poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

重曹とベーキングパウダー、違いはあるのか? 

数年ぶりにベーキングパウダー(以下BP)を購入しました。
450g入りの大容量、¥710です。
CIMG3334.jpg
にほんブログ村 トラコミュ 手作りおうちごはんへ
手作りおうちごはん

「ふくらし粉」としてお菓子作りには欠かせないBP。
でも、我が家ではここしばらく使っていませんでした。
重曹で代用していたからです。

蒸しパンもホットケーキも、重曹で生地を膨らませていました。
クッキー生地にも少量入れるとサクサクになります。
もちろん食用なので、掃除用の重曹(1㎏¥300程度)よりも精度の高い製品をセレクトしていましたが、それでも500g¥348とBPより安価です。
コスパの良さはダントツなのです。

しかし、コスパにうるさいpoohがあえて今回BPを購入したのはなぜでしょうか?
その理由:重曹とBPは別物だから。

一体どこがどう違うのか、表にまとめてみました。
重曹BP
成分の欄を見てわかる通り、重曹に酸性剤や分散財を加えたものがBPです。
重曹をより使いやすく改良したものと考えて良いでしょう。

重曹を使って膨らませたお菓子は、ややモッタリした仕上がりです。
アルカリ成分が強いので、生地の色味も黄色っぽくなります。
どら焼きやホットケーキなら、逆に美味しそうな色合いになりますが、白く仕上げたいお菓子には重曹は不向き。

そして重曹の一番の欠点はその苦味。
ちょっと多めに入れてしまうと、本当に苦いお菓子になってしまうのです。
何度か失敗したこともあって、poohが作るホットケーキは「小麦粉300gに対して、重曹小さじ1(約4g)」と、かなり重曹の割合を少なくしたレシピ(→3/6の記事)になりました。
でも、これで何十回と作り、今や「重曹ホットケーキ」はpoohの十八番とも言えるメニューです。

「膨らみやすいBPで作れば、より美味しいホットケーキが作れるに違いない」
数年ぶりに手にしたBPで、さっそくランチ作りに取り掛かりました。
CIMG3335.jpg
<材料>
薄力粉300g、砂糖100g、BP大さじ1+小さじ1/2、卵3個、プレーンヨーグルト約150g、バニラエッセンス少々、水150ccくらい


すっかり重曹に慣れた身には、倍量以上も使用するBPにちょっとビックリ。
「こんなに入れたら苦くならないのか?」という不安が渦巻きます。

そんなこんなで完成したもの。
CIMG3336.jpg
やけにブサイク(痛恨)

水を加えたとたん炭酸ガスが発生するBP、その膨らみ具合の勘が読めず予想外に四苦八苦。
「BPの方が使いやすい」と言うのが定説ですが、いやはやなんとも・・・(汗)

「ホットケーキ修行、またイチから出直しか・・・」
キレイにふんわり膨らませるコツをつかむまで、練習を重ねる必要がありそうです。
BPならではの白くてフワフワなホットケーキの実現に向けて、2週間に1回のペースで作ることになりそう。
「修行」を口実に好物が食べられると、内心シメシメ気分のpoohなのでした。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事