poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

夫婦共に退職して4年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

以前の自分には、到底思いつかない計画です

会社員時代は、常に時間の効率化を最優先としていました。
それが一転、現在は時間を要する手段を敢えて選ぶこともしょっちゅうです。
「青春18きっぷ」を使った鉄道旅行も、その1つでしょう。

<青春18きっぷとは?>
全国のJR線の普通・快速列車などが乗り放題となる切符。
5枚綴り¥11,850で1人で5回、または5人までのグループ利用が可能。
※参考:JR北海道のオフィシャルサイト(→こちら)


只今、この切符の春季シーズン真っ盛りです。(発売期間は3/31まで。利用期間は4/10まで)
よし、どこかに行こうと思い立ち、夫・ケッチーくんと共に家族会議を開きました。

そして決まった行き先は・・・函館!

ロマン溢れる街並みで人気の観光地です。
昨年の北海道新幹線開通の際には、当ブログでもこの地について取り上げました。

●参考過去記事:この春、注目されること間違いなし。北海道の「玄関」は異文化ワールド!(→2016年2/14の記事)

そう、同じ北海道でありながら、札幌-函館間は結構な距離があるのです。
道民感覚では「特急列車で片道約4時間」というのが一般的。
poohも10年前に、このパターンで1泊旅行を経験済みです。

でも、青春18きっぷでは特急の利用は不可・・・一体何時間かかるのでしょうか?
さっそく時刻表をめくり、計画を立ててみました。

「せっかくだから今回も1泊しよう」
「北海道新幹線の“新函館北斗駅”にも立ち寄りたいね」 などと夫婦で盛り上がりながら、途中にランチタイムも組み込んで、完成させたスケジュールは・・・
函館旅行往復JR2017
往路は11時間、復路は8時間という、やけに壮大なものに(汗)
なんということでしょう、1泊ではただのトンボ返りにしかなりません。
う~む、移動距離300kmの函館・・・改めてその距離を思い知りました。
2017函館地図02
※白地図はCraftMAPを利用。

よし、ここは思い切って、函館で2泊しよう!

「片道丸1日ずつかけて、鈍行列車で函館へ」なんて、周囲の友人たちに話したら、「斬新だねぇ」と呆れられるかもしれません(笑)
でも、鈍行列車に揺られて、のんびりと目的地を目指すのもオツなもの。
特急利用だと片道¥8,830かかる運賃が、青春18きっぷなら¥2,370で済むのも魅力です。

・・・そんな訳でpooh、10年ぶりの函館を先日大いに満喫してきました。
その間の出来事については、次回以降の記事でご紹介しますね♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

今回のお正月も重宝しました。テレビ鑑賞時の必需品です

我が家のテレビの隣にいつも置いてあるもの。
2017010480.jpg
そう、地図帳です。
旅番組はもちろん、バラエティや報道ニュースの際にも、テレビを観ながらこれらのページをめくっています。
「○○県△△市」と、ただ耳にした時だけでは興味がわかない地名も、自分で地図から探し出すと、一気に親しみが増すのですから面白いものです。

そんなpoohなので、1/2に放送された「ローカル路線バス乗り継ぎの旅・第25弾」でも、地図帳が大活躍でした。

<「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」とは?>
2007年から不定期放送されていた人気テレビ番組。(テレビ東京系列)
レギュラー出演者は太川陽介&蛭子能収。
これに「マドンナ」と称する女性タレント1名を加え、3泊4日で日本国内の路線バスを乗り継ぎ、目的地への到達を目指す。

topjs_img_random012.jpg
※画像はテレビ東京のオフィシャルサイト(→こちら)から拝借しました。

今回の目的地は、福島・会津若松→秋田・由利本荘。
一昨年、一昨々年と、2年連続で東北地方を旅行しているpooh家にとっては、これぞ得意スポットともいうべきルートです。

「まずは新潟方面を目指して、北上したらどうだろう?」
「仙台から新庄まで一気に行っちゃうよりも、手前の天童で下車した方が選択肢が広がるのでは?」などと、夫・ケッチーくんと共にそれぞれ地図を辿りながら、参謀気分で楽しみました。
バス旅に関しては素人同然のクセに、なぜか先輩ヅラを吹かせてテレビ画面にツッコミを入れてしまうのは、普段から地図を眺めているからこその自信の表れかもしれません。

こんな調子で楽しんだこの番組、太川&蛭子コンビによるものは今回をもって終了。
でも、企画自体は新メンバーに引き継がれ、また新たなスタートを切るそうです。
今後も地図帳片手に番組に参戦する気マンマンのpooh、次回の出演者は一体誰?と頭を悩ませながら、今春の放送を心待ちにしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

当初の予想を上回る盛況ぶりです

毎朝起床すると、まず庭に出ていく夫・ケッチーくん。
彼には「スズメのエサやり」という重要任務があるのです。

ことの始まりは今年の2月。
スズメたちに向けて、彼は鳥エサでの“おもてなし”を開始しました。
最初は虚しいくらいの無視っぷりだったけれど、2ヶ月もするうちに固定客もつき、賑わいも加速化しています。
まさかこんなにも繁盛するとは!

<参考過去記事>
●私は影から見守るだけ。夫の“片思い”は実るのか?(→2/29の記事)
●夫の財布をアテにしているのは、私だけではありません(→6/1の記事)


警戒心の強いスズメゆえ、手から直接という訳にはいきませんが、餌場からケッチーくんが離れた瞬間を見計らってワラワラとやって来るようになりました。
繁殖期を終えた秋以降は集団行動がメインになることもあり、その数もハンパではありません。
地面上にも小さな茶色い物体がうごめいていて、ビックリすることもしばしば。

室内からその様子を眺めるpoohは、「19羽」、「24羽」とその数を言い当てるのがお約束。
いや実はコレ、決してきちんと数えているのではありません。
不世出の将棋棋士・升田幸三を気取ってみたいという只のミーハー心です(笑)

<升田幸三(1918-1991)とは?>
プロ将棋棋士。実力制第4代名人。
三冠独占などの輝かしい戦績は勿論のこと、その独創的な指し手、キャラクター、数々の逸話は、将棋界の歴史を語る上で欠かすことができない。


偉大なるこのお方は、電線に止まった大群のスズメの数を瞬時に言い当てたそう。
映像を記憶する「残像能力」が人並み優れて発達していたことを示すエピソードの1つですが、そもそも正解は誰にもわからない・・・
もしかしたら、“言ったもん勝ち”だったのかも(笑)
でも将棋界のレジェンドがやっていたと聞けば、マネしたくなりますよね。

そんなマヌケな1人遊びに興ずるpoohの目の前で、黙々とエサやりに勤しむケッチーくん。
そう、彼は今やスズメ村の村長さんなのです。
「数が増えたからエサも倍量にするよ」
「今後はお皿が凍っちゃうから、もう1枚用意して交互に使わないと」
どこの世界もリーダーは忙しいらしい(笑)

たかがスズメに、大の大人が2人揃ってハマっています。(各自方向性は異なりますが)
pooh家の庭の小さな村は、今日もチーチーと賑やかです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

退職して3年。「他人の声」がやけに新鮮です

最近、ラジオを聴くようになりました。
リビングのコタツでコーヒーを飲みながら、地元のFM放送の音楽&ニュースに耳を傾けるのが、朝の定番スタイルです。
音のみですべてを表現してくるラジオの世界には、テレビ・ネットとはまた違う面白さがあります。

そんな中でふと気づきました。
他人の声がやけに新鮮!

久しぶりに人の語り口調を聞いた気がするのです。
でも、毎日夫・ケッチーくんとお互いウルサイくらい会話を交わしているし、親兄弟・友人たちと顔を合わせる機会もそれなりに設けています。
なのにどうしてラジオにだけ、こんな反応をするのでしょうか?

いろいろと考えた結果、こんな答えが出てきました。
ほぼ1対1の交流スタイルで、3年間過ごしてきたから

大勢の中の一員として、人の話を聞く機会が多かった学生&会社員時代。
講義や会議がその代表例でしょう。
でも、そんな生活から一転、現在は集団に向けられた話を耳にする機会はほとんどありません。

かつては人の話を聞くために、随分と集中力を費やしていました。
自分だけに向けられたものではない言葉から必要箇所だけをピックアップして吸収するには、それなりにテクニックが必要なのです。
(状況に応じては聞くフリだけして頭の中ではスルー・・・ということも多々ありましたが)

でも1対1の会話には、そんなテクは不要です。
どうやらpoohのリスニング能力は、この3年で随分退化してしまったよう。
ラジオのDJの声にミョーにムズムズした気持ちになる理由は、きっとここにあるのでしょう。

でも、だからと言って、「どこかの集団に属して人の話を聞きたい!」という気分になった訳ではありません。
今の生活に悪影響を及ぼすものでもないので、これはこれで良いのです。
このままpoohは、“ほぼマンツーマン”の交流スタイルで暮らしていくつもりです。

・・・と言いつつも、ラジオから流れる話に、「おおっ、それは羨ましい」、「いや、poohは違うと思うな」などといちいち口に出して反応している部分も(照)
人の話に反射的にツッコミを入れる習性は、未だ手放せないみたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

未熟者が開き直りました。自信作(?)をお披露目します

ふと思いたって一眼ミラーレスカメラを購入してから、早くも1年が経ちました。
●<参考過去記事>3年目を迎えて新たな武器をGET! 今後の活躍は私の腕にかかっています(→2015年10/15の記事)

手のひらサイズでありながらも、イッチョコマエな雰囲気も併せ持つ「PENTAX Q7」。
「キューちゃん」と名付けて、毎日いじくっています。
当ブログの使用画像も、それまで使用していたコンパクトデジカメから、キューちゃん作品がメインとなりました。

カメラ購入をきっかけに、図書館の本を借りたり、ネットであれこれググったりして、撮影テクニックを学んでいます。
しかし、まだ全然思うようにいきません。
これもまた写真の世界の奥深さなのでしょう(開き直り)

そんなpooh、今ではちょっとした外出のたびにキューちゃんを携えるようになりました。
かつてはカメラの持ち歩きなど考えもしなかったくせに、人間変わるものです。
先日出かけた九州旅行でも、もちろん一緒でしたよ。

6泊7日の道中で撮影した画像はおよそ600枚(!)
ここ最近の記事でもいくつかお披露目しましたが、未公開分から5点セレクトしてみました。

①山口県・下関の唐戸(からと)市場
2016102001.jpg
2階から見下ろして撮影しました。
金属製(?)の天井に反射した光がいい感じだと自画自賛しているショットです。
シャッタースピードを遅くして、人々をわざとブレさせても良かったかな・・・

②関門橋 (下関側から撮影)
2016102002.jpg
本州⇔九州を結ぶ関門橋を下から撮影しようと思いたって撮影したもの。
向こう岸が福岡県・北九州市です。
この海は汽船が数多く往来するので、船が橋の下を通る瞬間も狙ったけれど、どうにも上手くいきませんでした。
動いているものの撮影は、まだまだpoohには難易度高し・・・

③福岡県・JR門司港(もじこう)駅のホーム
2016102005.jpg
実は、poohが密かに目指しているのが電車を被写体とする鉄道カメラマン。
しかし、これが想像以上にハードル高く、もっぱら駅舎専門で甘んじているのが現状です(笑)
この門司港駅は、そんなペーペー撮り鉄心をおおいにくすぐるスポットでした。
しかし、今見返してみると、上部の駅案内板を中央に配置すべきだったかも・・・

④福岡タワー
2016102004.jpg
旅行直前に「高層タワー撮影法」なるものを熟読していたpooh。
でも、いざ目の前にすると、構図に随分と手こずったのが、この地上234mのタワーです。
下からグッと見上げた感を演出するつもりが、結局オーソドックスに収めてしまうあたり、まだまだ未熟感モリモリですね(苦笑)
エッジの効いたデザインを全面に押し出して、角部分が見える位置から撮れば良かったかも・・・

⑤長崎・稲佐山(いなさやま)から見た夜景
2016102003.jpg
今回、出発前から気合いを入れていたのが、この夜景撮影。
夜景をキレイに撮るには、シャッタースピードを遅くする必要があるため、ブレ防止用に三脚の持参も考えたくらいです。
結局、身軽さを優先して三脚は諦め、現地ではカメラを手すりに乗せて臨みました。

何枚も何枚も失敗して、何とか「見るに値する」としたのが、この1枚。
香港・モナコと並ぶ「世界新三大夜景」を表現・・・と言うにはショボいですが、現在のpoohとしては上出来でしょう。

・・・今、改めて見直すと、どれも発展途上感アリアリの作品ですが、これもまたご愛嬌。
頂点が見えないからこそ楽しいのが、趣味の醍醐味でもあるのです。
「次回はもっと上手に撮るのだ」と、自分で自分のお尻を叩きながら、poohは今日もキューちゃんのシャッターを切っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術<br /><br />へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ