poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

「きのう何食べた?」の黒蜜を作ったら・・・

夫婦円満のためには、味覚の好みが似ていることも重要です。
毎日の食事で、「美味しい」を共感することは生きる喜びにも繋がるからです。
にほんブログ村 トラコミュ 手作りパン、手作りお菓子のある暮らしへ
手作りパン、手作りお菓子のある暮らし

pooh&ケッチーくんも常日頃から「美味しいね」と語り合いながら食事をしています。
2人揃って好き嫌いがないのも気が合う理由。
ただし、ケッチーくんはこの世でたった1つだけ、苦手なものがあります。

「きな粉」です。

「パフパフして美味しくないから」というのが彼の言い分。
なので我が家では、きな粉を使ったお菓子は買わない&作らないことにしています。
お互いを思いやるのも夫婦円満のコツなのです。
(・・・と、きな粉ごときで“貞淑な妻”を演じるのも作戦の1つです(笑))

さて、そんなpooh家ですが、今回は「あんみつ」を作りました。
CIMG2496.jpg
赤エンドウ豆も干し杏子も入っていないシンプルなあんみつ、なかなか美味しいです。
あんこは見切り品で購入した1㎏¥108の市販品ですが、寒天と黒蜜が自家製です。

●寒天:粉寒天4g、砂糖50g、水500ccを煮溶かして、冷やし固め、サイの目に切る。
●黒蜜:黒糖80g、水100ccを火にかけ、ハチミツ大さじ2を加え煮詰める。

先日も「poohのご飯作りの強い味方!」と紹介したマンガ「きのう何食べた?」(→3/20の記事)、ここでも登場。
CIMG2516.jpg
<引用>「きのう何食べた?」②巻 よしながふみ:著

固めた寒天が余ったので、翌日は更にシンプルに、あんこなしの「黒蜜寒天」にしました。
CIMG2498.jpg
「甘味処モード」に勢いがついたので、今度はタピオカ粉で「わらび餅」も作ってみました。
本来は黒蜜&きな粉で食べるわらび餅ですが、先述したとおり、きな粉はないので黒蜜だけ。
CIMG2526.jpg
包丁で上手く切れなくて、スプーンで適当にちぎって盛付けたので、コンニャクみたいですが(苦笑)、黒蜜だけのわらび餅、これはこれでいい感じ。

「美味しいね!」と微笑みながら、ケッチーくんに同意を求めたところ
「オレ、黒蜜好きじゃない」という衝撃の返答が(驚)

「どれも黒蜜がかかっていない方が美味しいと思う」と言うケッチーくん。
なんということでしょう!
こんなにもpoohは気に入っているというのに。

似ているところもあるけれど、やっぱり夫婦は他人同士なんだなぁと改めて気づきました。
14年間一緒に暮らしていても、まだまだ気づいていないこともあるようです。
こういう新発見を面白がるくらいの心の余裕も、長年のつきあいには必要です。

「ケッチーくんが食べないということは、残った黒蜜はすべてpoohのモノ。
普段はキッカリ半分こにしている甘いモノを独り占めできる!」
心の中で拍手喝采中のpoohです。
どんなことも自分に都合良く解釈して、機嫌よく暮らしていくのも、やっぱり夫婦円満のコツだと思います(笑)。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

豚かたまり肉が手に入ったら、必ず「塩豚」にしちゃいます

この1年でグッと値上りしてしまったもの・・・あれやこれやとありますが、
豚肉 もお高くなりましたね。
にほんブログ村 トラコミュ 手作りおうちごはんへ
手作りおうちごはん

もともと好物なので、しょっちゅう豚肉を食べていたpooh家ですが、最近はご無沙汰気味。
夕方、見切り品になっている確率がとみに低下しているのです。
それでも、ひき肉やこま切れ肉の値引きシール付きに出くわす日もありますが、実はpoohが一番所望するのはかたまり肉。
これが見切り品になる可能性は、今やほぼゼロ(悲)。

「切るのが面倒だから、かたまり肉は避ける」と言う声も耳にしますが、かたまりならではの良さは見逃せません。
好みの厚さで楽しめるので使いでがあるし、何より空気に触れる面が少ないので長持ち&美味しいのです。

今回は、pooh家自慢のかたまり肉・活用術をご紹介しましょう。
その名も「塩豚」!

作り方は簡単です。
CIMG2474.jpg
<材料>
豚かたまり肉(ロースでもバラ肉でも可)、塩

今回は100g¥97の特売で国産ロース肉を入手しました。
かたまりのまま、表面に塩を擦り込んでラップで包み、冷蔵庫に入れるだけ。
2日後からが食べごろ、1週間は軽く持ちます。

今回は2日間に分けて食べました。
①ショウガ焼き
CIMG2495.jpg
②バルサミコソース焼き
CIMG2497.jpg
「お皿が違うだけじゃないか」と言う声も聞こえてきそうな2枚の画像(笑)
肉自体の差もわからないし、付け合わせのキャベツ・モヤシ・ポテトサラダも2連チャンですが、そんな些細なことは吹き飛ばすくらいの味わいです。
どちらも5㎜程度の厚さにスライスしますが、塩で締めているおかげで素人にも切りやすいのも塩豚の扱いやすさ。

①②それぞれの作り方も記載しておきましょう。 

①ショウガ焼き
・ショウガ2片を擦りおろし、醤油大さじ2、砂糖大さじ1、酒大さじ1と合わせる。
・スライスした塩豚を漬け込み、サラダ油を引いたフライパンで焼く。

②バルサミコソース焼き
・スライスした塩豚をオリーブ油を引いたフライパンで焼く。
・バルサミコ酢大さじ2、擦りおろしニンニク1/2片、醤油大さじ2、コショウを加え、煮詰める。

肉を熟成させることによって、ソースにさほど手を加えなくても旨みが堪能できます。
味がしっかりしているので、一緒に添える野菜類にはドレッシング等は不要です。

熟成・・・なんと誘惑的な言葉なのでしょう。
そういえば、poohもすっかり熟女の域に入っています。
熟することによって幅を広げていけるよう、塩豚を見習って今後も精進していこうと思います(笑)

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

後任選びは多くの業界の悩みのタネ。町内会も同様です。

昨春からの町内会・班長業務も、いよいよ任期終了を迎えます。
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

<参考:町内会についての過去記事>
●「班長さんになっちゃいました・・・」(→5/20の記事)
●「これも町内会役員としての重要ミッションなのです」(→12/10の記事)
●「想定外の町内会業務!年末ならではの任務に挑戦」(→12/28の記事)

町内会費の集金、毎月1回の広報誌宅配等、あれこれ手間がかかった班長業務。
「1年間限定」だからこそ、前向きに取り組めたのだと思います。

年度末を迎えるにあたって、「役員会」の案内が届きました。
最初で最後の集会です。
詳細を読むと、「各班長は後任者の氏名をその時にお知らせ下さい」とありました。

ここで初めて気づいたのですが、班長人事は現職による指名制らしい(驚)。

昨春、「平成26年度・班長をお願いします」と、我が家にやってきたのは裏のお宅。
班長業務は家の並び順の当番制だと勝手に認識していましたが、どうやら若干違ったようです。
さて、poohは誰に後任をお願いすればいいのでしょうか?

大丈夫、その心配には及びません。
1年前に班長を引き受けた瞬間から、poohは次の目星をつけていたんですもの!

それはpooh家のお隣です。
5年前、poohが現在の家に住み始めてから3ヶ月後に引っ越してこられたお宅なのです。
古い住宅街の中で数少ないpooh家よりも新参者。
もちろん、班長未経験者です。

昨年5月、班長としての最初のミッション「町内会費の集金」の時点で
「来年はよろしくお願いします(ニッコリ)」とお隣に話をつけておいたpooh。
当時は家の並び順だと思っていてのセリフだったのですが、お隣の奥さんもすっかり覚悟は決めていた様子、サクッと引き受けてもらえるはずです。

町内会役員は後任のメドを早めに立てておくべし。
早め早めの手回しがポイントなのです。

そして、次代をお願いするからには、引継ぎも気持ちよく行いたいものです。
昨年は前任者から口頭でササッと説明を受けただけでしたが、こういう事は書面の方がスムーズなはず。

引き受けた時点で1年後の引継ぎを想定していたpoohは、その準備も万全に整えておきました。
「町内会」ファイルをPCに作成し、新しい業務を終えるたびに、その手順を箇条書きでまとめ、マニュアルを作成したのです。
1年分でA4サイズ1枚、「マニュアル」というには簡素なものですが、「これが班長の仕事です」と手渡しすれば引継ぎは完了する予定です。

自分の業務を遂行しながら、次代に向けての引継ぎを準備しておく。
会社員時代に培った技を活かすことが出来ました。
班長としての任務もまっとうし、スッキリした気分のpoohなのでした。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

年間食費公開。食費が増えない3つの技とは

先日、我が家の年間生活費の決算報告をしました(→3/25の記事)
にほんブログ村 トラコミュ ◇家計簿*お金事情*◇へ
◇家計簿*お金事情*◇

特筆すべきは食費です。
年間予算15万円に対して¥144,631(前年¥150,879)。
これはpooh家の14年間で最高の好記録、初めて15万円を切りました。
平均すると月額¥12,052です。

会社を辞めて夫婦ともども自宅で過ごすようになって1年半。
当初は「食費は増えるだろう」と予測していました。

会社員時代は「ランチは各自のお小遣いから」だったのです。
それぞれ外食していたので、毎月1万円×2人=2万円程度をランチに費やしていました。

現在も週イチペースで外食ランチを楽しんでいますが、これは株主優待券利用やケッチーくんのお小遣いから。
普段は自宅での自炊ランチになりました。
それなら食費UPも免れないはずなのに、減るとは不思議な現象です。

過去3年間の食費を内訳毎に分けて表にしました。
2014食費改
※消費増税にあたって外税方式に変更したお店があるため、2014年度より「消費税」項目追加。

・2012年度(通年会社員)¥164,086
・2013年度(途中で退職)¥150,879
・2014年度(通年自宅)¥144,631
食費計は、なだらかに減少しています。

しかし内訳ごとに数字を追うと、大きな違いがあります。
●増加したもの:主食、調味料、乾物、消費税
●減少したもの:肉・魚、野菜、果物、加工品、嗜好品

「減少したもの」を検証すると、リタイア以降に編み出した3つの技が判明しました。

①底値買いの追求
②食材の使い回し強化
③家庭菜園の効率上昇


①底値買いの追求
会社員時代は時間優先、「買える時に買う」を基本とし、さほど価格を気にしていませんでした。
しかし今では時間はたっぷりあるのです。
夕方のウォーキングでスーパーに行けば、オツトメ品チェックを欠かしません。
新聞の折り込みチラシで特売情報を見かければ、少々遠いお店にも足を運んでいます。
肉・魚、野菜、卵・乳製品類は圧倒的底値でほぼ賄えるようになりました。

②食材の使い回し強化
手元にある食材を効率よく使い回せるよう、献立スケジュールをキッチリ立てています。
乾物の利用頻度も増えました。
大根の皮をキンピラにしたり、小麦粉をこねてパンや肉まん、麺を作ったりと工夫するようになったので、嗜好品や加工品の購入も減りました。

③家庭菜園の効率上昇
現在の家に越してきた5年前から始めた家庭菜園。
野菜を育てる技術も向上したし、収穫物を干したり佃煮にしたりと加工する工夫も学びました。
ブラックベリーのジャム(→8/22の記事)のおかげで、朝食のヨーグルト用のドライプルーンの購入も減り、果物の買い上げも大幅ダウンにつなげています。

本来ならば主食や調味料と同様に、肉・魚や野菜類も増加するところを①~③の技によって、食費全体の額を抑えているのです。

以前の記事でも「アーリーリタイアしたら光熱費が減った」とお話ししていますが(→3/10の記事)、時間と手間をかけることは食費の節約にも直結するのが実証されました

結論:時間の余裕は節約の強い味方である。

しかし、これはアーリーリタイアしたからこそ実現できたこと。
多忙な現代人ならば、ある程度はお金をかけて時間を節約した方が効率的だとも思います。

さて、年間食費15万円は達成したpoohですが、これ以上の食費節約は考えていません。
健康や楽しみを優先して、今後も美味しくご飯を食べていくつもりです。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

ほっともっとのチキン南蛮弁当の「南蛮」って?

持ち帰り弁当の最大手・ほっともっとが「チキン南蛮弁当」を¥100引きで提供中です。
株主優待券を使って、さっそくpoohも食べました。
CIMG2525.jpg
通常価格¥500が¥400です。(3/31(火)まで)

しかし、pooh家はいつも白飯なしの「おかず単品」。
「おかず単品」なら¥100安いので通常価格¥400、今回の割引期間中なら¥300です。
¥300×2点=¥600
株主優待券に現金¥100を追加するだけで、2人分のおかずになるのですからお得感もバッチリ♪
ご飯は自分で炊いた方がお腹いっぱい食べられるという点も、大食い夫婦には重要です。
にほんブログ村 トラコミュ 株主優待&株主総会のおみやげ♪へ
株主優待&株主総会のおみやげ♪

普段揚げ物をしない我が家にとって、ほっともっとの利用は
1ヶ月に1度の揚げ物祭り(笑)

ただし、持ち帰り弁当には野菜が少ないという欠点もあります。
健康を考えて、利用の際は手製の副菜も添えるようにしています。

ケッチーくんが買いに行っている間に、poohはお味噌汁や野菜の煮物を作り、ご飯を炊きました。
ホカホカのチキン南蛮にはタルタルソースがたっぷりかかっているので、別添の甘酢たれは使用しなくても大丈夫。
「美味しいねぇ」と味わいながら食べました。

食べている最中に、「南蛮とはなんぞや?」という話題になりました。
「イワシの南蛮漬けは、ピリ辛の甘酢味だよね」
ほっともっとのチキン南蛮は、衣にほのかな甘酸っぱさを感じますが、メインはタルタルソース、ピリ辛風味はありません。

唐辛子のことを「ナンバン」と言ったり、アオナンバンという辛い野菜も見かけるので、辛いものかと思いきや、甘酢味が「南蛮」の定義なのかもしれません。
しかし、そうなると「カレー南蛮」や「鴨南蛮」はどうなるのでしょう?

食事後、PCで「南蛮」を検索してみました。
いろいろな説があるようですが、ざっくりまとめてみると

<南蛮とは>
・「南蛮漬け」はマリネやエスカベッシュが原型(甘酢味)。
・「カレー南蛮」や「鴨南蛮」の「南蛮」は長ネギ。
・トウガラシの別名が「ナンバンガラシ」。


南蛮の定義、やけにファジィ(死語)

そもそも「南蛮」とは、中国大陸を制した朝廷が南方の帰順しない異民族に対して用いた蔑称。
日本でも当初は同様の意味で用いられていましたが、15世紀のヨーロッパ人との「南蛮貿易」以降は、主にヨーロッパや東南アジアの文物を指す言葉となったのです。

16世紀にポルトガル人が種子島にやってきてからは、様々な料理関係の書物や料亭のメニューに「南蛮」という言葉が使われるようになりました。
鎖国時代のポルトガル、オランダの料理はもちろん、中華料理、マカオ・マラッカ・インドの料理にまで含まれています。
「南蛮=舶来」という意味なのでしょうね。

たまたま感じた疑問が解決してスッキリした気分です。
いつも2人で食事をしながら、いろいろなことを語り合っています。
何か疑問を感じるとついつい追求したくなるのも、「知りたがり屋」夫婦の特徴(笑)
「今度のランチはカレー南蛮」と盛り上がっているpooh家、結局のところは食いしん坊なだけなのかもしれません。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

20余年ぶりに「お小遣い」を手渡しされて考えたこと

昨日から新年度がスタートしたpooh家の家計。
今期より、夫婦各自のお小遣いも家計から出すことにしています。
にほんブログ村 トラコミュ ◇家計簿*お金事情*◇へ
◇家計簿*お金事情*◇

「アーリーリタイア生活も3年目、お小遣いも家計から捻出しよう」と言いだしたケッチーくんの発案を受けて、予算会議(笑)で決めた新システム(→2/26の記事)
毎月1万円×2人分のお小遣いを家計から出していく取り決めです。

初のお小遣い支給日にあたって、記念授与式を開催しました。
いえ、「授与式」などともったいぶっていますが、何のことはありません。
poohからケッチーくんに、ケッチーくんからpoohに、それぞれ1万円を手渡ししただけ(笑)

かなりどうでもいい儀式ですが、それでもやけに嬉しくて気分が盛り上がりました。
「こんな風に『お小遣い』を手渡ししてもらったのは何年振りだろう?」

poohのお小遣い歴のスタートは小学1年生。
友人からプレゼントされた「お小遣い帳」をきっかけに、両親からお小遣いをもらい、自分でお金を管理するようになりました(→5/14の記事)
毎月¥100を受け取るたびにワクワクしたことを覚えています。

母から毎月手渡しされるお小遣いは学年が上がるたびに昇給して、高校卒業時まで続きました。
それ以降は実家を出て1人暮らしを始めたので、お小遣いは銀行振込の仕送りに形を変え、大学卒業までお金をもらっていました。
社会人になってからは銀行振込の給与、結婚してからもお小遣い制ではありませんでした。
つまり、「手渡し現金の受け取り」は高校卒業以来、20余年ぶりということになります。

今回のお小遣いの手渡しで、久々に「お金をもらった感」を感じました。
そういえば学生時代は、「仕送りは親が出してくれたもの」という意識が薄かったように思います。
ATMでお金を下ろしていたため、お金の出元がぼやけていたのですね。

ブログ友達・「いろいろでセカンドライフ」さんも、「プレゼントは誰が手渡したかが重要」の記事で似たようなことを述べていらっしゃいました。
五感を使った記憶は鮮明です。

消費者金融のキャッシングは、無人契約機だけで申込みが済ませられるので、「お金を借りている」という感覚が希薄になると耳にしたことがあります。
最近ではインターネット経由で申込みをして、最寄の無人契約機でお金を受け取るため、「自分の口座のお金を下ろしている」と錯覚する傾向が更に強くなっているそう。

もちろんpoohは、「仕送りは親から」だと認識していたし、キャッシングを利用したとしても(実際には経験なし)妙な勘違いはしない自信があります。
それでもやっぱり、直接手渡しされるものとは異なる感覚があるのです。

ネット間の口座振替や電子マネーも普及し、世の中はどんどん便利になっています。
人間は物事を自分に都合良く錯覚しがち。

特にお金に関しては、この傾向が強いのかもしれません。
だからこそ、手元のお金はどこから流れてきたのか、意識する必要もあるでしょう。

今回限りのつもりだった「お小遣い授与式」ですが、毎月の恒例行事にして「2人で築いた資産のお金」としっかり自分に刷り込むのもアリかもしれないと思うpoohなのでした。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

報告!アーリーリタイア2年目の年間生活費。若干のズル(笑)もしています

poohの家計簿は、毎月24日締め、年度の締めは3月です。
2014年度が昨日終了しました。
途中まで会社員だった前年に対し、リタイア生活で通年を過ごした初めての年です。
にほんブログ村 トラコミュ ◇家計簿*お金事情*◇へ
◇家計簿*お金事情*◇

※支出のみの公開。
※社会保険料・年金は含まず。
※持ち家一戸建て、ローンなし。「家財・住居」で修繕積立金を毎月4万円。
2014年度家計支出
右端のマークが付いている項目が前年オーバーしたものです。
150万円の年間予算に対して、本年の支出は¥1,310,077(前年¥1,504,968)。
同予算で臨みながら、ややオーバーしてしまった前年の反省(→2014年3/25の記事)を踏まえて頑張った結果が数字に表れました。

主な項目を振り返ってみましょう。

<食費>
年間予算15万円に対して¥144,631(前年¥150,879)。
特売・オツトメ品狙いの底値買いや、夏季の家庭菜園、そして夫婦2人で綿密に立てた献立計画など日々の努力が実りました。
しかし、これには若干のズルもあります(笑)
お菓子作り用のバターや生クリーム、あんこ、ゼラチン類は、家計の娯楽費や各自のお小遣いで計上していることが多いのです。

上記の表「教養・娯楽費」内に含まれている製菓材料費は¥7,391。
食費と足すと¥144,631+¥7,391=¥152,022 (¥2,022オーバー) 
・・・「製菓は趣味である」と言い張って、このシステムを採り入れていますが、「食べているもの」を純粋に見ると15万円の予算はややオーバーしているのでした。

<家財・住居費>
¥611,744(前年¥786,167)のうち、修繕積立金が48万円、固定資産税が¥81,500。
本年は大型家電の買い替えがなかったことが追い風となりました。

<光熱費>
先日の記事でまとめているので、ご参照下さい(→3/10の記事)

<教養・娯楽費>
¥100,785(前年¥15,025)、前比670.8%と大きく突出したのが、この項目。
これは9月の東北旅行によるところが大きいです。
¥83,661を6泊7日の旅行代として拠出しました(→9/29の記事)

<交通・通信費>
・乗り物:前年は会社への通勤費も含んでいたため、本年大きくマイナス。
・携帯:ケッチーくんのガラケーを解約(→6/24の記事)し、1台にしたので激減。

2010年から4年連続で150万円台をウロウロしていた支出、遂に130万円台まで落とすことが出来ました。
節約の最大の武器はやっぱり日々の努力!

今日からスタートした2015年度も予算150万円。
これからは、先日の予算会議(→2/26の記事)で決定したとおり、内訳に少々手を加え、お小遣い(毎月1万円×2人)も家計から捻出することになります。
気持ちも新たに頑張ります!

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

現代における着物は「衣装」であり、「コスプレ」である

妹宅で開かれたホームパーティーに参加してきました。
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

今回の主旨は、甥の小学校卒業祝い。
卒業式を撮影したホームビデオも上映されました。

驚いたのが、女の子の中に着物姿がチラホラしていること!

妹によると、最近は着物で卒業式に臨む女の子がクラスに1名はいるそう。
基本はpoohの時代と同様、ワンピースやブレザースタイルですが、着物着用者は年々増加傾向らしいです。

伝統的な衣類である着物ですが、趣味で着付けやお茶を嗜む方は別として、大部分の方は振袖や訪問着をお祝い事で数回着たことがある程度というところでしょう。

実際、pooh自身の着物着用歴は4回です。
 ①七五三(6歳)
 ②大学の卒業式(23歳)
 ③妹の結婚式(29歳)
 ④会社で業務として(35歳)

「人生の晴れ舞台の正装スタイル」という点では、着物はとても便利。
華やかで人目を引く上に、「こんなに手間をかけました」という自己アピールが表現できます。
購入・レンタル費用や、着付け・美容院代、着用後のクリーニングや保管等、いろいろお金や手間もかかりますが、そんなことも吹き飛ばすくらいの威力があります。
「ハレの日」を演出するのに、もってこいの衣装でしょう。

ここでふと気づきました。
そうなのです、現代において着物は「衣装」なのです。

「衣装」という単語には、単なる衣類の意味もありますが、ここでは「仮装」や「扮装」をイメージ。
ショービジネスやハロウィンなど、イベント限定の特別感のあるものを指しています。
「コスプレ的に着用する衣類」と言うのが的確かもしれません。

現代はコスプレブーム。
お盆や年末に東京で開催されるコミケ(コミックマーケット)には全国はもとより、世界各国から来たコスプレマニアが多々報道されています。

子供向けのイベントにも「アナ雪なりきり写真撮影会」などが見受けられます。
幼い頃からコスプレに慣れ親しんだ現代っ子には、もはやイベントの度に何かに扮装するのは基本なのかもしれません。
そんなブームの延長で、小学校の卒業式に着物で臨む子供も増えているのではないでしょうか?

近い将来、羽織はかま姿で卒業式に登場する男の子も出てくるかもしれませんね(もしかして、もういる?)。
特殊なものだと思っていたコスプレ、よもやこんなところにまで進出していたとは驚きです。
そんなながらも、児童1人1人が一言ずつセリフを読み上げる“呼びかけ”や、お別れソングの合唱等、昔と変わらない演出も楽しんで、ホームビデオを見終えたpoohなのでした。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

庭のフキノトウで酢味噌和え

北国に住むpoohの所にも、いよいよ春がやってきました。
雪だらけだった庭も土が顔を出し、家庭菜園もスタートです。
にほんブログ村 トラコミュ みんなで楽しく家庭菜園へ
みんなで楽しく家庭菜園

我が家の庭は宿根草がいろいろあります。
冬の間は枯死しているように見えても、春になると発芽して再び生育を始める宿根草。
毎年種や苗を植える一年草とは違い、一度植えたら繰り返し楽しめるので、毎年春の訪れのバロメータにしています。
CIMG2502.jpgCIMG2500.jpg
クロッカスやミントなどの宿根草以外に、球根植物のチューリップ等もどんどん芽を出しています。

小さな芽を愛でながらも、「花より団子」を地で行くpoohが最も待ち望んでいるものは、当然「食べられるもの」。
収穫・第1弾は今年もコレ!
CIMG2510.jpg
フキノトウです。
今年は雪解けが早いので、去年より2週間ほど早い収穫スタート。(参考→2014年4/9の記事

フキノトウは取った瞬間からどんどん黒ずむほどアクが多いため、調理の下準備を整えてから、採りに行くのが美味しく食べるコツ。
今年もまず鍋にお湯を沸かしてから庭に出て、猛ダッシュで4個収穫しました。

記念すべき初収穫品は「酢味噌和え」に。
CIMG2514.jpg
<作り方>
①フキノトウの皮を剥く。
②沸騰したお湯で湯がき、水に取る。
③味噌・砂糖・酢各小さじ1/2を混ぜ、水切りした②にかける。

これから雪解けが進むにつれて、どんどん採れるので、フキノトウ味噌や炒めものも楽しめそう。

ちなみに、このフキは、引っ越してきた5年前に市販の苗(¥300くらい)を植えたもの。
それが今や、フキノトウやフキを思う存分楽しめるほどに成長してくれました。
コスパ面でもお得感が感じられる宿根草・フキは、まさにpooh家好みです(笑)

「市販のフキノトウなら、5個¥400というところ。
初期投資¥300で毎年ずっと食べられるなんて、お得!」

ほろ苦い大人の味で「春」を感じつつも、コスト計算は忘れません。
家庭菜園、今年も我が家の食卓&家計をしっかり支えてくれそうです。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ



関連記事

美容院のヘアカラーでアレルギー症状。今後の白髪染めどうしよう・・・

行きつけの美容院、2ヶ月に1度のペースでカット&カラーリングをお願いしています。
最近、白髪がチラホラしてきましたが、自宅染めはせず乗り切っています。
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

髪に染色剤を塗る時、美容師さんは毎回、「しみませんか?」と確認してくれます。
若干しみるような気もするけれど、いつも「大丈夫です」とにこやかに答えていました。

「しみます」と答えたら、即シャンプーで染色剤を落とされてしまうと心配していたからです。
カラーリングした髪が好きなので、しっかり染めてもらうことを優先していました。
しかし・・・ここ最近は毎回、地肌にピリピリ感を感じていたことも事実です。

とは言え、たいしたことはないだろうとたかを括っていました。
子供の頃からのアトピー体質なので、肌の自己管理は得意です。
ピリピリしても数日そっとしておけば納められるというヘンな自信も、忍耐力もあるタイプ。
「オシャレのためなら、少々のことは我慢する」というのがポリシーです。

しかし、今回は異常でした。

壮絶なピリピリ感・・・いつもなら、のんびり雑誌を読みふける至福の時のはずなのに、地肌の痛さで何も考えることが出来ません。
頭頂部全体がカーッと熱くなって、フラフラしてくる始末。
それでも最後まで涼しい顔で通し、施術を終え、帰宅しました。

そして数時間後、なんとなく地肌に触れてみたところ・・・
頭皮に異常発見(泣)!

血液でしょうか、ジュクジュクした液で、ところどころ髪が束状にくっついているのです。
自分では見ることが出来ない場所なので、サルの毛繕いよろしく、夫・ケッチーくんに確認してもらったところ、血ではなくリンパ液が固まっている模様。
地肌の腫れやキズは目立たない・・・とは言え、小さなものが数カ所あるらしい。

当人が感じているよりはマシな状況のようですが、どちらにせよ、これは問題。
完全に薬品かぶれなのですから。

「ヘアカラー かぶれ」でネット検索してみました。
日本ヘアカラー工業会のHP(→こちら)によると、
「これまでに一度でもかぶれた方は、以後絶対にヘアカラーを使用しないでください」
と大きく記載されています。

ヘアカラーに限らず、アレルギー症状全般に言えることですが、かぶれを繰り返すと症状が次第にひどくなり、顔や身体全体がひどく腫れてしまう場合があります。
「たいしたことないから」と、そのまま薬品や食品の摂取を続けて、かぶれを繰り返すと、ある日突然、より深刻な即時型アレルギーが起こることもあるそう。
呼吸困難や血圧低下による意識障害に陥ると、生命の危険にすら繋がるのです。

カラーリングの際の「しみませんか?」という確認は、とても重要なものだったのです。
シャンプータイムの「かゆい所はありませんか?」程度にしか捉えていなかった自分の無知ぶり、お恥ずかしい限りです。

教訓:アレルギー症状の軽視は禁物!

猛反省し、カラーリング禁止令を今後の自分に課しました。
この20年、カラーリングを欠かさなかったpoohにとっては、かなりブルーな決断。
かぶれた頭皮を触るたび悲しい気持ちになりますが、これもヘンに見栄を張っていた自分が蒔いた種なので、スッパリ諦めます。

今後、刻々と増える白髪対策については、自宅でのカラートリートメントやカラーシャンプーの使用を検討しています。
これからいろいろ調べて、自分に合ったものを探していこうと思います。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ



関連記事