセブンイレブンが「恵方巻」として全国発売したことによって、一気にメジャーになりました。
今では5月、8月、11月にも恵方巻を食べようという動きもあるくらいです。
土用の丑の日の蒲焼だって、もともとは江戸時代の鰻屋さんが夏に低迷する売上を何とかしようと売り出したものだと聞きますね。

家庭の主婦としても、「今日は○○を食べましょう」と提示があるのはありがたいもの。
毎日の献立に迷う身としては、決まり事は便利です。
「今日、○○を食べるのはこんな言い伝えがあるから」という会話には、食事を美味しく楽しくする効果さえあります。
季節を楽しむイベントは暮らしに彩りを添えてくれます。

しかしここ数年、毎年報道で目にする「ハロウィンコスプレの若者」の大騒ぎぶりは、さすがに目に余るものを感じます。
子供たちの「Trick or treat.(お菓子をくれないと悪戯するよ)」は微笑ましいけれど、いい年をした大人が集団で騒ぎ立てるのはただの暴徒でしかありません。
乱痴気騒ぎに加担することが彼らにとっては武勇伝なのでしょうが、どこをどう取り違えたらハロウィンがそんなイベントになるのやら・・・。
日頃の鬱憤を晴らしているのだろうけれど、そもそもハロウィンは秋の収穫を祝うごく普通のお祭り、その勘違いぶりには失笑するしかありません。

今年のハロウィンは大ごとにならないといいなぁと思いつつ、我が家は普段通りの生活です。
ハロウィンに限らず、恵方巻、土用の丑の日、クリスマス・・・・歳時記とはとんと縁を切っているのがpooh家流。
子供がいない四十路夫婦にはイベントなど必要ないのです。

20年後には、また全然違う歳時記が定番化しているかもしれません。
いずれにせよ、翌日以降のオツトメ品コーナーパトロールだけは今後も欠かさない我が家です。
プロモーションが盛り上がれば盛り上がるほど、終了後の残り物のバリエーションが豊かになるのが歳時記モノの性なのです。
今回は数日遅れのハロウィンカボチャ・・・今からちょっぴり楽しみです(笑)

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ


関連記事

増えた体重がやっと元に戻りました(ホッ)

日頃から常々心掛けていることがあります。
それは太らないようにすること!
にほんブログ村 トラコミュ 女性のための情報満載へ
女性のための情報満載

肥満は健康に悪いし、見栄えにも影響します。
現在持っている衣類を着用し続けるためにも太ることは禁物。
余計な支出を抑えるには体型キープは必須です。

14年前の結婚当初から、入浴後の体重測定を欠かさない我が家。
入浴後に計測し、お互いの数値を報告しあうのが習慣です。
200g増えただけで悲鳴をあげ、「今日は水を飲み過ぎた」、「ご飯を食べ過ぎた」と、キーキー言い訳を並べ立てるのも日常茶飯事(笑)

しかし、そのおかげでしょうか。
2人ともさほど体型に変動もなく、現在に至ります。
1、2㎏程度のプラスならなんとか戻せると、身を持って実感しています。

しかしこういった抑制は、一度タガが外れるとなし崩しになりがち。
先日9日間の旅行に出たpoohも、思い切りハメを外してしまいました。

旅行中は体力を使うから・・・と普段食べない朝食もモリモリ食べた上、各地の名物をお腹いっぱい堪能しました。
しかも大浴場に設置された体重計には見て見ぬふりを決め込んだのです。
もともと胃袋の大きさは人並み以上。
みるみるうちに肥えていくpoohに、夫・ケッチーくんから厳しい一言。

「pooh、どんどん“カッチャ”化しているね」

「カッチャ」って何?と思われた方も多いでしょう。
旅行先の青森県の方言で、「お母さん」という意味です。
ケッチーくん言うところの「カッチャ」は、2日目の朝に訪れた青森県八戸市JR陸奥湊駅前の「イサバのカッチャ」像のこと。
百聞は一見にしかず・・・その画像をご覧下さい。
CIMG3467.jpg
「イサバ」は魚市場の意味、つまり「イサバのカッチャ」とは「魚市場のお母さん」のこと。
左手にはイカを持ち、ドーンとたたずむその迫力は「海の女」の迫力満点(笑)

「断じて私はこんな姿ではない!」と否定できない自分が悔しい・・・。

それから1ヶ月、日々体操&ウォーキングに励んだ結果、なんとか体重は元に戻りました。
しかしもう四十路半ば、2㎏と言えど急激な体重の増減は身体にも負担がかかりそうです。

金輪際太らないためにも、このカッチャ像を戒めとして目につく場所に飾るべきなのかも。
しかし、現地で食べた新鮮な刺身定食の記憶とも連結しているカッチャ像、逆に食欲が増してしまう可能性も大アリです。
ミョーに自分に似ている画像を眺めながら、体型キープに向けて作戦を練っています。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ


関連記事

簡単で美味しい♪ 揚げないカレーパン

会社を退職してからほとんど口にしなくなった物の1つに「カレーパン」があります。
にほんブログ村 トラコミュ 手作りパン、手作りお菓子のある暮らしへ
手作りパン、手作りお菓子のある暮らし

会社員時代はランチとして時々食べていましたが、最近は購入する機会がありません。
無性に恋しくなって作ることにしました。

油で揚げるのは手間がかかるし、カロリーも気になるので、オーブン焼きです。
「揚げない揚げ物」はすっかりpoohの十八番です。

まずはパン生地をホームベーカリーでこねて1次発酵。

<パン生地材料>
強力粉250g、薄力粉50g、マーガリン20g、砂糖20g、塩4g、ドライイースト3g、水150cc
※出来た生地の2/3量でカレーパンを作りました。


折しも先日の夕飯のカレー(→10/14の記事)を冷凍してあったので、これを使用することに。
包みやすくするために、茹でたジャガイモを加えました。
IMGP3903.jpg

生地が出来たら後はカレーを包むだけ。
当初はそのまま焼くつもりでしたが、ふと思いついて衣も付けてみることに。

具を卵液にくぐらせてパン粉をまぶすのが一般的な衣です。
しかしpoohの揚げ物は、卵液の代わりにマヨネーズを使います。
これなら「卵液がビミョーに余る」という事態がないので便利だし、なんといっても美味しいのです!

<参考記事>
●「『揚げない揚げ物』には卵の代わりにマヨネーズを使います」(→2/22の記事)


カレーを包んだパン生地表面にマヨネーズを塗り、パン粉をまぶしました。
IMGP3907.jpg
表面にビッシリパン粉をまぶすつもりが、パン生地を潰さないよう扱うのに苦戦し上部だけ。
30分間2次発酵させた後、オーブン180℃で13分間焼きました。

可愛く焼き上がりました♡
IMGP3919.jpg
衣がサクサクしてなかなかの味です。
加熱するとマヨネーズの酸味は飛んでしまうので、まったく気になりません。
アッサリ味のカレーパンですが、やっぱり美味しいなぁと小さく感動しました。

実は今回、半分はそのまま焼き、残り半分にはオイルスプレーでサラダ油を噴きつけてみました。
比べてみた結果、見栄えも歯触りもさほど変化がありません。
なので今後は油なしでいこうと思います。

自宅で過ごすようになってから、時々「何にしようか?」と迷いが生じるランチメニュー。
カレーパン、定番としてちょくちょく食卓に上がることになりそうです。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ


関連記事

ビーズクッションのビーズ補充作業のコツ

先日、リビングをコタツ仕様に模様替えしました。(→10/19の記事)
IMGP3958.jpg
にほんブログ村 トラコミュ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし

毎年コタツと一緒に登場するのがビーズクッション。
4年前ニトリのアウトレットで購入した物で、¥3,900×2個(専用カバー代含む)でした。

体に沿って自在に形が変わるビーズクッションは快適です。
しかし4年を経てビーズがヘタッてきたのでしょう・・・最近は床の固さをお尻に感じるように。

「ビーズを補充しなくては」
ニトリに「補充用ビーズ」があることは以前から調べ済みです。
さっそく出かけ、税込み¥821の商品を1点購入しました。
IMGP4111.jpg
内容量は500g、45㎝角のクッションサイズの袋に入っています。
2個のビーズクッションに半量ずつ補充しようと考えました。

袋裏面に「補充のしかた」の説明がありました。
「床に新聞紙を敷き、ラップ等の芯を本体に差し込んでビーズを流し込む」とのこと。
IMGP4112.jpg
フムフムと納得しつつ、一応「ビーズクッション 補充」でネット検索してみるpooh。
通常よりもスムーズな方法があるはずと睨んだのです。
思った通り多くの体験談がありましたが、どれをとっても「苦戦しました」という内容ばかり。
ビーズをそこいら中にバラ撒いてしまったという悲劇が多々紹介されているではありませんかっ!

予想以上に難関らしいビーズ補充(汗)
トンデモないものに手を出してしまったとビビリながらも、もう後戻りはできません。
自分なりに対応策を練って挑戦することに。

【対応策①:作業は広い場所で】
6畳の和室を閉め切って「作業所」にしました。
「新聞紙を敷くとガサガサして逆に大変」という話もあったので、畳の上に直置きです。
IMGP4110.jpg
<その結果>
これは正解。
敷き物を用意するよりも、終了後、即掃除機をかける方が後始末が断然楽です。


【対応策②:開封時は細心の注意が必要】
クッション本体、補充ビーズ袋共に、開封時にビーズがドバ~ッと吹き出す恐れがあるとのこと。
直径1㎜ほどの白いビーズは静電気が起きやすく、一旦外に出てしまうと指でつまむのも容易ではありません。
作業終了まで口を上に向けるよう肝に命じておきましょう。
面倒がらずに本体カバーを外しておくことも、スムーズな作業への近道です。

<その結果>
ほぼ問題なく作業することが出来ました。
しかし、それでも数粒のビーズがこぼれたことは驚きです。
極小サイズのビーズ、なかなか油断ならない物体とも言えましょう。


【対応策③:オリジナル器具を作成】
説明書では「ラップの芯」を推奨していますが、体験者によると注ぎ口としては細過ぎて、なかなかビーズが移動しないそう。
「もっと太い筒を」と考え、牛乳パックで直径8㎝ほどの筒を作りました。
IMGP4117.jpg
<その結果>
この工作は大成功。
注ぎ口を大きくしたことにより、ビーズの移動がスムーズになりました。
それでもやっぱり静電気で思うように下に流れないビーズには悪戦苦闘・・・。

IMGP4120.jpg

数々の失敗談をもとにした研究の成果は十分発揮できたと思います。
しかし、重大な見落としもあったことを忘れてはなりません。

それはクッション本体の開封口。
「ファスナー式だろう」と思っていたのに、しっかり縫い合わされていたとは想定外。
IMGP4118.jpg
茫然としながら裁縫箱からリッパーを取り出し、チマチマ縫い目をほどくハメに・・・。

縫い目をほどくということは、縫合の必要性も発します。
手縫いでは強度に不安があるので、ミシンを引っ張り出しました。
あいにくボビンの白糸が切れていましたが、「どうせ見えない場所だからグリーンの糸でいいや」とテキトー魂全開で作業。
IMGP4124.jpg
伸縮性に富んだ生地は縫いにくいし、中のビーズが口に上がってこないように押さえつけながらのミシン作業はかなりの重労働。
2個分の補充作業に、結局1時間半もの時間を費やしました。

さて今回はなんとか最後までやり遂げましたが、「なんだ、このくらいなら簡単そう♪」と思われた方も多いかもしれません。
しかし、本当にビーズの扱いは大変です。
くれぐれも用心して取り掛かって下さい。
そして声を大にしてお伝えしたい最重要ポイントを忘れてはなりません。

ビーズ補充は1人では絶対ムリ!

袋の口を開ける時、筒からビーズを注ぐ時、ちょっと油断するとザザッとビーズが吹きこぼれます。
必ずや2人以上で行なうようにして下さい。

説明書にも「2人でおこなってください」と但し書きがあるけれど、小さい文字で目立ちません。
これはもう「お一人様には無謀です」と商品前面に大きく表記するべきだと感じつつ、なんとか作業を終えてホッとしているpoohなのでした。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ


関連記事

思い出の品は潔く処分。でも、こんな矛盾も・・・

東北(+α)旅行を終えた後、手元に残った物に、駅や現地で入手したチラシ、リーフレット等の紙類があります。
食事のレシートや、施設入館チケットの半券もモリモリ。
CIMG3802.jpg
にほんブログ村 トラコミュ 収納・片付けへ
収納・片付け

かつては、これらの紙類を持ち帰ることは避けていました。
旅行中は可能な限り身軽でいたいと考えて、ほとんど現地で破棄していたのです。
特に必要でなければ、最初の段階で受け取らないようにさえしていました。

しかし2年前にブログを開設して以降は、チラシ類も自宅に持ち帰るようになりました。
お店の正式名称や商品ごとの値段を振り返る資料として必要だからです
「後でネットで調べればいいや」と思っても、思い通りの情報が見つからないことは結構あるもの。
今回の旅行記作成の際も、これらの資料が大活躍でした。

<参考記事の一部>
 ●八戸~盛岡~平泉~仙台(→10/3の記事)
 ●郡山~宇都宮~日光(→10/4の記事)
 ●会津若松~新潟(→10/6の記事)


しかし、記事をまとめた後はこれらも全てお役御免です。
思い出の品として保管する方も多いようですが、poohはとっとと捨ててしまいます。
子供のいない我が家では、取っておいてもいずれは処分すること必須。
役目は果たしたと判断し、そのつど潔く手放すように努めています。

ホテルの領収書やフェリーの搭乗券等、個人情報が記載されている書類も結構多いので、1枚1枚確認しながら破棄しています。
「後でやろう」と思って溜めてしまうと、シュレッダーにかけるのも大仕事。
片づけはコマメに行なうのがやっぱり一番だと思います。

「ああ、こんな所にも行ったなぁ、楽しかったなぁ」
道中を振り返りながら片づけていた中、こんな物を発見!
CIMG3800.jpg
フェリー船内で頂いた「ソフトクリーム無料券」!

帰路に利用した新潟→小樽のフェリー。
高級ホテルを思わせる船内は、18時間の船旅を飽きさせないための工夫満載でした。
明るくてキレイな共有施設はもちろん、映画上映やピアノコンサートまで用意されていたのです。
乗船直後に催されたビンゴ大会では、我が家もそれぞれオリジナルグッズ(クリアファイル、メモ帳)を景品として手にしましたっけ。
CIMG3768.jpg

ビンゴですっかり味を占めたpooh家、「船内クイズラリー」にも参加しました。
船内を歩き回りながら5ヶ所に貼られたポスターを探し、クイズに回答するというもの。
「この船の全長は?(答:199.9m)」等のごくごく簡単なクイズ問題は、周囲を見渡せば正解があるものばかり。
すっかり童心に帰って楽しんだ四十路夫婦です(笑)

回答用紙提出後、「景品が当たるといいね♪」とワクワクしていましたが、その後とんでもない船酔いに2人揃って悩まされたのは記憶に新しいところ・・・(痛恨)

<参考記事>
 ●「長年の夢、とんだ修羅場に・・・」(→10/7の記事)


個室に布団を敷いて横たわるのが精一杯という有様だったのに、クイズラリー当選者の発表時間にヨロヨロと船内ロビーまで確認に行った夫・ケッチーくん。
「オレの分が当たっていたよ」と持ち帰ってきたものが、上記のソフトクリーム券でしたっけ。

普段のpoohなら大喜びで喫茶コーナーに向かったはず。
しかしこの時はソフトクリームどころか、水すら飲みたくないという史上最大の体調不良。
「せっかくの景品が・・・」とうなされつつ、どうにもこうにもならないまま翌朝を迎えました。

「くううっ、今ならソフトクリームなんか何本でもイケるのに・・・」
「今航海中のみ有効です」の文字を見ながら、今更ながら悔しがるpooh。
絶不調の中、ロビーまでわざわざ赴いたケッチーくんのことを「根性出し過ぎ」とせせら笑っていましたが、それ以上の執念深さとも言えましょう(笑)

潔く物を処分することを推奨しておきながら、ソフトクリームには執着する己に矛盾を感じつつ、今日も旅の思い出に浸っています。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ


関連記事