poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

カッパも喜ぶイタリア~ン♪ 過剰在庫が大変身!

家庭菜園、今年はキュウリが豊作です。
毎日8、9本は収穫しています。
にほんブログ村 トラコミュ 手作りおうちごはんへ
手作りおうちごはん
そのままでも美味しいし、ぬか漬けにもピッタリ。
pooh家の夏の定番メニュー、冷や汁山形のだしも、もう何回も作りました。
好調すぎる収穫に消費が追い付かなくなってくると、登場するのが「キュウリの炒めもの」です。

豚肉や卵、チクワなど、その時にある具材と組み合わせて作っています。
味付けも塩コショウ、味噌味、醤油味、ピリ辛、甘辛と、その日の気分。
一度に5、6本のキュウリを使って、ボリュームたっぷり。

毎回大満足で食べていましたが、向上心を忘れない男・ケッチーくんは、「もっと美味しい食べ方はないかな」と常に模索しています。
「今日のキュウリはどうやって食べようかな?」と、PC検索していました。

その結果、本日のランチは
「シェフの気まぐれパスタ ~キュウリとトマトのアーリオオーリオ~」に決定!
パスタ担当シェフ・ケッチーくんによる創作パスタです。

アーリオオーリオ・・・イタリア語のニンニク(アーリオ)、油(オーリオ)のシンプルなパスタ。
シンプルなだけに素材の質感が重要です。
「キュウリは拍子切りにして干してね」という指示の元、助手poohが下ごしらえ。
CIMG1750.jpg
サンルームで日向ぼっこするキュウリ。
隣の鍋には、パスタを茹でるために沸かす水が入っています。
ガス代節約に向けて、太陽熱を利用するのはpooh家のお約束です。

2時間ほど干したキュウリは、水気が飛んでシンナリ。
家庭菜園でこれまた絶好調のプチトマトも加えてササッと完成!
CIMG1751.jpg
パスタは、先日の記事でご紹介したネチネチパスタ。
pooh家開発の「水締め法」により、本日も美味しく食しました。

夫婦2人で400gというメガ盛りでありながら、調味料を含めて総額¥80以下という嬉しいランチ。
過剰在庫のキュウリ&ネチネチパスタが、マイナス×マイナスでプラスに転じたという訳です。
名付けて「カッパが喜ぶパスタ」、略してカッパスタ(笑)

今回の勝因は干しキュウリ。
キュウリに含まれる水分量はなんと90%以上だそうです。
朝の時点で「まだ小さいからいいや」と、ほっといたキュウリが、夕方にヘチマ並のサイズに育ってしまうこともしばしばあるのも納得です。
大部分が水なので、ちょっと干すだけで独特の青臭さも抜けて、調味料もしみやすくなります。
過去の記事でも干し野菜にハマったpoohですが、またしても新発見でした。

そんな訳で、貯まったキュウリをせっせと干しています。
いつもの炒めものも、美味しくバージョンアップしました。
CIMG1754.jpg
もうすぐ家庭菜園の収穫も終了、その後に備えて収穫品を備蓄しているところです。
干しキュウリは冷凍保存が可能だそう。
今年は備蓄食品に仲間入りさせようかしらと思いつつも、今から食べつくしてしまいそうなpoohなのでした。

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

冷蔵庫の節電効果。大きいものが欲しくなりました

「過去は振り返らない」がモットーのpoohですが、最近、ちょっと後悔していることがあるのです。
にほんブログ村 トラコミュ 節約にチャレンジ!へ
節約にチャレンジ!
冷蔵庫、もっと大きいサイズにすれば良かったな・・・
そうは言っても、現在の冷蔵庫を買ったのは2010年8月。
まるまる4年も前のことを今更悔やむのもどうかと思います(笑)

2001年に結婚した時の冷蔵庫は、ケッチーくんが独身時代から使っていたものでした。
義妹の一人暮らし用だったという冷蔵庫、2001年時点で既に10年以上経っていました。
20年以上も使えばそろそろ限界と感じて、2010年に購入を決めたのです。

冷蔵庫選択のポイントは、以下の2本柱でしょう。
①容量
②消費電力量

<①について>
よく言われる「容量の目安」は、70ℓ×家族の人数+170ℓ
170ℓは、常備品や予備分のスペースです。
働く主婦が増えたり、昔と比べて部屋の温度が高くなって冷蔵庫に入れるものも増え、予備スペースも増加傾向だそうです。
2人家族のpooh家なら、70×2+170=310ℓの計算になります。

<②について>
通年に渡り電源を落とさない冷蔵庫の電気代は大きいです。
過去の記事で検証したpooh家の場合、なんと1日の電気使用量の67.3%が冷蔵庫によるものです。

4年前、「冷蔵庫を買おう」と決めた当時、ケッチーくんがあれこれ比較検討していましたっけ。
本体価格、割引率はもちろん、性能やデザイン、そして消費電力量。
その結果、判明したことは
400~500ℓの大型タイプの方が節電効果が高い。
なんとなく「小さいものの方が使用電力は少ない」と考えていたので、ちょっと驚きました。

参考資料として、現在のパナソニックのHPの商品一覧表より、数値を抜粋してみましょう。
冷蔵庫
一目瞭然の結果です。
最も消費電力が少ないのは505ℓの製品なのです(驚)
もちろん、本体のドア数や各機種の性能などによって、いろいろ変動があるでしょうが、まず言えるのは、「小さいからと言って、電力が少ない訳ではない」ということです。

これはなぜでしょうか?
どうやら、「各メーカーが一番売りたいものは大型タイプ」という理由が大きいようです。
省エネ性能が高いことは製品をアピールする大きなポイント。
勢力あげて開発している結果が、消費電力に顕著に表れているのですね。

結婚当初から使っていた冷蔵庫は、2ドア215ℓサイズだったpooh家。
「大きいサイズにした方が良いのか・・・」と考えながら、家電屋さんに行きました。
そこで驚いたのが、大型タイプのデカさです。
5ドア、6ドア、チルド室、卵30個分のケースやドレッシングなどを入れるポケットもたくさんある店頭見本を見て腰を抜かしましたね。

先述の容量計算式では、310ℓがpooh家の適正サイズですが、共働きでも小まめに買い物が出来る環境にあったこともあり、それまでの215ℓで十分と考えました。
「我が家には、大型冷蔵庫は不要!」と判断したのです。
ケッチーくんが200ℓ台の製品を調べ直して、シャープ製の2ドア228ℓサイズ、年間消費電力360kwhの製品を¥45,000で購入しました。
大型タイプだと10万円以上するので、初期投資額を抑えられた分、電気代の上乗せも許せる範囲でしょう。

現在も愛用中の228ℓ冷蔵庫、シンプルで使いやすく気に入ってます。
買い替えた翌月から電気代が¥500ほど安くなり、大喜びしましたっけ。

しかし・・・最近はちょっと手狭になってきました。
アーリーリタイアしてから、以前と比べて冷凍保存するものが増えているのです。
会社員時代は、「買ったものは即調理」が基本だったのに、最近は「底値品を見つけたら、まず冷凍」という消費スタイルに変わったのですね。
また、庭で採れたハーブを乾燥させて冷蔵するようになり、冷蔵コーナーにもさまざまな保存容器が増えました。
今年はブラックベリーも豊作で、自家製ジャムも既に10瓶を超えています。(今後更に増加予定)

整理整頓は得意なので、全て効率良く収まっています。
でも、やっぱり欲は出るもの、「もっとスペースがあれば」と感じるようになりました。
ライフスタイルの変化って、冷蔵庫にも大きく影響するのですね。

だからと言って、まだまだ買い替えるつもりはありません。
「10年使って当然、出来れば15年、20年」がモットーのpooh家です。
家電店のチラシを見ながら、「10年後の我が家は、どんなライフスタイルだろう?どんな冷蔵庫が必要になっているのかな?」と空想するpoohなのでした。

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

夫婦揃って偏屈?だから平和なのかもしれません

いよいよ夏休みも終わり。お子さんたちがブルーになる頃ですね。
poohはと言うと、「夏休みのお出かけ」が苦手だった子供時代を思い出します。
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
幼児の頃、田舎のおばあちゃん宅に連れていかれると、着いた瞬間に「おうちに帰りたい」とシクシク泣いていたそうです。
遊園地や海水浴に出かけてもあまり楽しめず、仏頂面をして、母に叱られたものでした。
アルバムには、楽しげな妹たちとは対照的に、やけにふてくされたpoohの写真が残っています。

当時、母は、そんなpoohに「せっかく連れてきてあげたのに」と、よく言っていました。
その言葉を聞くと、「行きたいなんて言ってないのに」と、心の奥でpoohは呟いたものです。
なかなか扱いにくい子供だったと、今では家族間の笑い話として登場するエピソードです。

最近知ったのですが、なんと、ケッチーくんにも同様の思い出があるそうです。
「せっかく連れてきたのに」と親に怒られ、乗っていた車から降ろされたそう(笑)
いやはや、相当可愛くない態度だったことが偲ばれます。
それにしても、poohとケッチーくん、やっぱり似た者夫婦なのだと再認識。

「子供時代の夏休み、なぜ外出がイヤだったのか」
改めて、2人で検証してみました。

①混雑している場所が嫌い
②行列に並ぶのが嫌い
③暑さが嫌い

・・・なんとも偏屈人間的な答えばかり(苦笑)
夏休みの行楽地ならば、それくらい我慢しろ、と言うしかない内容です。
でも、これら.は大人になった今も嫌いなことばかりなので、いたしかたないでしょう。
更に付け加えると、海水浴後のベタベタが嫌い、日焼け後のガサガサ肌が嫌い、キャンプでの虫刺されが嫌い・・・と延々と続く、困った人間です。

とにかく出不精、家の中にいるのが好きな子供だったのです。
何より、夏休みのレジャーは、自分のペースで動けないのが最大の問題だったのですね。

そんな偏屈子供が大人になってからは、旅行を楽しめるようになりました。
自分のペースで好きな場所に行けるようになったからです。

旅行時はとにかく混雑を避け、世間の連休期間からズラしてスケジュールを立てています。
そして、あちこち行くより、1つ1つの場所の滞在時間を長くします。
「行列が出来る場所」に行かないのもpooh家の暗黙のルール。

海外、国内に限らず、旅行先で市場やスーパーを歩くのが好きです。
「鶏が丸ごと売ってるよ」、「この野菜は何だろう?」、「これはどうやって使うもの?」と、手に取りながら会話をするのが楽しいのです。
現地の住宅街をブラついて、家や庭の造りを眺めることにも新鮮味を感じます。
よそ様の普通の生活を眺めることが好きなのです。

特別感のある行楽地や、オープンしたばかりの話題のお店、「○○に行ってきたんだ、行列がすごくて○時間待ちだったよ」という話も面白いけれど、poohは自分のペースで旅を楽しみたい。
我が家の旅の目的:日常に近い非日常を感じること。
ケッチーくんとは、こういうところで気が合うので、旅行も楽しく出掛けられます。

来月、2人で旅行に出る予定です。
計画人間のpooh家なので、既にじっくりとあれこれ検討済み。
これも大人になって知った旅の醍醐味ですね。

大人になって良かったなぁと実感しながらも、子供時代にムリヤリ連れていかれた行楽地の思い出話にも盛り上がるpooh家なのでした。

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

見たらすぐマネしちゃう。これが成長の秘訣です

先日、「ジョブチューン 日本各地から超一流の農家が集結!農業SP」を見ました。
全国各地の農家の美味しそうな野菜や果物、牛乳などがモリモリ登場していて、とても面白い番組でした。(参考:TBSのHP
にほんブログ村 トラコミュ 手作りおうちごはんへ
手作りおうちごはん
1つ何百円もするシイタケや、2万円のメロンなどのブランド農作物は、本当に美味しそう。
番組の中では、農家の方々による「オススメの食べ方」も紹介していました。
それを見て感じたのは、「良い素材はシンプルに食べるのが一番」ということです。

手間ひまかけて育てられたものは、それだけで十分美味しいもの。
余計な手は加えずに、出来る限り素材そのものを味わうのが真のグルメ!

しかしながら、pooh家のご飯には重要な基準があるのです。
ご飯のおかずになるか否か
例えばトマト。
美味しいトマトは、そのまま丸かじりするのが一番だと思うのですが、白いご飯と一緒に食べるおかずとしては、やや相性が悪いと思います。
何品かのおかずと組み合わせる、「添え物」的な存在になりがち。

そんな中、テレビを食い入るように見ていたケッチーくんの目がキラリ~ンと光りました。
「トマト丼だって!今度作ってみよう!」
「ご飯のおかず」には、やけに敏感に反応する男です(笑)

トマト農家・根岸さんがオススメしていた「トマト丼」。
pooh家のトマトの収穫日を待って、作ってみました。

根岸さんのトマト丼は、みじん切りの玉ネギと青ジソ、味付けはオリーブオイルや粉チーズなどのイタリアン風。
テレビでも、タレントさんたちが「リゾットみたい」と絶賛していました。
確かにこれは美味しい!
トマト丼、採用!
ついでに、poohがその場の思いつきで作った和風味も結構イケましたよ。
<作り方>
①トマトは1㎝の角切りにし、醤油で味付け
②丼に盛ったご飯に①をかけ、おろしショウガと千切り青ジソをトッピング

トマトをおかずにしたい時は、卵で炒めたりしていましたが、更に簡単レシピを知って大満足♪
そして、夕飯には「ピーマン農家の原さん」が紹介していた一品にチャレンジ!
CIMG1757.jpg
ピーマンの丸焼きです。
焼いておかか醤油で和えただけ(笑)

焼きピーマンなんて、珍しくもなんともないのですが、原さんがオススメしていたのは、「種も取らずにそのまま焼く」という調理方法。
poohは今まで種やヘタを取っていましたが、丸ごとピーマン、種も甘くて美味しく感じました。
せっかく丹精込めて作った野菜、可能な限りお腹に入れたいという気持ちが強いので、捨てるところは極力少なくしていきたいものです。
ピーマン丸ごと食べ、採用!
プロが紹介していた調理法をテキトーにマネしているだけなのに、なぜか上から目線で「採用!」と叫んでみました(笑)

料理をするようになって20年以上経つけれど、まだまだ知らないことがたくさんあるものですね。
これからも何かを見つけたら、どんどんマネをしてみようと思います。
好奇心がなくなったら、そこで停滞してしまいますもの。

四十路半ばにして、まだまだ成長を目論むpoohなのでした。
皆さまからの応援クリック、励みにして頑張ります♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

再失敗と思いきや!これ、お子様にもオススメですよ

昨日の記事の続きです。
にほんブログ村 トラコミュ 手作りパン、手作りお菓子のある暮らしへ
手作りパン、手作りお菓子のある暮らし
さてさて、「日本一食費をかけない自給自足一家」をマネして、サイダー作りにチャレンジし、あっけなく玉砕したpoohです。
敗因は広口瓶と分析し、炭酸が抜けないよう、瓶の口を小さくしようと仮説を立てました。
レシピでは一升瓶を推奨していましたが、うちにはありません。
ならばコレで代用しようということで購入しました。
CIMG1740.jpg
「トップバリュー・ジンジャーエール」500ml 税込み¥78

瓶ではなく、ペットボトルで作ることにしたのです。
最初はミネラルウォーターを買うつもりでしたが、いろいろ調べたところ、「炭酸飲料を作るなら、炭酸用のペットボトルが最適」という文面が見受けられたので、これをセレクト。
店頭でいろいろなペットボトルを触ってみると、確かに炭酸のペットボトルは頑丈です。

飲み終わったペットボトルを洗って乾かし、松葉と砂糖水を加えました。
そして再び、陽の当たる場所に置いて3日間。
CIMG1747.jpg
3日後・・・中を見ても泡はさほど発生していません。
「曇りの日なら5日間」というレシピもあったことを思い出して、延長することにしました。

結局5日間寝かしましたが、ペットボトルの中に気泡は現れず・・・
松葉が茶色っぽくなって、ちょっとヤバイ雰囲気です。
失敗だったか、と気落ちしながら、流しに液体を捨てようと蓋を開けてみると、
プシュ~ッ!
市販の炭酸飲料そっくりの泡がシュワッと出てきました(喜)

なんと!松葉くん、ちゃんと発酵していたのですね!
そのまま蓋を締め直して冷蔵庫で冷やし、グラスに注いでみました。

「これ、飲んでもお腹痛くならないだろうか?」、ビビり気味なケッチーくんと共に、口にしてみると
おおっ!これはまさに炭酸の喉越し!
ちょっと青臭くて、「良くもなく、悪くもなく」というビミョーな味ですが、珍しい発酵飲料、もしくはクスリだと考えれば、まぁ飲めるというレベルです。
甘いものが少なかった昔の子供には、美味しく感じられたかもしれません。
手作り炭酸に過度の期待をかけていたこともあり、「ふーん、こんなものか」と、やや気落ちしつつも、ついでに、もう一つの「手作り炭酸」レシピも試してみましたよ。

クエン酸と重曹によるものです。
普段の掃除でも多用しているクエン酸と重曹。
混ぜ合わせて水を入れるとシュワシュワ発泡するのは、排水管の掃除などでも実証済み。
砂糖で味付けすれば、炭酸飲料として飲めちゃうらしい。

天然酵母の発酵による松葉サイダーに対して、酸とアルカリの化学反応による炭酸飲料です。
さて、結果はいかに?

<材料>
クエン酸、重曹各小さじ1、砂糖50g、水500cc

<作り方>
①水を沸騰させて砂糖をとかし、冷ます。
②容器を2つ用意し、①を半々に入れる。
③クエン酸、重曹を②の容器それぞれに入れて溶かす。蓋をしてシェイクすると溶けやすい。
④2つの容器の中身を合わせる。

松葉サイダーが5日間もかかるのに対して、なんて簡単なのでしょう!
沸騰した水を冷やす時間しかかかりません。
クエン酸入り、重曹入りの砂糖水を合わせた瞬間、シュワーッと発泡しました。
松葉サイダーより、炭酸度も強めでした。
どちらかを選べと言われれば、poohはクエン酸サイダーに軍配をあげますね。

さて、今回は2種類の炭酸を作ってみましたが、驚いたのは、その糖分の高さです。
水分の10%近い砂糖を入れて、甘さは控えめ。
炭酸の爽快さや、冷たく冷やすことによって、甘さが感じにくくなるのでしょうね。
お子さんと一緒に作って、「炭酸には砂糖がいっぱい入っているんだよ」と、教えるのには良い題材かもしれません。
発酵や化学反応の実験としても面白いので、遊び感覚で取り組んでみてはいかがでしょうか?

大人のpoohが、今回得たものは・・・
炭酸は市販品をごくごくたまに飲もう という決意。
「手作りサイダー、これから毎日作って飲んじゃうかも~」という野望はもろくも崩れ去りました(笑)
イマイチ口に合わなかったし、砂糖の分量を見たら「こんなの毎日飲んではいかん!」と、ひしひしと感じたのです。
やっぱり炭酸はコカ・コーラが一番!
今後も、ハレの日の祝杯ドリンクとして「プハ~ッ!」としようと思うpoohなのでした。

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

「日本一食費をかけない自給自足一家」をマネして大失敗(涙)

ちょっと前の話になりますが、テレビ番組「Gメン99」(毎週火曜日19:00~TBS系列)で、
「日本一食費をかけない自給自足家族」として、徳島県の廣川さん一家が紹介されていました。
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
築100年をこえる古民家に暮らし、畑で野菜を栽培し、肉は山でイノシシやシカを捕って調達するという暮らしぶり。
いやはやスゴいです。尊敬です。

廣川さん、ランチに「ハンバーガーセット」を作っていました。
パンは、自家製小麦を石臼でひき、天然酵母で発酵させて、薪オーブン。
ハンバーグは、シカ肉を自分でミンチにして、自家製玉ネギと混ぜ、薪コンロ。
ポテトのジャガイモも当然自家製。
油や調味料以外は、ほぼ自家製という徹底ぶりです。
1795787_725150094215073_8056501658650260941_n.jpg
↑TBSの番組公式HPより、画像をお借りしました。

poohが釘づけになったメニューが、画像右側のグラスに入ったドリンク。
サイダーです。炭酸飲料なのです。
なんと、松葉と砂糖と水だけで作れるらしい(驚)

実はpooh、炭酸大好き人間なのです。
「世界で一番美味しいドリンクはコカ・コーラ」だと信じてやみません。
お酒は全く飲めないpooh、会社員時代の宴会では、コーラで「プハ~ッ」としたものでした。
「焼肉や揚げ物など油っぽいものを食べて、ビールで流すのが最高!」と言う方の気持ちも、心底わかります(コーラで)。

そういえば、炭酸飲料からすっかり遠ざかっていた今日この頃。
「炭酸は外で飲むもの」だったので、宴会の機会がないと飲むチャンスがないのです。

廣川さんが作っていた「松葉のサイダー」、シュワシュワした泡はまさに炭酸。
食い入るように番組を見た後、「松葉 サイダー」で、PC検索したら、たくさんヒットしました。
どうやら、松葉の酵母が泡立ちの働きをするらしい。

松葉・・・これはpoohにとっては楽々調達できる素材です。
だって、庭に大きな松の木があるんですもの(喜)
現在の家に引越してきて以来、どちらかというと「ジャマもの」扱いだった松ですが、いきなりその存在価値急上昇(笑)
さっそく松葉のサイダー作りに挑戦!

<材料>
松葉(瓶にいっぱい入る量)、砂糖50g、水600cc
CIMG1693.jpg
松葉は新芽を選びます。
7月頃のモノがベストらしいです。
瓶いっぱいに入れるので、結構たくさん用意しなくてはなりません。
でも、元々持て余していた松なので、気負いなくジャンジャン刈り取りました。
匂いを嗅いでみると、爽やかな香り。確かにサイダーっぽい。

<作り方>
①水を沸騰させて砂糖をとかし、冷ます。
②松葉はよく洗って、根本のハカマ部分を取り除く。
③瓶に②を入れ、人肌まで冷ました①を注ぐ。
④陽の当たる場所に置いて、1日~3日間寝かせる。

本当は一升瓶などの口の小さい瓶がベストなのですが、持っていないので、広口瓶で作りました。
「せっかくの炭酸が抜けちゃうよ」と、ケッチーくんが悲しんでいますが、お構いなしです。
今、振り返ると、これがやっぱり失敗でした・・・
CIMG1696.jpg
サンルームにちょこんと置かれた松葉入りの瓶。
数時間ごとに瓶の中を眺め、その味を想像してニヤついていました。

3日後、瓶の中に泡も見え始め、「そろそろいいだろう」と、冷やして飲んでみました。
・・・激マズ(涙)
全然シュワシュワしていません。
やけに甘くて、松葉の青臭さだけが際立つ、なんとも不思議なドリンクに絶句。

ネットのレシピで見る限り、さほど難しいものではないのです。
どう考えても広口瓶が敗因。
せっかくの炭酸が抜けてしまっていました。トホホ~。

「今日は久々の炭酸!」と気張っていただけに、落胆もひとしお・・・
しかし、そんな失敗でメゲないのがpoohの取り柄でもあります。
過去、さまざまな料理で失敗しても、ちゃんとリベンジしてきたではありませんかっ!
(例)カステラロールケーキタッカルビ etc・・・

そんなこんなで、「自家製サイダー」のリベンジを誓うpooh、その結果は明日お話ししますね。
さてさて、念願の「プハ~ッ」は叶うのでしょうか?
お楽しみに!

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

吉野家の株主優待・・・ライス大盛り卒業?

子供の頃から好き嫌いがなく、食べる量も多かったpoohです。
好きな食べ物は何ですか?と聞かれたら、いろいろ迷った末に「お米」と答えます。
にほんブログ村 トラコミュ ランチなに食べました?へ
ランチなに食べました?
先日、高校のクラス会にて、男性(当時、会話した記憶なし)から、「poohさんって2時間目が終わった後、いつもでっかいおにぎり食べてたよね。」と、話しかけられました(驚)
「そうそう、そしてお昼に普通にお弁当食べてたよね~」と、周囲もやけに盛り上がり、クラス会の話題の中心になりました(一瞬だけ)。
花の女子高生時代に、おにぎりの印象しか残していなかったとは・・・。
ちなみに運動部に所属していたわけではありません。

それから30年近く経ても、poohのデカ胃袋は健在です。
白いご飯をモリモリ食べるのが至福の時。

外食時は基本「ライス大盛り」です。
ラーメンの時は、「ラーメン+ライス」です。
「ご飯お代わり無料」のお店に行けば、当然のようにお代わりします。

株主優待券を使う吉野家でも、これまでは大盛りを食べていました。
牛丼なら¥460、ケッチーくんと同じ量です。
具だけ大盛りにする「アタマの大盛り」なら¥390ですが、pooh家の2人はお米が好きなので見向きもしません。
もし、ご飯だけ多くする「オシリの大盛り」があるならば、オーダーするかも(笑)

そんな2人でしたが、先日「節約外出プラン」を計画・実行した時、初めて「牛丼・並」を各自注文しました。(→先日の記事
並なら¥300で、株主優待券ちょうど1枚分なのです。
現金を使いたくないがための苦肉の策・・・これまでなら、「節約と言えど、満腹にならないなんて言語道断!」と鋭く追加分を支払って大盛りにしていたのですが、なんとなく「並でいいや」という気分になりました。
暑い日だったことも影響したのかもしれません。
それぞれ外出した先で、並サイズを食べてきました。

結論:並でも十分満足できた。
もちろん大盛りが出されたら、ペロッと平らげたでしょうが、並でも大丈夫だったのです。
吉野家のHPを見ると、並702キロカロリー、大盛り929キロカロリー。
一般的な成人の摂取目安は、1日あたり1800~2200キロカロリーなので、1食700キロカロリーで十分、大盛りだとやっぱり多めですね。

そんな訳で、同じく吉野家の「牛バラ野菜焼定食」も並で食べてきた2人です。
¥490×2=¥980。
株主優待券3枚+現金¥80で支払いました。
(大盛りは¥590)

若いつもりでいても、もう40代半ば。
勢いに任せて大食いするのではなく、レギュラーサイズを味わって食べようと自分を戒めました。
ここに「大食い卒業」を宣言したいと思います!
たくさん食べても贅肉になるだけですもの。
節約のため、と言うよりは自分自身の美容健康のためなのです。

でも・・・「大盛り無料」のお店では食べちゃう可能性が高いだろうな・・・
例えば松屋。
並でも大盛りでも、株主優待券1枚なのです。
なんだかんだ言っても、白いご飯の誘惑に打ち勝つまでの域には届かないpoohなのでした(笑)

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

8月の家計簿締めました。支出が多い?いえ大丈夫です

poohの家計簿は毎月24日締め。本日、8月が終了しました。
にほんブログ村 トラコミュ ◇家計簿*お金事情*◇へ
◇家計簿*お金事情*◇
※支出のみの公開です。
※社会保険料・年金は含まれていません。
※持ち家一戸建て、ローンなし。「家財・住居」で修繕積立金を毎月4万円。
※ガスは都市ガス。調理コンロのみで使用。給湯ボイラーは灯油使用。
8月2
先月が支出総額¥76,456の「13年間で最高の好記録」だったのに対して、今月は11万円越えとpooh家にしては多めの支出。
でも、これは想定内なので問題ありません。

・4回分割払いの固定資産税¥20,000 (家財・住居費)
・2ヶ月に1度の水道代¥5,300
・年間一括払いのNHK受信料¥14,118
これら3つで約4万円ですから、先月と比べて多いのも当然というわけです。

家計簿の反省時に、「先月と比べて今月は出費が多すぎる!」と嘆く方が見受けられます。
しかし、これはさほど気にしなくても良いとpoohは思います。
比較すべきは前年同月の数値です。
固定費は毎年ほぼ同じ月に支払いますし、光熱費の使用量も7月と8月では微妙に異なります。
前年と比較してこその家計簿、そのためにも最低1年間は続けて、データを積み上げることが重要なのです。

最初の1年を辛抱していれば、2年目以降は前年と比較して、「電気の使用量が増えているな」、「食費が上がったのは増税分?」等、分析できます。
今後の節約計画を立てるためには、やはりデータ作成は欠かせません!
前年比較が出来るようになると、面倒な家計簿入力も楽しくなってくると思います。

さて、poohの8月を項目別に振り返りましょう。
<食費>
家庭菜園で野菜が収穫できる8月は、年間で最も食費を抑えられる月です。
今月は¥7,689。
「これは過去最低?」と一瞬喜んだのですが、調べてみると一昨年2012年8月が¥7,484だったので、記録更新にはなりませんでした(笑)
でも、今月の野菜代¥329は表彰モノだと思います。(2013年8月の¥340が今までのベスト記録)
モヤシ3袋、ショウガ、大根だけを買って、残りは全て家庭菜園と頂き物で賄えました。

<光熱費>
・電気代:さほど節電を意識している訳ではないのですが、金額・使用量共にマイナス!
・ガス代:会社員だった前年はランチが外食だったので、本年は自炊分の増加?
・水道代:皿洗い担当のケッチーくんによる地道な努力が実ったのか?

<医療・衛生>
前年、高額品を購入していました。
歯磨き粉「アパガード」¥1,490×2本、ビタミン剤¥1,280、「葛根湯」¥1,580、髭剃り用カミソリ¥1,344などですね。

<交通・通信>
・乗り物:前年、通勤用のプリペイドカード¥10,000購入
・携帯:前年ガラケー2台所有→本年6月より1台のみになりました。

前年と比較しながら、「どうしてこんなに高い?安い?」と振り返るのが楽しいpoohです。
そのまま一昨年以前にさかのぼって検証することもしばしば。
記憶力は良い方なのですが、結構忘れていたこともあって、家計簿によって当時の思い出に浸ったりもしています。
今後もチマチマとデータを積み上げて、家計簿を楽しみたいと思うpoohなのでした。

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

節約に向けての合言葉はコレ!本日も発令されました

知人から野菜をたくさん頂きました。
CIMG1743.jpg
玉ネギ、ジャガイモ、パプリカ、トウモロコシ、オクラ
にほんブログ村 トラコミュ ランチなに食べました?へ
ランチなに食べました?
pooh家もいろいろな野菜を作っていますが、やっぱり素人仕事。
この知人は広~い敷地でかなり専門的に野菜を作っているので、さすがの出来です。
ジャガイモ、玉ネギ、トウモロコシなどは面積がないと、なかなか作れません。

ここ2ヶ月間、自家製野菜で食いつないでいたpooh家、久々の新顔野菜に大喜び♪
トウモロコシは初物です。(もう旬も終盤ですが)
どうやって食べようかなと浮かれるpoohに、ケッチーくんが鋭く一言。
「ムダ食べは、禁止だよ!」
「ムダ食べ」・・・なんのことやら意味がわからない方も多いでしょうね(笑)
ケッチーくんによる造語です。

「安いから、つい多めに買っちゃった~」
「ふと気づいたら、消費期限間近になってた~」
「適当に料理していたら、やけに品数が多くなっちゃった~」
などを戒める時に、「ムダ食べ禁止!」の標語が登場します。
この言葉を発する時のケッチーくんは、鼻の穴が膨らみ、やけにキリッとした表情になります。

キッチリ計画を立てて消費するのがpooh家のモットー。
頂き物の野菜と言えど、テキトーに食べてしまうのは許されないよ!というわけです。
自宅の畑の収穫状況も踏まえて、「頂き物をどうやって食すか」、真剣な家族会議を開催しました。

<その結果作ったもの>
①トウモロコシ2本→「炊き込みご飯」
②トウモロコシ1本→「茹でトウモロコシ」
③玉ネギ、パプリカ、オクラ→「夏野菜のカレー」
CIMG1746.jpgCIMG1744.jpgCIMG1748.jpg
③のカレーには、pooh家産のニンジン、シシトウ、ナスも使いました。
オツトメ品で半額だった豚ひき肉約¥160、特売品のトマト缶¥50、スパイス類(カレーパウダー、クミンシード、ガラムマサラ、唐辛子など)。
合計¥220ほどで4日分のカレーが完成!激安です(喜)

「残りはジャガイモだね。ポテトサラダにしようね!」と、満足げなケッチーくん。
それなら早速リクエストにお答えしようと、立ち上がったpoohに、すかさず一言。

「今日はいっぱいおかずがあるから、ポテサラは不要だよ。ムダ食べ禁止!」
またしても、鼻の穴を膨らませたケッチーくんの「ムダ食べ禁止令」が発動されてしまいました(笑)
カレーの付け合わせには、pooh家産のキュウリやトマト、枝豆などがあるので、確かにポテサラはなくても大丈夫なのです。

「カレーがなくなった3日後にポテサラを作ろうね。その他のおかずは何にしようかな・・・」
カレンダーに来週分の献立をチマチマと書き込むケッチーくん。
「ムダ食べ禁止!」を合言葉に、計画消費に励むpooh家の食費は今月も安く上がりそうです。

明日24日は家計簿の締め日。
速報で8月の結果発表をお届けしようと思います。
どうぞお楽しみに~!

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

一見優雅ですが、心の奥で電卓叩きまくっています

庭のブラックベリーがどんどん育っています。
CIMG1672.jpg
4年前に引っ越してきた時から、元々生えていたものです。
手入れらしいことはしなくても、こんなに実がたわわになります。
にほんブログ村 トラコミュ みんなで楽しく家庭菜園へ
みんなで楽しく家庭菜園
ブラックベリーというだけあって、実が真っ黒になった時が完熟。
毎朝、摘み取るのがpoohの日課です。
CIMG1670.jpg
ブラックベリーは種の粒々がとても固いので、そのままでは食べられません。
柔らかく煮て裏ごしし、砂糖を加えてジャムにしています。
毎日10~50粒ほど収穫し、そのつど洗ってビニール袋に入れて冷凍保存。
採れた分をどんどん追加して貯めておくのです。

「今朝は40粒も採れたよ!」と喜びながら、冷蔵庫に貼った紙に、収穫量を記録しています。
お金同様「貯める」という行為は、達成感があってワクワクしますね。
300粒ほどになったら、ジャムを煮るタイミングです。

<材料>
ブラックベリー300粒(約1.1㎏)
砂糖220g(ブラックベリーの重量の20%めやす)

<作り方>
①凍ったままのブラックベリーを鍋に入れて加熱
②芯まで柔らかくなったら、別鍋にザルを乗せ裏ごし
③砂糖を加えて軽く煮詰める
CIMG1723.jpgCIMG1729.jpg
水を加えなくても、実から出る水分でトロトロになります。
煮沸消毒した広口瓶4つ分のジャムが完成!
CIMG1733.jpg
黒い実ですが、ジャムにするとキレイな赤紫色。
「アントシアニン」が多く含まれているので、美容健康にも良さそうです。
甘酸っぱくて、朝食のヨーグルトとも相性抜群なのです。

去年は4回煮て、総計15瓶ほどのジャムを作りました。
おそらく今年も同じくらいの量が採れそうです。
ブラックベリージャムはあまり市販されていませんが、ネット検索すると、軽井沢の農園などの製品が150g¥500ほどで出回っているようです。

pooh手作りジャムは1瓶230g。
これだって¥500で売れるかもしれません。
¥500×15瓶=¥7,500
ちなみに1瓶につき、砂糖は55g使用(約¥5.5)。
15瓶分の砂糖代は¥82.5なので、¥7,400以上の儲けとなる訳ですね。

本気を出して、オシャレなラベルを貼って高級感を演出し、「純国産 手摘み 無添加 無農薬 季節限定 数量限定」を前面に打ち出せば
「マダムpoohの自家製コンフィチュール」
として、もっと高額で販売できるかも・・・と妄想してしまいます。
瓶を小さくすれば、数量ももう少し増やせます。ニヤリ。

ついでに、ブラックベリーの単価も計算してみましょう。
砂糖代を差し引くと、1瓶分のブラックベリーは¥500-¥5.5=¥494.5 
1瓶に75粒ですから、1粒¥6.6!
元手ゼロでありながら、結構高いです(喜)

毎朝の収穫時、「¥6.6、¥6.6・・・」と、一粒一粒に念を込めるようになりました。
その姿、「いちま~い、にま~い」とお皿を数える「四谷怪談」のお岩さんばり(笑)
手が滑って茂みの中にブラックベリーが消えた時は、「くううっ痛恨!」と一人で悔しがっています。

ジャムを煮る時も、秘薬を煎じる魔女さながら、「一瓶¥500・・・ククク・・・」と、ズル賢い笑みを浮かべて、呪文のようにつぶやくようになりました。
<イメージ>
imagesF37PBZQJ.jpg
「庭でベリーを摘んで、ジャムを作る優雅な自分」にウットリしていたはずなのに、結局いつもどおり、電卓を叩きまくってニヤつくpooh、「赤毛のアン」の世界は、やっぱり遠いみたいです。

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事