poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

夫婦2人でのアーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

オンナの年齢は“手”に表れる。そんな訳でハンドケアは欠かしません

「オンナの年齢は“手”に表れる」と、よく言われます。
実際、顔よりも衰えが目立つのが手だとも言えましょう。
人目に付くパーツなのに、化粧でカバーすることも出来ないのですから。
にほんブログ村 トラコミュ 女性のための情報満載へ
女性のための情報満載

毎日の仕事や家事で酷使される手は、日頃のお手入れで大きな差が付きます。
コマメにハンドクリームを塗り、保湿に努めるのが一番効果的と言われています。

会社員時代は自分のデスクにハンドクリームを常備して、しょっちゅう塗りこんでいたpoohですが、退職以降はその頻度が減りました。
そのくせ、ランチを自炊するようになったので、水に触る回数は倍増しています。
気づいた時にクリームを塗るように心がけているとは言え、やはりハンドケアの習慣は減少気味。

手がカサつきやすい冬なら、もう少し気を付けていられます。
しかし夏場は、ついついズボラになってしまうのです。
これはいたって問題・・・。
「夏が終わるたびに、オンナは1つ老け込む」とも言うではないですかっ(切実)。

そんな訳で最近、新しい習慣を取り入れました。
CIMG3237.jpg
ブログ記事の作成時には、ハンドクリームを塗り、綿手袋を装着しよう。

就寝前にハンドクリームを塗って手袋をすると、翌朝手がスベスベになります。
ハンドケアとしてはオーソドックスな方法なので、実行している女性も多いでしょう。

しかし・・・poohにとっては、これは冬期限定の手段です。
気温が高くなると、寝ている間に手袋を外してしまうんですもの(笑)。

寝ている時がムリならば、日中手袋をすれば良い。
       ↓
日課としているブログ記事作成タイムに実施しよう。


こんな流れで、ここ最近は白い手袋をはめた状態でPCに向かっています。
その結果、手がキレイになってきました!(あくまでも本人主観)

手袋をしてキーボードを叩くpoohを見て、夫・ケッチーくんは「暑くないの?」と不思議がります。
確かに少々暑い・・・しかしこのムレた感じが、クリームの浸透効果に繋がっているような気もするので我慢できちゃうのです。
こういうところでは粘り強さを発揮する(=執念深い)pooh、ヘコタレることなどありません。

今日もバスガイドさながらの白手袋姿で、poohは記事作成に勤しんでいます。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

エビで鯛・・・いえ、ウナギが釣れちゃいました

市内の実家へ遊びに行ってきました。
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

手土産は自家製手打ちうどん(→7/28の記事)
家庭菜園で採れたズッキーニも2本、ついでに市販のタクアンを燻した「自家製いぶりがっこ」も持参することにしました。

実家は両親の2人暮らしなので、それぞれの量はほんのわずか。
コストは限りなくゼロに近い手土産です(笑)
しかし、彼らが最も喜ぶ物は「娘の手作り品」、金額は気にする必要はありません。

「パスタマシンで、うどんを作ったよ」
「畑はズッキーニが旬。もうすぐインゲンが収穫できる予定」
「ガスコンロでほんの10分加熱するだけで自家製燻製が作れるんだ」

poohの近況報告用のネタとしても、これらの品はピッタリなのです。
両親も珍しがって、あれやこれやと質問してきます。

身内なので、当然ラッピングなんてコジャレた細工は行ないません。
なんせ、「The 昭和世代」の母ですもの、キレイな包装紙で包もうものなら、折り畳んで保管してしまうのがオチですから(笑)。
余計な物を持ち込まないのは、娘としての配慮とも言えましょう。

うどんを入れていたタッパーは、実家で中身を入れ替えて持ち帰ります。
空のタッパーを自分のバッグに入れようとした時、母から一言。
「これ、持って帰りなさい」
CIMG3229.jpg
おおっ!ウナギの蒲焼きではないですか(喜)
これぞエビで鯛を釣る・・・いえ、うどんでウナギが釣れました(笑)

夫・ケッチーくんの実家に行く際も、ホームベーカリー製のパンや家庭菜園収穫物等を手土産にしています。
最近は「手作りの品を贈答用に使うのはマナー違反」という風潮もありますが、親子ならば市販品よりもずっと喜ばれること請け合い。

そして毎回、持参品以上の物を頂いて帰ってくるノンキなpooh家。
「これも親孝行の1つだよね~」と自分に言い訳しながら、いくつになっても変わらない親心を噛みしめています。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

アーリーリタイアはゴールではありません

我が家が「アーリーリタイア」というライフスタイルを考え始めたのは、2001年の結婚当初から。
それから退職まで13年間を要しましたが、「リタイアがゴールだ」というスタンスで日々を過ごしていた訳ではありません。
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

もちろん常に節約を意識し、資金を貯める努力は怠りませんでした。
しかし、それは「リタイアのため」というよりは、「暮しのムダを省く」のが目的だったのです。

「リタイアまであと○年」、「あと○○万円」とカウントダウンすることもほとんどありませんでした。
年々増えていた会社での業務をまっとうすることに比重を置きつつ、少ないプライベートタイムをいかに効率良く過ごせるかを考えるようにしていました。
「節約」、「貯蓄」は、夫婦共通の趣味みたいなものだったのです。

「いつかはアーリーリタイア」という目標はおぼろげに持ちつつも、2人で協力して生活の基盤を固めることを最重視していました。

13年を経て、生活は緩やかに小さくなり、尚且つ安定しました。
もともと似ていた2人の価値観が、より近いものになったのも会社員時代があったからです。
そんな中、夫婦それぞれ会社で良いタイミングがあったので、退職を決断した次第です。

改めて振り返ってみると、すべて自然の流れだったような気がします。
何にあらがうことなく、流れに乗って、ここまで来ました。
そして、今後も留まることなく、まだまだ先に向かって流れていくのです。

アーリーリタイアはゴールではありません。
そりゃそうです、まだ四十路半ば、人生の折り返し地点といっても良いくらいです。
通過点の1つにしか過ぎません。

アーリーリタイアは、鉄道旅行の乗り換えのようなもの。
このまま同じ電車に乗っていても進めるけれど、ちょうど良く別の電車を見つけて乗り換えて、また先に進んでいるところなのです。
行き先は常に前方。
事前にしっかり準備しておけば迷うことなく、最後は終着駅に着きますから。
imagesPG927MDT.jpg
今後も自然の流れに乗って暮らしていくつもりです。
そのためには、やはり計画的に旅支度を整えておかねばなりません。
次の乗り換え電車にタイミングよく乗れるようにしておくためにも、日々の生活を大事にしていこうと思います。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

パスタマシンでうどん作り

10年程前は、「手打ちパスタ作り」を趣味としていたpooh。
デュラムセモリナ粉に卵、塩を加えてこね、平打ち麺や細麺等あれやこれやと作っていました。
にほんブログ村 トラコミュ ランチなに食べました?へ
ランチなに食べました?

夫・ケッチーくんはというと、「手打ち蕎麦作り」が趣味でした。
poohと出会う前から作っていたそうなので、手打ち麺に関しては、彼の方がキャリアがあるとも言えましょう。
“かえし”も自分で作るという、「男のこだわり」ぶりを発揮していました。

7、8年前まで、それぞれ自分の麺作りを趣味としていたpooh家でしたが、その後仕事が忙しくなったこともあり、いつのまにかフェードアウト。
あれこれ道具を揃えたくせに、なんとなく面倒になって距離を置いていました。

その後、アーリーリタイアしてから、再び「麺を打とうか」という気持ちが湧いてきました。
しかし、パスタ&蕎麦は、少々敷居が高いのも事実です。
材料のデュラムセモリナ粉や蕎麦粉が結構高額なのですね。
その辺のスーパーには販売していないのも腰が引ける一因です。

「もともと家にある物で手軽に作りたい」
こだわりの趣味というよりは、ただ「何かを作りたい」という欲求解消を優先するならば、
手打ちうどんが一番です。

うどんの材料は小麦粉です。
本来ならば「うどん粉(中力粉)」を使いますが、強力粉+薄力粉でも可能です。

しかも、pooh家にはこんな秘密兵器があることを忘れてはなりません。
パスタマシンと蕎麦用こね鉢!
CIMG1625.jpg
かつての「こだわりの趣味」の道具が、格段にうどん作りをスムーズにしてくれるのです。

もちろんボウルで粉をこねて、包丁で切ってもうどんは作れます。
しかし、ドッシリとしたこね鉢は安定性に優れているし、生地を伸ばしてカットするプロセスもパスタマシンなら超簡単。
「家にある物を利用した」という自己満足にもおおいに浸れます。

<材料(5人前)>
強力粉、薄力粉各250g、塩15g、水230cc
CIMG3218.jpg
<作り方>
①強力粉と薄力粉に塩と水を混ぜ、5分間休ませる。
②よくこねた後、30分以上休ませる。

手でこねるだけでも良いのですが、よりコシが強いうどんにするには足踏みが一番。
ビニール袋に生地を入れて床に置き、足踏み→丸める→足踏みと丹念に練り込みました。
CIMG3220.jpg
③パスタマシンのローラーに数回通す。
④パスタマシンのカッターで切り、麺にする。

CIMG3222.jpgCIMG3223.jpg
完成した麺は冷蔵庫で24時間以上熟成させます。
食べ頃は48~60時間後。
たっぷりのお湯で6分間茹で、流水でしっかり洗ってザルに上げます。

濃いめの麺つゆをかけ、すりおろした大根&ショウガをトッピングすれば完成!
CIMG3233.jpg
麺700g分の材料費はおよそ¥75。
たっぷり食べても1人前¥20以下でぶっかけうどんを堪能しました。

かつてのパスタ&蕎麦と比べると、格段にコストが安いうどん作り。
テクニックを要する蕎麦と違って、まず失敗しないのも魅力です。
趣味として長続きさせるなら、こだわりのハードルを下げた方がpooh家向き。
まさに麺のごとく「細く長く」、今後も麺打ちを楽しんでいこうと思います。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

チャンス到来とばかりに、アイスクリーム(っぽい物)を作ってみました

冷蔵庫は基本スカスカの我が家ですが、冷凍庫はいつも満員御礼です。
特売時に購入した食材をあれやこれやと入れているからです。
にほんブログ村 トラコミュ 手作りパン、手作りお菓子のある暮らしへ
手作りパン、手作りお菓子のある暮らし

肉、ウィンナー、納豆はもちろん、ピザチーズや粒あん等もラップで小分け包装して冷凍保存。
今の時期は、株主優待で届いたタラコ&明太子も大事な冷凍ストック品です。
残りご飯やホームベーカリー製の食パン、庭で採れたニラのお浸し等の自宅加工品も冷凍して出番待ち状態です。

開封した海苔や乾物類も、冷凍庫に入れるのがpooh流です。
湿気にくいのでオススメです。

そんな中、たまたま冷凍庫にちょっとした空きスペースが出来ました。
ここぞとばかりに、以前から作ってみたかった物に挑戦することに。

それはアイスクリーム。
先日購入したお菓子のレシピ本(→7/16の記事)で目にして以来、「冷凍庫が空いたら作ろう」と決めていたのです。

材料は牛乳、卵黄、生クリーム、砂糖、バニラビーンズ。
基本的にこれらを混ぜ合わせて加熱し、冷やし固めるだけなのですから簡単そう。
冷凍庫から時々出してかき混ぜ、空気を含ませることが最大のコツです。

生クリーム以外の材料は既に手元にあります。
そこでふと思いつきました。
「生クリームなしで、アイスクリームを作れないだろうか?」

ネットで調べてみると、生クリームの代わりに卵白を泡立てて作っているレシピもありました。
そうとなれば話は早い!
数点のレシピを組み合わせて、我流アレンジでアイスクリーム作りに取り掛かりました。
CIMG3212.jpg
<材料>
牛乳250cc、卵3個、砂糖70g、バニラエッセンス

<作り方>
①鍋に卵黄、砂糖を入れ、白っぽくなるまで混ぜ合わせる。
②牛乳を加えて中火にかけ、ヘラでかき混ぜる。(沸騰禁物)
③火からおろした②を泡だて器で空気を含ますように混ぜながら冷やす。
④ボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーでメレンゲにする。
⑤④のボウルに③とバニラエッセンスを加え、空気を含ませながら混ぜ合わせる。
⑥タッパーに移し冷凍庫へ。表面が固まったら全体をかき混ぜる×3回。
 

ミントの葉をトッピングして完成!
CIMG3217.jpg
画像を見てわかる通り、「アイスクリーム」と名乗るにはネットリ感が少ない仕上がりになりました。
シャクシャクした食感はシャーベットに近いです。
でも、味はアイスクリームっぽくて、これはこれで美味しいです。

今回の材料費:およそ¥78
夫婦2人の2回分のおやつになったので、1人前¥20以下(喜)

今回のアイスクリーム(っぽい物)、さっぱりしていて、暑い日には本物よりもpooh好み。
とは言え、近いうちに生クリームを購入して、きちんとした物にもチャレンジしたい。
その日に備えて、しばらくは冷凍庫の空きスペースもkeepしておきたいのですが、特売品に巡り合ってしまったら、きっとそちらを優先させてしまうpoohなのでした。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

「つま先立ち」で、日々トレーニングしています

2年前に会社を退職して以来、すっかり遠ざかったものがあります。
それはハイヒールの靴。
にほんブログ村 トラコミュ 女性のための情報満載へ
女性のための情報満載

かつてはハイヒールを履いていることが多かったpooh。
ヒールを履くと、その分足が長くなり、洋服がカッコよくキマります。
常に5~7㎝のヒールで、文字通り「底上げ」していました。

学生時代からスタートしたので、ハイヒール歴は20年以上。
たまにペタンコ靴を履くと違和感を感じるくらいでした。
ハイヒールは我が身の一部だったのです。

しかし、退職以降は自宅メインの生活となり、靴そのものを履く機会が減りました。
外出時はスニーカーです。
夫婦での外出が増えたため、夫・ケッチーくん(←超早足)に置いていかれないようにすることが最優先になりました。
自転車に乗ることも多いので、今やハイヒールの出番はほぼありません。

そんな生活に慣れた中、最近ハッと気づきました。
ペタペタと歩く己の姿、すっかりかつての緊張感を失っているのではないですか(汗)。

「こ、これはマズイ・・・」
焦りを覚えたpoohです。
しかし、1人でのんびり歩く時ならまだしも、デイリーにハイヒールを履くのは、現在のライフスタイルでは不可能というもの。

そんな訳で、新規取り組みを自身に課しました。
「つま先立ちタイム」を設定しよう!

ハイヒールを履くと、つま先立ちになり、自然とピシッと背筋が伸び、お腹や背中の筋肉にも緊張感がみなぎります。
身体に1本芯が通った感じとも言えましょう。
調べてみると、つま先立ちは体幹を鍛えるトレーニングとして有効だそう。
これはもう実行あるのみ!

歯磨きやキッチンでの調理時等は意識的につま先立ちをするようになりました。
時々かかとをつけて上下に動かしたりもしています。
階段の上り下りの際も、つま先だけでトントンと軽やかに歩いています。

その際は、お尻に力を入れてキュッと引き締めることが大事。
極力脚に力をいれず、おへそとお尻を意識してつま先立ちをするのが美脚効果を高める秘訣らしいのです。
脚に力を入れていると、ふくらはぎが太くなってしまうそう。
それは何としても避けたいところです。

効果のほどは不明ですが、やっぱり継続は力なり。
続けることによって数年後には何らかの違いがあるかもしれません。
ダラダラとしているよりも、つま先立ちでトントン歩いている方が動きも機敏になって優雅な雰囲気も味わえます。

今後もお召かし時にはハイヒールで出かけることもあるでしょう。
その時ヨロけて歩けない・・・なんてことがないように、日々のトレーニングとして続けていこうと思います。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

夫からの誕生日プレゼントで、レアチーズケーキを作りました

先日、誕生日を迎えました。
にほんブログ村 トラコミュ 女性のための情報満載へ
女性のための情報満載

「大人になると誕生日を迎えるのがイヤになる」といいますが、やっぱりいくつになっても嬉しいものです。
夫・ケッチーくんから誕生日プレゼントも貰いました。
CIMG3199.jpg
(左から)生クリーム、森永マリービスケット、クリームチーズ

「これがプレゼント?」とドン引きした方もいるでしょう(笑)
「普段の買い物と、何ら変わらないではないかっ!」という声も聞こえてきそうです。

いえいえ、そんなことはありません。
poohが希望して買ってもらった「誕生日プレゼント」です。
総額¥600以下とは言え、こういった嗜好品は贅沢品。
そうホイホイとは買えるものではないのです。

リクエストさえすれば、ケッチーくんはもっと高額な物でも買ってくれたでしょう。(たぶん)
我が家にとってお互いの誕生日は、「普段手が出ない品をプレゼントする日」なのです。
柳宗理のパスタ鍋もその1つ。
CIMG3215.jpg
愛用のパスタマシン(→2014年8/7の記事)も10年程前に貰った物です。
ケッチーくんの誕生日には、poohからそば包丁をプレゼントしたこともありました。

しかし、そういった実用品もあらかた保有している(つもりの)現在、「欲しいものは?」と尋ねられても、もう何も思い浮かびません。
それでもせっかくの誕生日なので、どこかのお店で美味しいケーキを買ってもらおうか・・・と考えていた中、ふと思いつきました。
「自作ケーキの材料を買ってもらおう!」

以前から作ってみたかったお菓子があるのです。
それは、レアチーズケーキ。
しかし、1箱¥300~¥400もするクリームチーズの値段におののき、躊躇していました。
普段のおやつにするには材料費がかかり過ぎます。

しかし、誕生日プレゼントとしてなら、何ら気にすることはありません。
「欲しいものを貰う」、今のpoohが欲しているのはレアチーズの材料なのです!

そんな訳で、上述した3点の品を買ってもらいました。
本やネットでレシピを調べて、ちょこちょこ我流でアレンジし挑戦!

<材料>
●土台:マリービスケット21枚(約100g)、バター40g
●レアチーズ:クリームチーズ200g、プレーンヨーグルト200g、生クリーム180ml、砂糖90g、ゼラチン、レモン汁各大さじ1

<作り方>
①マリービスケットは粉々に砕き、溶かしバターを加えて練り、型に入れて冷やし固める。
②クリームチーズを電子レンジで柔らかくし、砂糖、ヨーグルト、レモン汁を混ぜ合わせる。
③生クリームを八分立てに泡立て、②と合わせる。
④水でふやかしたゼラチンを電子レンジで温め、③に加えてよく混ぜる。
⑤型に入った①の上に④を流しこみ、冷蔵庫で冷やす。


大きめのパウンド型いっぱいに出来上がりました。
CIMG3204.jpg
これを6分の1にカットして盛付けするのですが、型から取り出すのに四苦八苦。
2人がかりでフライ返し等を駆使し、やっとの思いでお皿にのせました。
CIMG3211.jpg
「マダムpoohのバースデーレアチーズ」

元々自宅にあった材料も含めて、かかったコストは総額¥700ほど。
1人前で¥120以下です。

「お誕生日おめでとう!」
誕生日前夜、当日、翌日と3日間連続で食べました。
まさに「poohオタ(お誕生日の略)感謝祭」です(笑)。

クリームチーズを思い切り使ったお菓子はやっぱり美味しいです。
秋のケッチーくんの誕生日には、poohが材料費を出してベイクドチーズケーキに挑戦してみようかなと、今から計画を練っています。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

「収納が広ければスッキリ暮らせる」なんて思っていませんか?

室内がスッキリしている我が家。
「この家は収納が充実しているからだね」と来訪者から言われます。
にほんブログ村 トラコミュ 収納・片付けへ
収納・片付け

確かにそれも一理あると思います。
中古で購入した現在の住居は、もともとのオーナーが建てた注文住宅。
納戸もあるし、各部屋ごとに押入れ・クローゼット、階段下や床下にも収納スペースがある家です。
かなり恵まれた環境だと思います。

中でも圧巻なのはダイニングルームの壁面でしょう。
天井から床ギリギリまで一面すべてが収納スペースなのです。
CIMG1108.jpg
奥行も90㎝と深いので、その気になれば何でも入れ放題です。
しかしながら、扉を開けてみると・・・
CIMG3201.jpg
中はガラガラ(笑)

細かく仕切られて、それぞれに引出しやポールが取り付けられた使いやすい収納ではありますが、どこを開けてもこんな調子です。
その他の部屋も同様です。
和室の押し入れもスカスカだし、キッチンの床下収納に至っては何も入れていません。
シンクに備え付けられた引出しも半分は空っぽです。
CIMG3202.jpg
まさに「宝の持ち腐れ」状態(笑)。
とは言え、入れる物がないのだから、こうするしかないのです。
我が家の場合、「スッキリしているのは収納が多いから」ではなく、もともと物がないのです。

そもそも収納スペースだって「家の中」です。
表面上に物がなくても、収納にビッチリ物が入っていては、逆に管理も大変です。
所有していることを失念してしまいがちだし、何より掃除が面倒になるからです。

収納スペースは意外と埃がたまりやすい場所です。
キッチリと扉を閉めていても、いつの間にやら綿ぼこりや髪の毛等が入り込んでいます。
空気の通りが悪くて、カビが発生していることもあります。
大事に仕舞い込んでいたがために、物をダメにしてしまった・・・という苦い経験、かつてはやらかしていたものでした。

そんな失敗を避けるには、コマメに中を掃除するしかありません。
しかし中身が詰まっていると、出したり仕舞ったりの手間がかかります。
そういう面倒な作業は嫌いなpooh、収納する品々を少しずつ減らしていくようになりました。
随時チェックをして、不要と判断した物は処分していったのです。

その結果、徐々に収納スペースがスカスカになっていきました。
今では掃除も楽々です。
時々開放して、空気の入れ替えをするだけで十分スッキリするのですから。

収納が多いと家の中がスッキリするというのは幻想にしか過ぎません。
家全体の物を減らしていくことが大事なのです。
空っぽの引出しを今後も少しずつ増やして、我が家の快適度をUPさせていくつもりです。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

コスパ良し、使い勝手良し! 家庭菜園最強キングにズッキーニを推奨します

家庭菜園の収穫が本格的になってきました。
只今の旬はズッキーニ。
CIMG3188.jpg
にほんブログ村 トラコミュ みんなで楽しく家庭菜園へ
みんなで楽しく家庭菜園

キュウリに似ているズッキーニですが、実はカボチャの仲間です。
もともとはメキシコの巨大カボチャが祖先種で、16世紀にヨーロッパに持ち込まれたそう。
でも本格的に普及したのは20世紀に入ってからという、比較的新しい野菜です。

日本でもかつてはあまり見かけなかったズッキーニも、最近はメジャー傾向。
スーパーでも今の季節なら¥100以下です。
しかし、年間食費15万円(月平均¥12,500)のpooh家には、高嶺の花とも言えましょう。

しかし、そんな贅沢野菜も自分で育てれば格安に楽しめます。
我が家は市販の苗ではなく、種(1袋¥194)から育てているので更にコスパが良いのです。
1株の収穫量は1シーズンで10本~15本。
我が家は2株(今年は3株)育てているので、毎年30本は収穫しています。
ほんの数十円の元手で¥100×30本=¥3,000分のズッキーニを楽しんでいるという訳です。

「ズッキーニは家庭菜園のコスパ王」
poohは自信を持ってオススメします。

でも、そんなにズッキーニばかり食べられるのか?という疑問を持つ方もいるかもしれません。
その答えは・・・もちろん余裕で食べられます!

ズッキーニは煮て良し、焼いて良し、炒めて良し、ナマでも良しの万能野菜なのですから。

<その①:煮る>
ズッキーニを使った献立の代表格が「ラタトゥイユ」、南仏・ニースの野菜煮込み料理です。
ズッキーニ、玉ねぎ、ニンジン等をニンニク&オリーブ油で炒めて、トマト缶を加えて煮ればOK。
ベーコンや鶏肉等を入れると旨みも倍増、冷やして食べても美味しいです。

※余談ですが、オシャレイメージのある「ラタトゥイユ」、フランスでは軍隊や刑務所で出される料理であったため、日本語におけるいわゆる「臭い飯」と同意語として使われることもあるそうです(笑)

味付けを醤油ベースにしても美味しいです。
我が家ではズッキーニをヒジキの煮物に入れたり、お味噌汁の具にもしています。

<その②:焼く>
オーブンで肉等を焼く時に一緒に入れたりしています。
ピザやトーストに乗せても美味しいですね。
油を引かないフライパンで素焼きにして、カツオ節醤油で食べるのもシンプルでオススメ。

<その③:炒める>
野菜炒めの具材としても重宝するズッキーニ。
輪切りや短冊切り、千切り等、切り方を変えるだけでそのイメージも変幻自在です。
食感はナスに似ていますが、ナスほど油を吸わないのも嬉しいところ。
塩焼きそばに入れてみたところ、これまた感動モノの味でした。

<その④:そのままナマで>
薄くスライスしてドレッシングをかければサラダとしても楽しめます。
砂糖+酢の甘酢に漬け込めばナマスにもなるし、ぬか漬けでもOK。
ズッキーニは皮が柔らかいので、調理の手間もかかりません。

調理法はもとより、味付けも和洋中、何でもイケるのがズッキーニなのです。
我が家ではあまりしない揚げ物も、ホクホクして美味しいそうです。

そんなズッキーニ、日々いろいろ楽しんでいます。
先日はコレを作りました。
CIMG3189.jpg
「ズッキーニチャンプルー」です。
毎年絶対1回は食卓に登場させる我が家の定番メニュー、沖縄の家庭料理「ゴーヤチャンプルー」からヒントを得たオリジナルです。

<材料>
ズッキーニ1本、豆腐1丁、卵2個、醤油、塩、カツオ節、炒め油

<作り方>
①豆腐はパックから出して、重石を乗せて水切り。
②ズッキーニは拍子切り。
③中華鍋で①を炒め、取り出す。
④同じ中華鍋で②を炒め、塩で味付けをし、溶き卵を加える。
⑤③の豆腐を加え、醤油で味付け→カツオ節をトッピング。


簡単なのに、おかずとしての満足度が高い一品。
ズッキーニの偉大さをしみじみ感じながら、我が家の夏の味を堪能しているpoohなのでした。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

10年以上眠っていた鉄製フライパン、遂に復活!

愛用していたフライパンが寿命を迎えました。
にほんブログ村 トラコミュ 頑張らない節約へ
頑張らない節約

しかし、poohは慌てません。
この日のために用意していたフライパンが手元にあるんですもの。
CIMG3197.jpg
先代がテフロン加工だったのに対し、これは鉄製です。
両方とも夫・ケッチーくんが独身時代に自分で購入して使っていたものです。
いわば「婿入り道具」とも言えましょう。

結婚当初、なぜ複数必要なのかと尋ねるpoohに、彼は得意げに説明してくれました。
「『「美味しんぼ』で、卵料理には専用フライパンを持つことを推奨していたからね!」

鉄製フライパンが卵用、テフロンはその他もろもろ用と区別していたケッチーくん。
しかし、いちいち使い分けるのは意外と面倒で、結婚以降はテフロン1つで済ませていました。
一緒にキッチンに立つpoohが面倒がったことも一因ですが、所詮彼のこだわりもその程度(笑)。
そもそも、オムレツやスクランブルエッグ等の「卵のみ料理」はあまり登場しない我が家なのです。

そのままキッチンの片隅に仕舞い込まれていた鉄製フライパン。
時々収納棚から出して眺めつつも、かれこれ10年以上使っていませんでした。
不要品は潔く手放す主義の我が家なのに、あえて手元に残したのには理由があります。

近い将来、必ずや鉄製の出番が来るから。
テフロン加工は長く使える物ではないと分かっていたからです。

テフロンとはフッ素樹脂の一種です。
今では表面加工したフライパンを「テフロン」とひとまとめにしていますが、もともとはアメリカの化学会社・デュポン社の商品名。
表面に樹脂加工が施してあるフライパンは、「料理が焦げ付きにくい」「少ない油で調理が出来る」「汚れが落ちやすい」といった特色があり、調理や手入れが簡単です。

とても便利なテフロンですが、耐久性に劣るという欠点があります。
金属製のヘラを使わない、ゴシゴシ洗わない等、注意しても、いずれコーティングが剥がれます。
一旦剥がれると買い替えるしかありません。

安い品だと寿命1年とも言われるテフロン、我が家では10年以上ももってしまったのは計算外でしたが、遂に鉄製の出番到来です。
復帰1作目として、ホットケーキを作ることにしました。

ホットケーキはpooh家の定番ランチメニューです(→3/6の記事)
手慣れていることもあり、いつも通りスイスイと焼き上げました。
「やっぱり鉄製を残しておいて正解だった」と喜びつつ口にしてみたところ、表面の口どけが良く、いつもより美味しいことにビックリ!

鉄製フライパンで作った方が料理は美味しくなるのだろうか?
調べてみたところ、以下の理由によって、鉄製の方が味に優れていることが判明しました。

①鉄は油の馴染みが良い。
鉄の表面には、ミクロン単位の多数小さな穴が形成されています。
その穴は油をしっかりと抱き込み、加熱すると鍋の表面が薄い油膜で覆われます。
その結果、食材が均等に油と触れるので表面の焼きムラがなくなり、 口どけが良くなります。

②テフロン加工と比較すると、鉄は熱伝導が良い。
鉄は蓄熱性と放熱性の均衡が取れているため、 食材にダイレクトに熱を伝えられます。
その結果、火の通りが良く、料理が美味しく仕上がります。

使い込めば使い込むほど油がなじみ、こびりつきが無くなる鉄製フライパンは、上手に使えばほぼ永久的に使えるのも嬉しいところ。
使用後はたわしでこすって、コンロで加熱し水分を飛ばすことがお手入れのポイントです。(洗剤は絶対NG)

今後のpooh家の料理は、最期の時を迎えるまで鉄製フライパンにおまかせです。
これまでの空白期間を取り戻すべく、どんどん活躍させていこうと思います。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事