poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

夫婦2人でのアーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

度重なるピンチもなんのその。ガラケーに延命措置を施しました

携帯電話を持つようになって17年、その間にpoohが使用した機種は3台です。
これは現代人としては、かなり少ない方でしょう。
もちろん未だガラケーで、現在は2008年に購入した物を愛用中です。

しかし、このガラケー、最近はバッテリーの劣化が顕著になってきました。
充電にやたら時間がかかる上、その持ちも非常に悪いのです。
ふと気づけば完全にダウンしていることも度々・・・

5年ほど前に同様の事態に陥った時は、ドコモショップで新品バッテリーと交換してもらえたけれど、おそらくもうムリだと思われます。
そういえば「ガラケー仲間」だった友人も、バッテリーを理由に先日スマホに乗り換えましたっけ。

でも、poohは抗います。
本体がイカれたならまだしも、これくらいなら対処可能なのが、ガラケーの長所でもありましょう。
さっそく中古のバッテリーをネット経由で購入しました。
2017041801IMGP8795.jpg
「ほぼ新品」の品に、「B品」とされる物も加えて合計¥1,663(送料込み)。
1個で十分と思いつつも、B品の方は格安だったのでオマケとして買っちゃいました。

やれやれ、これで一安心・・・これでもうしばらくは使えそうです。
しかし、まさかこの買物の直後に、新たなダメージが勃発するとは・・・(愕然)

今度は充電器の接触不良、どうやらコード内部が断線したようです。
これはもう、「いい加減に買い換えろ」という神のお告げなのでしょうか?

いえいえ、poohは更に抗います。
今度は100円ショップに出かけ、これを買ってきました。
2017041802.jpg
「充電変換プラグ」¥108です。
スマホ(マイクロUSB)の充電器を、ガラケー用に変換するための部品です。
poohの場合はスマホではなく、タブレットの充電器ですが、ちゃ~んと接続できました(喜)
2017041820.jpg
今回の延命措置にかかった費用は¥1,663+¥108=¥1,771。
おそらく、これが老いぼれガラケーへの最後の投資になると思われます。
次に何か起こった時は即買い替えるつもりだけれど、pooh&現ガラケーのおつきあいは、今後しばらくは安泰・・・のはずです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

ほっともっとの利用時に、私が最もこだわること

(株)プレナスの株主優待券が、年間¥500☓5枚☓2名義=¥5,000分届くので、時々、持ち帰り弁当「ほっともっと」を利用しています。
2017032502.jpg
自炊が面倒な時のお助けマン的イメージが強い持ち帰り弁当。
「ほっともっとで今夜は済ませちゃおう」といった具合に、その時の思いつきで来店する利用者が多いように見受けられます。

しかし、pooh家はちょっと違います。

我が家には“思いつき”の機会が、まずないのです。
献立決めは、いつも2、3週間前から計画を立て、粛々と実行するのがpooh家流。
特売時に買いだめした食材のストック状況を確認し、「◯日はコレを食べよう」、「その翌日はコレ」と、カレンダーに記入するスケジュールには、“思いつき”の余地などありません。

そのため、「ほっともっとを食べよう」とpooh家が心積もりするのは、最低でも10日前(笑)
事前にキャンペーン開催を知った時や、「この辺りで揚げ物を食べよう」と思い立った時に、計画的に組み込みます。

<参考過去記事>
●プレナスの株主優待、割引企画を活用してお得度UP!(→2014年10/28の記事)
●ほっともっとのチキン南蛮弁当の「南蛮」って?(→2015年3/27の記事)


更に、その利用タイミングを計る際に必ず念頭に置くのは・・・
プラスチックゴミの回収日です。

持ち帰り弁当は手軽だけれど、食後の容器がゴミになるのがネック。
結構かさばる物なので、何日間もゴミ箱に入れておくのはビミョーに気になります。
普段は細かいことを気にしない大雑把なpoohも、この点にはこだわります。

そんな訳で、我が家の「ほっともっとの日」は、いつもプラスチックゴミの回収日前日。
カレンダーの献立スケジュールには、たいてい1、2日のズレが生じるけれど、この日だけはキッチリカッチリ死守しています。

今回はコレを食べました。
(左)和風幕の内弁当 (右)20品目の彩り弁当 各¥500
2017032501.jpg
食べた後の容器は、軽く水洗いしてゴミ袋へ。
そして翌朝には、回収に出してしまいます。

現在手元に残っている株主優待券の有効期限は5月末日。
「あと2枚・・・これはいつ使おうかな?」と、相変わらずゴミの日を視野に入れながら、次回の利用日選定に勤しんでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

我が家の基本理念が通用しない場面・・・それは株の売却時です

いつもスピーディーな行動を心掛けているpooh家の2人。
傍目にはノンキ度100%に見えるでしょうが、実は一旦「やる」と決めたことは、とっとと片付けずにはいられないタイプです。
夫婦揃ってせっかちな性分ゆえ、“保留”という状態は極力避けて暮らしています。

しかし、そんな我が家の基本理念がまったく通用しない場面もあります。
今回は「ハーバー研究所の株、1名義分を売却したよ」という夫・ケッチーくんからの報告から、それが表面化しました。

poohにとっては、「えぇ? 今頃?」と言うしかない話です。
だって、このハーバー株は、もう1年も前に手放すことを決めていたはず・・・(遠い目)

確か、昨年3月に突如発表された優待制度の変更がきっかけでした。
1名義につき年間18,000円分届いていた商品券が、変更によって年間20,000円分の割引券に“改悪”されてしまったのです。
その時のショックについては、当時も記事にしましたっけ。

●参考過去記事:今回の「悲報」は私にも直撃・・・(→2016年3/15の記事)

あの時点で処分を決めたのに、つい最近までキープしていたとは。
資産運用に関しては彼に丸投げで、とやかく言える立場にないとはいえ、普段の“せっかちケッチーくん”を知るpoohにはビックリものです。
しかし、当のご本人である彼は堂々と言い放ちました。

“持っている理由がない”と、“今すぐ手放す必要がある”は別物だよ。
株に関しては、タイミングの見極めが重要なんだ!


ケッチーくんによると、ハーバーの株価は制度変更の発表後に急落したそう。
それまでは4,000円を超えていたのに、3,200円まで下がりました。

ただでさえ優待改悪でダメージを受けているのに、ここで更に傷口を広げる訳にはいきません。
ひたすら辛抱強く、彼は株価が戻るのを待っていたのです。

売ると決めたけれど、今じゃなくても良い。
持っていても損になる訳ではない。
売りたい人が減れば、いずれ株価は戻ってくる・・・

そんなことを心の中で念じ続け、結局彼がハーバー株を手放したのは、それから11ヶ月後。
4,280円まで戻したタイミングだったそうです。
いやはや、株の売却に限っては、普段の行動力が却って妨げになるのですね。

「やっとジャマモノを処分できたよ♪」と、1年を要した決着にケッチーくんもスッキリ顔です。
でも、彼に言わせるとこんなのは序の口だそう。
「株の売買で最も必要なのは忍耐力」などと、ド素人pooh相手に偉そうに講釈するのも、実は自分自身への戒めに違いありません。

今日も彼はPCのチャート画面を眺めながら、ミョーにどっしりと構えています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

家庭の平和を保つには「NGワードのアレンジ」が有効です

かつては1日の大半を、それぞれ会社で過ごしていたpooh家の2人。
3年半前のアーリーリタイアをきっかけに、現在は四六時中顔を突き合わせて暮らしています。
それでも平和をキープしているのは、ちょっとしたコツがあるからです。

本件に関しては、以前もブログ記事に取り上げました。
「相手の邪魔をするべからず」という、pooh家ルールをご紹介したものです↓

●参考過去記事:アーリーリタイア夫婦が毎日平和に暮らすコツ(→2016年1/31の記事)

ただし、これは日常の一部分に過ぎません。
2人でオシャベリに興じるシーンも多いです。
これはこれで楽しい時間ですが、実は一歩間違えると修羅場と化す危うさも。

それは、相手へのツッコミ口撃。

ちなみに我が家では、会話におけるボケ&ツッコミといった役割を固定化していません。
状況に応じて流動的に立場が入れ替わる、スイッチヒッター同士です。

そのため相手がトボけたことをしでかすと、ここぞとばかりに口撃するのがお約束。
「バカだねぇ」、「ボケちゃったんじゃない?」 等々、容赦ありません。

受け手側に立つ者は、ただただジッと耐えるのみです。
己の失敗が原因なのだし、形勢逆転の機会も多いので、さほど悔しさもありません。
しかし、あまりにもネガティブワードを連発されると、さすがにムッとくることも。
それが元で壮絶なバトルに発展する可能性・・・決してゼロではないはずです。

余計ないざこざを避けるには、最初からツッコミ口撃などしないのがベストでしょう。
そもそも大のオトナが「バカ・ボケ」といった言葉を使うのもどうなのか、という問題です。
でも、相手の失敗を穏便に受け流すだけでは面白みに欠けるし、親しい間柄だからこそ成り立つやり取りであるのも事実。

相手にはツッコミたい・・・でもそのダメージはギリギリラインで踏み留めたい・・・
そんな思いから生まれたのが、「NGワードのアレンジ」です。

先述の「バカ・ボケ」といったキーワードに含まれる濁点を、半濁点に変えて発声するのです。
「BAKA・BOKE」はダイレクトにネガティブだけど、「PAKA・POKE」ならば、若干ながらもそのイメージが和らぎます。

使用例:「poohってば、ポケポケだね!」

罵りには変わりないのに、破裂音が軽めの“P”になると、言葉の破壊力が弱まります。
また、ツッコミ側にマヌケ感が生じるのも、受け手の心のゆとりに繋がるのです。
これなら大喧嘩に発展することもありません(たぶん)。

“口は災いのもと”とも言われるように、ちょっとした亀裂が後々とんでもない事態に繋がるケースは多いものです。
そこを見極めながら夫婦の会話を楽しもう・・・と思いつつも、自分の口撃チャンスだけは逃すまいと、やっぱり互いに競い合っているpooh家なのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

処分済み家電の付属品なんて、単なるガラクタ・・・ではありません

若かりし頃、自分の初ボーナスで購入したオーブンレンジ。
1年前の新品購入をきっかけに、“トースト焼き専用機”に格下げとなりました。
以来、ダイニングルームの片隅でヒッソリと生き長らえていたのです。
2016032705.jpg
●参考過去記事:我が家の最古参家電がついに世代交代!(→2016年3/26の記事)

しかしこの度、久々に電源を入れてみると、ウンともスンともいいません。
20年以上働いてくれたけれど、ついに息絶えた模様です(合掌)

まぁ、最近ではせいぜい月イチペースの使用だったので、さほどダメージはありません。
食パンのトーストならば、ガスコンロのグリルやフライパンで十分事足ります。
ここは天寿をまっとうしたとみなし、心置きなくお別れしましょう。

長い間ご苦労様・・・そんな感謝の気持ちを込めながら、処分の手筈を整えました。
でも、捨てるのは本体のみです。
付属品のうち、この3点は手元に残します。
2017022501.jpg
<画像左から> ①鉄板 ②金網 ③ガラス皿(電子レンジ用の回転盤)

傍目には、どれもガラクタにしか見えない物ばかり。
でも、poohにとってはすべて必需品なのです。

まず①の鉄板、これはロールケーキのスポンジ生地用型として使えます。
CIMG0877.jpg

そして、そのスポンジをひっくり返す時に手放せないのが②の金網です。
CIMG2600.jpg
この工程はロールケーキ作りにおける難関の1つ。
でも、poohは金網を使って楽々と執り行えるワザを独自に編み出しました。
↓ロールケーキ作りでお悩みの方には参考になるかもしれません。
●参考過去記事:ロールケーキの巻き方のコツ~手持ちの道具を駆使しています~(→2015年4/15の記事)

そして③のガラス皿は、ピザ生地を伸ばす時の台に重宝しています。
すべてにおいて本来の役割からかけ離れているとは言え、①~③はpoohには手放せない調理器具の数々なのです。

ちなみに同様の理由で、本体処分後に手元に残した付属品は他にもあります。
例えば、ガス台に付いていた魚焼きグリル用の金網。
CIMG2879.jpg
6年前に本体そのものを処分して以来、この付属品はケーキクーラーになりました。
現在は焼き立てのパン・お菓子を乗せるのに大活躍!
CIMG0713.jpg
本体処分の際には、置き土産に値する物はないかと思案するのもすっかりクセになりました。
使い切りの精神を、こんなところでも発揮しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ