poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

夫婦共に退職して4年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

数ある名所を押しのけて、私が最も興奮した場所

これまでに、あちこちで旅行を楽しんできたpoohですが、最も鮮烈な思い出となるのは、いつもミョーにささやかな出来事ばかり。
このたび、11時間近く(!)もかけて訪れた函館でも同様でした。

※青春18きっぷを利用した今回のルートについては、前回の記事(→こちら)をご覧下さい。

函館の魅力は、なんといってもその街並でしょう。
海産物交易で栄えていた函館(当時は“箱館”)に、江戸幕府が奉行所を設置したのは1802年(享和2年)のこと。
その後1859年(安政6年)には、日本国内初の対外貿易港として長崎・横浜と共に開港しました。
幕末ロマンや異国情緒溢れるこの地に、今では年間500万人もの観光客が集まるのも頷けます。

もちろんpoohも、市電の1日乗車券(大人¥600)を利用して、各スポットを巡りました。

●5月の桜の季節はホントにキレイらしい五稜郭タワー&公園
五稜郭タワー

●昭和63年まで80年間も運行していた青函連絡船・摩周丸 (現在は博物館船)
摩周丸
船内の無線室には、NHK「ブラタモリ」の取材時の写真が飾られていました。
ブラタモリ函館

●函館ハリストス正教会周辺は初々しいカップルでいっぱい♡
函館ハリストス正教会

●「観光で訪れたい坂」ナンバーワンで有名な八幡坂
八幡坂

その他にも箱館奉行所、函館朝市、ベイエリア、函館山・・・と貪欲に制覇。
ランチには「ラッキーピエロ」のハンバーガーや、「ハセガワストア」の焼き鳥弁当と、コテコテの函館観光を楽しみました。

でも、「最も印象に残った場所」を1つだけ選べと言われたら・・・
コーヒールームきくち
“コーヒールームきくち”でしょう(断言)

市街地の東側にある“湯の川温泉”エリアに建つ、一見何の変哲もない喫茶店です。
数ある歴史的名所よりも、こんな場所にそそられるpoohに疑問を感じた方も多いはず。
でも、この黄色い壁を見た瞬間、poohの鼻の穴は興奮で膨らみきっていました。

だってここは、あの名作テレビ番組「水曜どうでしょう」の「ソフトクリーム3本勝負」の舞台!
水どう きくち2
※画像はネットから拝借しました。

それは2001年放送の「対決列島 〜甘いもの国盗り物語〜」企画でした。
日本各地を1週間かけて縦断し、随所で名物(主に甘いもの)の早食い対決を行なったのです。
その第一戦目が、ここ“きくち”前・・・いうならば「どうでしょうの聖地」です。

番組のワンシーンを忠実に再現するならば、poohもソフトクリーム片手に100mほど先の空き地まで走るところですが(笑)、あいにくこの日は寒すぎて断念。
店内でホットコーヒーと共に、ゆっくりと味わいました。
でも、退店後に、ちゃ~んと洋ちゃん&ヤスケンが走った道を辿ってきましたよ。

「ヤスケンがソフトクリームを落としたのは、この辺だよね」
「藤村Dが一気食いして頭痛になったよね」
夫婦の会話がおおいに盛り上がったことは言うまでもありません。

実は当初の計画では、このお店はスルーしていました。
“コーヒールームきくち”訪問は、たまたま2時間ほど時間が余ったための穴埋めだったのです。
でも、このオマケ的発想こそが、今回の函館旅行のクライマックス(の一部)となりました。

「“きくち”のソフトクリームは、ちょっとシャリシャリで美味しかったね」
「今回はモカ味だったけど、いつかバニラも食べてみたい」
帰宅後も相変わらず、この場所を懐かしんでいます。
おそらく今後も函館の話をするたびに、poohはこのお店を反射的に思い出すことでしょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

以前の自分には、到底思いつかない計画です

会社員時代は、常に時間の効率化を最優先としていました。
それが一転、現在は時間を要する手段を敢えて選ぶこともしょっちゅうです。
「青春18きっぷ」を使った鉄道旅行も、その1つでしょう。

<青春18きっぷとは?>
全国のJR線の普通・快速列車などが乗り放題となる切符。
5枚綴り¥11,850で1人で5回、または5人までのグループ利用が可能。
※参考:JR北海道のオフィシャルサイト(→こちら)


只今、この切符の春季シーズン真っ盛りです。(発売期間は3/31まで。利用期間は4/10まで)
よし、どこかに行こうと思い立ち、夫・ケッチーくんと共に家族会議を開きました。

そして決まった行き先は・・・函館!

ロマン溢れる街並みで人気の観光地です。
昨年の北海道新幹線開通の際には、当ブログでもこの地について取り上げました。

●参考過去記事:この春、注目されること間違いなし。北海道の「玄関」は異文化ワールド!(→2016年2/14の記事)

そう、同じ北海道でありながら、札幌-函館間は結構な距離があるのです。
道民感覚では「特急列車で片道約4時間」というのが一般的。
poohも10年前に、このパターンで1泊旅行を経験済みです。

でも、青春18きっぷでは特急の利用は不可・・・一体何時間かかるのでしょうか?
さっそく時刻表をめくり、計画を立ててみました。

「せっかくだから今回も1泊しよう」
「北海道新幹線の“新函館北斗駅”にも立ち寄りたいね」 などと夫婦で盛り上がりながら、途中にランチタイムも組み込んで、完成させたスケジュールは・・・
函館旅行往復JR2017
往路は11時間、復路は8時間という、やけに壮大なものに(汗)
なんということでしょう、1泊ではただのトンボ返りにしかなりません。
う~む、移動距離300kmの函館・・・改めてその距離を思い知りました。
2017函館地図02
※白地図はCraftMAPを利用。

よし、ここは思い切って、函館で2泊しよう!

「片道丸1日ずつかけて、鈍行列車で函館へ」なんて、周囲の友人たちに話したら、「斬新だねぇ」と呆れられるかもしれません(笑)
でも、鈍行列車に揺られて、のんびりと目的地を目指すのもオツなもの。
特急利用だと片道¥8,830かかる運賃が、青春18きっぷなら¥2,370で済むのも魅力です。

・・・そんな訳でpooh、10年ぶりの函館を先日大いに満喫してきました。
その間の出来事については、次回以降の記事でご紹介しますね♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

ほっともっとの利用時に、私が最もこだわること

(株)プレナスの株主優待券が、年間¥500☓5枚☓2名義=¥5,000分届くので、時々、持ち帰り弁当「ほっともっと」を利用しています。
2017032502.jpg
自炊が面倒な時のお助けマン的イメージが強い持ち帰り弁当。
「ほっともっとで今夜は済ませちゃおう」といった具合に、その時の思いつきで来店する利用者が多いように見受けられます。

しかし、pooh家はちょっと違います。

我が家には“思いつき”の機会が、まずないのです。
献立決めは、いつも2、3週間前から計画を立て、粛々と実行するのがpooh家流。
特売時に買いだめした食材のストック状況を確認し、「◯日はコレを食べよう」、「その翌日はコレ」と、カレンダーに記入するスケジュールには、“思いつき”の余地などありません。

そのため、「ほっともっとを食べよう」とpooh家が心積もりするのは、最低でも10日前(笑)
事前にキャンペーン開催を知った時や、「この辺りで揚げ物を食べよう」と思い立った時に、計画的に組み込みます。

<参考過去記事>
●プレナスの株主優待、割引企画を活用してお得度UP!(→2014年10/28の記事)
●ほっともっとのチキン南蛮弁当の「南蛮」って?(→2015年3/27の記事)


更に、その利用タイミングを計る際に必ず念頭に置くのは・・・
プラスチックゴミの回収日です。

持ち帰り弁当は手軽だけれど、食後の容器がゴミになるのがネック。
結構かさばる物なので、何日間もゴミ箱に入れておくのはビミョーに気になります。
普段は細かいことを気にしない大雑把なpoohも、この点にはこだわります。

そんな訳で、我が家の「ほっともっとの日」は、いつもプラスチックゴミの回収日前日。
カレンダーの献立スケジュールには、たいてい1、2日のズレが生じるけれど、この日だけはキッチリカッチリ死守しています。

今回はコレを食べました。
(左)和風幕の内弁当 (右)20品目の彩り弁当 各¥500
2017032501.jpg
食べた後の容器は、軽く水洗いしてゴミ袋へ。
そして翌朝には、回収に出してしまいます。

現在手元に残っている株主優待券の有効期限は5月末日。
「あと2枚・・・これはいつ使おうかな?」と、相変わらずゴミの日を視野に入れながら、次回の利用日選定に勤しんでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

マイナー家電・精米器で実験してみました

玄米食のスタートをきっかけに、先月精米器を購入しました。
●参考過去記事
我が家の“三種の神器”はホームベーカリー、ヨーグルトメーカー、そして・・・(→2/1の記事)

2017020101.jpg
以来、我が家の米飯は、一気にバリエーションが拡大しました。
「今夜は焼き魚だから玄米ご飯」、「丼メニューには白米の方が合うはず」などと、日々おかずとの相性を考えながら、お米をセレクトしています。
家電としてはマイナーだけど、精米器は我が家向きのアイテムと言っても良いでしょう。

そんな中、気になっていたのが
精米器の“分つき米”モード

<“分(ぶ)つき米”とは?>
白米よりも精白度が低い米。
玄米表面のぬか層が残っているので、ビタミン・ミネラル・食物繊維といった栄養価が高い。
炊飯方法は白米と同様でOK。


表皮を3割削ったものが“3分つき”です。(ちなみに10分つき=白米)
poohの精米器の分つき米モードは、3分・5分・7分の3種類。
「数値が変わると、味はどのくらい違うのだろう?」という疑問が湧いてきます。

そんな訳で、食事のたびに各モードで精米器を稼働してみました。
精米比較表201703
↑玄米を2カップずつ精米し、それぞれ重量を計って廃棄率も計算。
当然のことながら、精白度が高まるごとに廃棄率も上昇しています。

5分つきしたものを玄米・白米と並べると、その色合いの違いがハッキリとわかりますね。
2017031570.jpg

もちろん炊き上がったご飯もそれぞれ異なります。
◆3分つき・・・やや茶色味がかかり、玄米ご飯風の香りもある。
2017031573.jpg

◆5分つき・・・3分つきと比べると色も香りも控えめ。
2017031572.jpg

◆7分つき・・・かなり白米に近い感じ。
2017031571.jpg

まぁ、敏感な味覚を持たないpooh家には、どれも「美味しい♡」で終わってしまうのも事実(笑)
結局のところは、非精米の玄米も含め、その時々の気分でモード選択することになりそうです。

「今日は5分つき米に押麦も混ぜて炊いてみよう」
「おにぎりにするなら、精米度を高めた方が美味しいのでは?」
毎日、あれこれ試行錯誤するのも楽しいものです
今や精米器はpoohにとって実験器具、いや、オモチャみたいな存在となっています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

“脚のびたくん”を導入しました。これで昼寝もバッチリ!?

夫・ケッチーくんの日課の1つ・・・それは昼寝です。
●参考過去記事:睡眠はアーリーリタイア人間の至福のひととき(→2014年6/4の記事)

PCデスクに座ったままだったり、畳の上だったりと、そのスタイルはさまざま。
今の季節は、リビングルームのコタツが定位置です。
2017021502.jpg
コタツ布団から顔だけ出して、スヤスヤ眠る彼は気持ち良さげ・・・と思いきや、実はケッチーくん、以前からある問題点を訴えていました。
「寝返りのたびに、コタツ天板が腰骨に当たっちゃうんだ」 

まぁ、動けないほどではないし・・・と我慢していた彼も、遂に改善を決意したよう。
ホームセンターに出かけ、こんな物を購入してきました。
2017031340.jpg
その名も “脚のびたくん” ¥950
コタツやテーブルの底上げグッズです。

使い方は簡単です。
2017031342.jpg
小さなプランター状の継ぎ脚の中に、コタツの脚を入れるだけ。
底上げ値は5センチ、または7センチと、2種類から選べます。

pooh家は5センチアップを試みました。
2017031344.jpg

ちょっとブカブカした様子は、長靴を履いた子供の脚みたい(笑)
2017031345.jpg

たった5センチアップでも、その効果は抜群です。
パッケージと同様、ケッチーくんも天板に当たることなく楽々と寝返りが打てるようになりました。
2017031343.jpg
更に快適な昼寝空間を得て、彼も大満足♪
でも、真の安眠妨害物は未だ幅を効かせています。

それは、コタツ内のスペース占拠を目論むpoohです。
「キミの脚、ジャマ」、「そっちこそアッチ行け」という天板下の仁義なき戦い(=蹴り合い)は、まだまだ終わりそうにありません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事