poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

マイホーム修繕積立金に導入した新ルール

築25年の中古一戸建を購入した7年前から、「修繕積立金」を家計から引当しています。
当初の金額は月々4万円でした。

<その主な使い道>
2年目:外壁塗装 48万円
4年目:屋根の修理、2F和室の壁紙張替・畳替 32万円 
5年目:浴室リフォーム 102万円

気になる箇所のリフォームを一通り終えた後は月々3万円に減額し、現在に至ります。
<参考過去記事>
●15年度家計予算策定に向けて、修繕積立金を再検証しました(→2015年2/26の記事)


そんな修繕積立金に、このたび新ルールを導入しました。
セルフメンテ分の対価も修繕積立金から計上!

これまでは業者への支払いが主でした。
でも今後は自力で家屋のメンテナンス作業を行なった際にも、修繕積立金を利用します。
さっそく¥25,000を計上しました。

<その内訳>
①ストーブの分解掃除¥10,000
②ガスレンジの分解掃除¥10,000(→7/21の記事)
③キッチン水道蛇口の「レバー栓カートリッジ」交換¥5,000(→8/8の記事)

専門業者の料金を元にして、①~③それぞれの金額を算出しました。 
この¥25,000はpoohたちの労働による「収入」とみなし、家計費に記帳します。
もともと家計から引当した修繕積立金を戻しただけなので、傍目には単なる二度手間にしか見えないでしょう(笑)
でも、自分たちで方法を調べ、部品を用意し、頑張って作業した分なので、これはこれでアリ。
最近はもっぱら貯まる一方だった修繕積立金の有効利用法の1つ・・・と言えるかも。

まぁ10年後には再び外壁塗装等を業者依頼するつもりだし、いずれは何処かしらのリフォーム工事を思い立つかもしれません。
その時のために、しっかり資金を準備していこう・・・と考えながら、まずはセルフメンテに励んでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

「グッドアイディア!」と自画自賛する割には、超チマチマレベルの節約ワザ

「節約をするなら、まずは固定費から」という言葉をよく耳にします。
当ブログでも以前、その考え方をご紹介しました。

●「家計管理における変動費と固定費・・・どう取り組む?」(→2014年4/4の記事)

この記事から3年・・・poohの暮らしはすっかりコンパクトになりました。
新たに編み出す節約ワザも、最近はチマチマしたものばかりです。

今回も「節約」と称して良いのか迷うほどの小ネタをご紹介しましょう。
用意するのは、卵パック。
2017052601.jpg

poohはこれに土を入れ、カモミールの種を蒔きました。
2017052602.jpg
各スペースの底には千枚通しで小さな穴を1つずつ開け、水はけを良くしています。
そう、卵パックを「育苗トレー」として再利用しました。

↓市販の育苗トレー
育苗トレー
市販品を買わずに済ませました!・・・と胸を張りたいところですが、実は育苗トレーはもともと¥100ほどと、かなりお安い品。
卵パックで浮かせたお金など微々たるものです。
でも、我ながら良い思いつきなので、「春先は卵パックを捨てるべからず」が来年以降もpooh家の合言葉になりそうです。

ちなみに、卵パックはトマトやキュウリ等の野菜苗には適していません。
2017052630.jpg
野菜苗用ポットと比べると、深さが全然足りないのです。
卵パックはカモミールやモロヘイヤ等、種が小さい品種限定にした方が無難です。

さて、このたびカモミールを庭に植え替えました。
2017052603.jpg
祝・卵パック卒業!
心なしか、広い地面にビビっている感すら漂うチビちゃんたち。
でも、すぐに根を張り、あっという間に高さ50センチほどに育ってくれることでしょう。

2ヶ月後にはカモミールティーを楽しむ予定です。
自ら考案した節約ワザによって、今年のお茶は更に美味しくなりそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

「安物買いの銭失い」のニオイがプンプン漂う物。アナタならどうする?

スーパーに行くたびに、見切り品ワゴンを隈なくチェックする夫・ケッチーくん。
今回、彼のアンテナにビビッときた商品は・・・
2017050202.jpg
2本組¥37(税込み)の激安歯ブラシ

「1本¥19だよ!」という彼の勢いに負けて、2セット購入しました。
でも、実はpoohとしては、あまり乗り気ではなかったのです。

●いくら何でも安すぎる。
●普段は「ふつう」タイプを使っているのに、特売対象は「やわらかめ」のみ
・・・というのが、その理由でした。

これまでの経験から、あまりにも安い歯ブラシには良いイメージがありません。
poohの歯ブラシの選択基準は、1本あたり¥100前後です。
いつも、その価格帯の中から、コンパクトで使い勝手が良さげなものを選んでいました。
もちろん、もっと高価な品もあるけれど、1ヶ月に1本ペースで交換する消耗品としては、まぁこのくらいが妥当と考えています。

また、毛先が柔らかいタイプも好みではありません。
歯茎のマッサージという観点からも、歯ブラシには適度な硬さがあった方が良いそうです。

どうやら周囲のお客様たちも皆、同じ見解らしく、この歯ブラシだけが山積みされたワゴンの周囲は閑散としていました。
でも、いったん「お買い得センサー」にスイッチが入ったケッチーくんは、1人買う気マンマンです。
そんな彼を見て、poohも覚悟を決めました。

●2セット買っても、たったの¥74。
●「旧品処分」なので、元値はそこそこの品らしい。
●もしもpoohの好みには合わなかったら、彼に4本とも押し付けて責任を取らせよう。
●普段は使い古しで行なっている「隅っこ掃除用」に、いきなり格下げという方法もアリ。
・・・と、「安物買いの銭失い」のダメージを最小限に抑える策も、しっかり用意(笑)

しかし帰宅後、開封してみて驚いたのです。
この歯ブラシ、使い心地抜群!
2017050203.jpg
弾力のあるラバー製のグリップが持ちやすく、手にフィットします。
ヘッドもコンパクトだし、とがった毛先の「超極細毛」と、平らな「普通毛」の段差植毛によって、隅々までしっかりと磨けました。
心配していた毛の硬さも、却って好みなくらいです。

「これはなかなか良い歯ブラシだ!」
当初の渋々モードから一転、すっかりpoohも気に入りました。
そうとなると、買いだめしておきたいところです。
「もう売り切れているかも・・・」と思いつつも、再度、同じスーパーに出かけました。
2017050230.jpg
ワゴンは、相変わらずのテンコ盛り状態でした(喜)

2人分の区別がしやすい暖色☓寒色のコンビを選りすぐり、10セット購入。
ミョ~に真剣な面持ちで不人気ワゴンを漁るpooh家の姿は、さぞや滑稽に見えたことでしょう。
でも、当人たちは至って満足です。

「これで合計12セット・・・ちょうど1年分だね」
食材を中心に、もともとまとめ買い派を自認するpooh家に新たな品が仲間入りしました。
大事に使っていこうと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

我が家の年間家計を一挙公開! 一見、前年と同じですが、内情はまったく異なります

pooh家の家計は毎月24日締め、年度締めは3月です。
先日3/24に2016年度が終了しました。
アーリーリタイア生活もすっかり落ち着いた4年目は、一体どうだったのでしょうか?

※支出のみの公開
※ローンなしの持ち家。「家財・住居費」には修繕積立金(年間36万円)が含まれる
※水道光熱費の内訳については、先日検証済み(→3/15の記事)
※国民年金保険料(年間およそ20万円✕2人分)は別途管理
04022016家計費まとめ

年間支出総額は161万円・・・予算とする160万円をちょっぴりオーバーしました。
平均すると1ヶ月あたり13万円ちょっとで、夫婦2人が暮らせた計算になります。
前年もほぼ同額でしたから、まぁ、こんなもの?

いいえ、内情は前年とまったく異なります。

<2016年度の大きな変更点>
●交通・通信費・・・新聞購読をやめた。(→2016年3/27の記事)
●教養・娯楽費・・・旅行費が大幅増。(10月に九州、3月に函館に出かけました)
●前年は、5年に1度の火災保険料の支払いがあった。

この3項目だけでも大きな凸凹になるはずが、前年と同額で収まったのは単なる偶然。
でも、毎日好きな物をお腹いっぱい食べ、十分楽しく生活できた1年でした。
結論としては、2016年も二重丸だったといえましょう。

そんな訳で、既にスタートした2017年度も160万円で予算設定します。
でも、今後に向けてはちょっと気になる事項も・・・

それは家電の買い替え。
「家財・住居費」で管理しているこれらは、時に応じてドーンと金額が膨らみます。
2016年度はオーブンレンジ(¥32,184)、精米器(¥11,000)、布団乾燥機(¥9,000)で済んだけれど、いずれは冷蔵庫等の大型家電を買い替える日が来るはず。
(ちなみに2017年度は予定なし)

もちろん、その時が来ればドーンと一括払いで購入するつもりですが、家計的にはやはり打撃。
それならば・・・とpooh家の2人は考えました。

今年度からは、家財に対しても引当金を積もう!
<引当金 (ひきあてきん)とは>
将来の特定の支出や損失に備えるために、貸借対照表の負債の部(または資産の部の評価勘定)に繰り入れられる金額。


既に我が家では、家屋の修繕積立金として、毎月3万円ずつ引当金を積んでいます。
これに加えて、家財類にも同様の仕組みを導入することにしました。
過去の家計簿を遡って計算し、その金額は月々¥3,500、年間で¥42,000と設定したのです。

この引当金も踏まえて、2017年度の予算を組みました。
↓修繕積立金36万円+家財積立金¥42,000=¥402,000が、「家財・住居費」に含まれています。
2017家計予算0402

アーリーリタイア生活も5年目を迎えたけれど、まだまだいろいろと模索中です。
自分たちにとってのベストな家計管理法を目指して、2017年度も頑張ります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

電力小売全面自由化から1年経過・・・我が家の判断は吉と出たのか?

今月は、我が家の家計の年度締め月です。
まずは水道光熱費を集計しました。

※金額は税込み
※ガス:都市ガス。調理コンロで使用
※灯油:ストーブ&給湯ボイラーで使用
2017光熱費まとめ改
本年特筆すべきは、なんといっても電気代でしょう。
2016年4月からスタートした電力小売全面自由化に伴い、我が家もそれまで利用していた北海道電力から、「北海道ガスの電気」に契約を切り替えました。
「まずは1年、お試し感覚で」と、軽い気持ちでトライしてみたのです。

<参考過去記事>
●調べてみました。電力小売自由化で我が家の電気代はどう変わる?(→2016年1/9の記事)


当初のシミュレーションでは「切り替え効果は年間で¥1,130」と予想していたのに、いざ蓋を開けてみると、なんと1万円以上も電気代を削減(喜)

いや、実はこれにはカラクリがあります。
契約切り替えによって、料金請求の締め日も変わり、本来12回の支払いが本年は11回でした。
このまま前年と比べるのもどうかと思うので、単価を出してみましょう。

・本年度 ¥35,865÷1294kwh=¥27.7
・前年度 ¥45,993÷1580kwh=¥29.1

・・・ウム、やはり5%ほど安くなっています。
シミュレーションでの割安度は2.4%だったので、電力会社の変更は予想以上の効果をもたらしたとも言えそうです。

まぁ、我が家の場合は電力会社云々よりも、使用量減少が最大要因でしょう。
前年と比べて286kwhも減れば、電気代が安くなるのも当然です。
請求が1回少なかったことを考慮しても、この数値は侮れません。

それにしても、最近は“節電”をさほど意識していないのに、ここまで使用量が減るとは少々意外。
敢えて挙げるならば、20年以上使っていたオーブンレンジの買い替えや、朝のテレビ視聴をラジオに切り替えたことが影響を及ぼしたのかもしれません。
どちらもプチレベルだけど、“ちりも積もれば”的な効果を生み出した・・・のかな?

まずは、水道光熱費全体で、前年比90.2%の好成績を残せたことに大満足♪
「今年も頑張った」と自画自賛しつつ、poohは来年度に向けてまた新しい一歩を踏み出します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ