poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > 2015年09月06日

長老オーブンレンジ

基本的にpooh家の家電は長寿です。
その中でも長老クラスに属しているのが、オーブンレンジです。
にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ
日常の小さなできごとを愛する生活

なんせ購入したのはpoohがピチピチ(笑)の新入社員だった頃。
初めてのボーナスで手に入れたのが、このオーブンレンジでした。
CIMG0756.jpg
以来20年以上愛用しています。
その間、引越しも数回したし、結婚もして調理食材も2人分に増えました。

我が家ではお浸し等は電子レンジで作ることが多いので、ほぼ毎日使っています。
トースターとしてパンをトーストすることもしょっちゅう。
アーリーリタイアをして時間の余裕が出来てからは、自家製パンやお菓子も作るようになったのでオーブン機能の使用回数も増加しました。
かなり酷使しています。

「そろそろ新しいものに買い替えよう」
もう数年前から、そんな話をしていますが、未だにこれを使っています。
最新機種と比べたら消費電力も大きいだろうし、使い勝手もイマイチですが、なんせ壊れません。
「まだまだ頑張る!」というレンジくんの声が聞こえてきます。

「まぁ、今のところはこれでもいいや」と、使い続けています。
特に不便も感じないし、これはこれで愛着もありますから。

しかし! 頑丈さが取り柄だったレンジにも遂に変調が生じてきました。
電子レンジ使用後、一旦扉を開けて食材を取り出した後にも「チン音」が鳴るのです。
もう中身がないというのに、「調理完成!完成!」と必死にお知らせしてくるレンジくんの叫びに、「うるさいなぁ」と感じることもしばしば。

おそらく、扉を開けると通常は解除されるセンサー機能が鈍くなっているのでしょう。
再度扉を開けて閉め直すと鳴りやみますが、最近ではそれもダメで、いちいち「取消」ボタンを押して音を止めるまでになりました。
「とうとう、コイツもボケてきたか・・・」と夫・ケッチーくんと苦笑い。

「コイツも」、これは5年前まで飼っていたネコを思い出してのセリフ。
16歳で天寿をまっとうした可愛いネコでしたが、晩年はボケが進行していたようで、エサを食べても食べても「もっとくれ!」と大騒ぎしていたのです。

人間も年を取ると食事をしたことすら忘れてしまうことがあると耳にします。
我が家のお婆ちゃんネコもまさにそのタイプでした。
ガッツリ食べた直後でも、ほんの数分後には「何も食べていない」と必死におねだりしていました。
まるで赤ちゃんネコに戻ったかのような無邪気な表情に愛しさを感じつつも、「ボケる」とはこんな状態なのか、いつか我々も・・・と寂しく思った記憶があります。

このレンジも老化と共にボケが進行してきたようです。
それでも「たまにだからいいか」と思っていたら、どんどん頻発するようになってきました。
遂には扉を開けたままでも「チン」と鳴るまでに!

「人間もネコも家電も、同じなんだねぇ」
ボケても体力は有り余っているタイプの老オーブンレンジですが、その最期は着々と近づいているようです。
ウンともスンとも言わなくなる日もすぐそこでしょう。
早めに後継機種を探しておこうと思います。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事