poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

夫婦2人でのアーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

国分太一くんも大絶賛!・・・と言っても3ヶ月以上も前の話ですが(笑)

ここ3ヶ月もの間、「雪がとけて、チャリを解禁したら行くのだ」と心に決めていた場所があります。
それは「カルディ」。
そう、あの輸入食材・製菓材・酒類を取り扱うお店です。

きっかけは、お正月の1/2に放送された「男子ごはん」(テレビ東京)です。
「新春SP 佐々木蔵之介&上野樹里&岡村隆史が絶品料理を作る!」という特集の中で、国分太一くんがあるカルディ製品を絶賛していました。

でも、近所には店舗がないため、その時は我慢するしかなかったのです。
このたび遂に念願のカルディ行きを決めた当日は、朝から鼻息荒く、興奮MAX状態でした。

それほどまでにpoohが恋い焦がれていた商品とは・・・
2017042201.jpg
「パクチーポテトチップス」 \192ナリ!

もともとパクチーは大好きなのです。
昨夏には家庭菜園の二期作も果たし、毎日盛大に食べていました。
●参考過去記事:パクチー中毒者が知恵を絞りました(→8/18の記事)

国分くんによると、このポテチは「パクチー好きの商品開発者が2年もかけて開発した」そう。
番組ゲストたちも「美味しい!」と太鼓判を押していた・・・となると、“パクチスト”poohだって試してみずにはいられません。

さっそくおやつに食べてみました。
2017042202.jpg
パッケージを開封した瞬間から強烈なパクチーの香りが・・・と思いきや、意外や意外、そんな雰囲気は一切ありません。
・・・う~む、国分くんたちのあの好評価は単なる提灯モードだったのかも。
まぁ、それがテレビの世界なのだと、勝手にオトナの事情を思い描いてみました。

しかし、いざ口にしてビックリ!
最初は塩味なのに、2,3回噛むとパクチーの香りが思いっきり弾けてくるのです。
パクチーチップス、激ウマ(感動)

すっかり味を占めたpooh、次回の冬を迎えるまでに再びカルディに出かけるつもり。
いや、家庭菜園にパクチーが生えるのを待って、自作してみるのもアリでしょう。

「パクチーの葉っぱを乾燥させて、スライスしたジャガイモにまぶしてみたらどうだろう?」
「ジャガイモは薄くなくても美味しいんじゃないかな?」
夫・ケッチーくんと共に、早くも作戦会議を開いています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

今年の家庭菜園のテーマは「スタートダッシュ」。そのために私が考案した新ワザ 

家庭菜園に取り組むようになって、8回目の春を迎えました。
毎年何某かの工夫を凝らし、自分たちなりの効率性を追求しています。

例えば、以前は市販品を購入していた野菜苗を、一昨年からは自作するようになりました。
種の方が割安だからです。

<参考過去記事>
●今年の家庭菜園は苗も手作り!(→2015年5/6の記事)
●床の間は「苗工房」(→2016年5/26の記事)


でも、この「苗の自家栽培」には問題もあります。
温室育ちの市販苗と比べると、成長が遅いのです。

一昨年・去年は5月に種を蒔き、室内で育て、6月に畑に植え替えましたが、その頃には既に、ご近所のトマトやナスは花真っ盛り・・・
我が家だけ、明らかにチビスケな苗が並んでいましたっけ(苦笑)
7月に入る頃には巻き返したとはいえ、もう少しスピードアップしたいところです。

よし、今年は種蒔きのタイミングを早めよう!

しかし、単純に時期を前倒しすれば良いというものではありません。
4月のpooh家の室温は15℃前後、種の発芽には少々低いというのが現実です。

そこで登場したのがコレ。
バーム 025
そう、我が家が日々愛用するヨーグルトメーカー“ヨーグルティア”。
先日の発芽玄米作り(→4/16の記事)がヒントとなり、野菜の種にも使ってみることにしました。

まずは、水を含ませたキッチンペーパーで種を包み、容器の中へ。
2017042650.jpg
あとは本体を28℃に設定するだけです。
「土の中」をイメージして、本体には新聞紙をかぶせるという小ワザも遂行してみました。

そして2日後・・・
2017042652.jpg
おぉっ、キュウリが発芽している!

28℃のヌクヌク環境で目ざめたのでしょう。
潰さないように気をつけながら土入りポットに移し、芽が顔を出すのを待ちます。
2017042661.jpg
↑ポットに移して7日後の姿。
ここまで成長させるのに、去年は2週間以上要しました。
ヨーグルティアを“ミニ温室”に見立てた今回の取り組みは、ひとまず成功です。

ちなみに、ナスやトマトといった小粒の種の発芽には、もう少し日数がかかります。
特にナスは、日中と夜の寒暖差があった方が発芽しやすいそう。
そのため夫・ケッチーくんは、夜になるとヨーグルティアからナスの種だけ取り出し、翌朝には再び元に戻す・・・というチマチマ作業を繰り返していました。
もはや「苗職人」状態です(笑)

さて、今年もいよいよスタートしたpooh家の菜園。
美味しい野菜を夢見て、チビ苗たちの世話にせっせと励んでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

ひょんなことから発見した「焼きそばのコストダウン術」

外食で気に入ったメニューに出会うと、いつも自力再現を試みるようにしています。
でも、たいていは似ても似つかぬ物に・・・舌コピーって難しい(苦笑)

<参考過去記事>
●株主優待で食べた松屋の味、自宅で再現できるのか?(→2014年7/16の記事)
●皮はもちろん、ラー油まで手作りの邪道餃子。果たしてその味は?(→2015年10/20の記事)


↓この品も、poohの無謀なチャレンジ精神をコチョコチョとくすぐってきました。
チャーメン2
「チャーメン」¥750です。
先日の函館旅行の途中で立ち寄った、東室蘭の「北京亭」(→食べログの記事)の看板メニュー。
その味に魅了されたpooh、またしても自力再現に取り組みました。

用意したのはスーパーで市販されている、生ラーメン。
2017042040.jpg

これをグラグラ煮立ったお湯で2分半茹で、冷水で締めます。
2017042041.jpg
焼きそば用の蒸し麺ではなく、あえてラーメンにしたのは、北京亭のお母さんが茹でていた麺も、この類に見えたから。(チャーメン専用麺の可能性も高し)
店内で、じっと観察して習得した(つもりの)プロのワザを思い出しながらの作業です。

その後、中華鍋で具材を炒め、麺を加えた後に塩コショウで味付け。
水溶き片栗粉&中華スープで仕上げて完成!
2017042042.jpg
あれ? 明らかに北京亭とは別モノ(照)

そりゃあ、そうです。
北京亭のチャーメンが白菜、ニラ、豚肉、ホタテ、小エビ入りなのに対し、pooh製はニンジン、ウィンナーがメイン。
両者に共通する具はモヤシ、キクラゲくらい・・・こんなお粗末ぶりで、「コピー」だなんておこがましいにも程があるでしょう。

・・・でも、北京亭式に酢、ソース、一味唐辛子を振りかけて食してみたところ、このインチキチャーメンもなかなかの味わいだったのです。
しかも、焼きそば麺なら¥100(3食入り)はするところを、¥65の生ラーメンによって大幅にコストダウンできました。

「今後はソース焼きそばも、生ラーメンを茹でて使おう!」
旅先で得た偶然の産物によって、「生ラーメン焼きそば」が我が家の定番となる予感。
当初の目標だった「ローカル料理の再現」は達成できなかったけれど、新しい節約ワザをマスターして大満足のpoohなのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

度重なるピンチもなんのその。ガラケーに延命措置を施しました

携帯電話を持つようになって17年、その間にpoohが使用した機種は3台です。
これは現代人としては、かなり少ない方でしょう。
もちろん未だガラケーで、現在は2008年に購入した物を愛用中です。

しかし、このガラケー、最近はバッテリーの劣化が顕著になってきました。
充電にやたら時間がかかる上、その持ちも非常に悪いのです。
ふと気づけば完全にダウンしていることも度々・・・

5年ほど前に同様の事態に陥った時は、ドコモショップで新品バッテリーと交換してもらえたけれど、おそらくもうムリだと思われます。
そういえば「ガラケー仲間」だった友人も、バッテリーを理由に先日スマホに乗り換えましたっけ。

でも、poohは抗います。
本体がイカれたならまだしも、これくらいなら対処可能なのが、ガラケーの長所でもありましょう。
さっそく中古のバッテリーをネット経由で購入しました。
2017041801IMGP8795.jpg
「ほぼ新品」の品に、「B品」とされる物も加えて合計¥1,663(送料込み)。
1個で十分と思いつつも、B品の方は格安だったのでオマケとして買っちゃいました。

やれやれ、これで一安心・・・これでもうしばらくは使えそうです。
しかし、まさかこの買物の直後に、新たなダメージが勃発するとは・・・(愕然)

今度は充電器の接触不良、どうやらコード内部が断線したようです。
これはもう、「いい加減に買い換えろ」という神のお告げなのでしょうか?

いえいえ、poohは更に抗います。
今度は100円ショップに出かけ、これを買ってきました。
2017041802.jpg
「充電変換プラグ」¥108です。
スマホ(マイクロUSB)の充電器を、ガラケー用に変換するための部品です。
poohの場合はスマホではなく、タブレットの充電器ですが、ちゃ~んと接続できました(喜)
2017041820.jpg
今回の延命措置にかかった費用は¥1,663+¥108=¥1,771。
おそらく、これが老いぼれガラケーへの最後の投資になると思われます。
次に何か起こった時は即買い替えるつもりだけれど、pooh&現ガラケーのおつきあいは、今後しばらくは安泰・・・のはずです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

ご飯が雑巾のニオイに?・・・少々怯えつつも挑戦してみました

玄米ご飯を食べるようになって以来、スーパーに行くたびにその品定めをしています。
そんな中、「発芽玄米」なる製品にも興味を持つようになりました。

<発芽玄米とは>
玄米を発芽させたもの。
血圧上昇を抑制するγ-アミノ酪酸(通称:ギャバ)が多く含まれている。


なかなか魅力的な品だけど、¥700/kgと発芽玄米は結構高価。
我が家のお米の購入目安は¥300台/kgですから、到底手が出るものではありません。

それなら自作してみよう!

調べたところ、発芽玄米の自作例はさまざまありました。
基本的な製法は、「約1~2日間、玄米をぬるま湯に浸す」  というところです。
玄米は植物の種ですから、水分を与え、適温(35℃くらい)を保っていれば良いのでしょう。
キモとなる水温キープには、ヨーグルトメーカーがぴったりだそうです。

まぁ! ヨーグルトメーカーなら、poohもタニカ製の「ヨーグルティア」を持っています。
よし、これで試してみようと思いきや、ここで衝撃の事実が発覚しました。

自家製発芽玄米は、雑巾くさくなりがち・・・らしい。

確かに30℃前後のぬるま湯は、雑菌が繁殖する絶好の環境。
「せっかく発芽させたのに、雑巾臭で食べられなかった」という失敗談もありました。
う~む、さすがのpoohもビビります。

いろいろ検討した結果、水に漬ける時間を短めにすることにしました。
雑菌が増える前に食してしまおうという魂胆です。

さっそく実行に移しました。
2017041601.jpg
ぬるま湯に玄米を浸します。
ヨーグルティアの容器には、密封用の内蓋も付いていますが、今回は使用しません。
取っ手蓋のみをセッティングし、空気の通りを良くしました。

本体にかぶせる外蓋も、ちょっぴり斜めにズラします。
2017041602.jpg
35℃で8時間保温した後は、ザルに上げて水洗い。
時間が短いせいか、心配されたニオイはありません(ホッ)
冷水に漬ける普段の玄米と比べると、粒がパンパンに膨らんで、水分がより多く含まれているように見受けられます。

しかし・・・肝心の「芽」は確認できず。

ネット上で紹介される発芽玄米の先端には、チョロっとした「芽」があります。
※画像はWikipedia(→こちら)から拝借しました。
220px-Hatsuga_genmai.jpg
でも、poohお手製の発芽玄米(を目指したもの)には、ここまでの突起物は見られません。
まぁ、玄米の品質によっては発芽しないものも多いというし、そもそも外殻から芽が顔を出すには8時間では短すぎるのも了承済み。
でも、粒の中で発芽現象が起きている可能性はあるような気がします。

もちろん、これはpoohの憶測に過ぎません。
でも、パッケージ越しに観察した市販の発芽玄米にも、芽らしきものは確認できなかったし、まぁ、こんなものだと都合良く解釈することにしました。(開き直り)

その後、圧力鍋で炊いてみました。
パンパンに吸水しているので、加熱時間も10分間と通常の玄米よりも短めです。
でも、その食感は確実にいつもと違いました。
甘味が増し、歯応えも心地よく、美味しさも抜群です!

命名:「pooh印のプレ発芽玄米」

結論的には、これを「発芽玄米」と称して良いのかは怪しいところです。
γ-アミノ酪酸なる物質が増えたかどうかも定かではありません。
でも、玄米の調理法として「ヨーグルティア」の使用は絶対オススメ!
大いに気に入ったので、今後しばらくは、このプレ発芽玄米でのご飯が続きそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事